北アルプス 薬師岳

2019.08.18(日) 2 DAYS Toyama, Gifu
kyou
kyou

活動データ

タイム

11:46

距離

23.5km

上り

2,070m

下り

2,070m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

日本百名山 96座目となる「薬師岳」を歩く。 途中からアマチュア無線主体のレポになります。 興味のない方は読み飛ばして下さい。 最初は、テント2泊で雲ノ平と合わせて歩く予定だったが… 天気予報が思わしくないことと、後の所用を考えて日帰りで挑戦することとした。 登山口まで片道360km以上… たった一つのピークしか踏まないというのはもったいない気がしたが… 前日、有峰林道経由で折立登山口へ。 いやあ、駐車場は結構混んでます。 広場では、大勢の若者たちがテント張って楽しそうです。 車を止めた近くに、地元高崎や藤岡の方がいたので挨拶。 明日同じコースを歩くようです。 明るいうちに登山口を確認しておきました。 長丁場なので朝4時にスタート 三角点あたりで夜明け。 途中、トレランの人に追い抜かれる。 カラフルなポールがあった。あれは何だろう? この先緩やかな登りが続く。 太郎平小屋がはるか遠くに見えます。 無線機から聞きなれたコールサインが聞こえた。 山と無線コミュなどでお付き合いのあるumisuki23さんがD-Starで呼んでくれました。 早速応答するが、緩い登りとはいえ、交信しながらの歩きは息切れします。 ゼーゼーと荒い息づかいがしっかり聞かれてしまったようです。 144.66MhzでAPRS発信しながら歩いてます。 妻には、みまもり機能で見守ってもらってます。 単独行の多い私ですが、皆さんに見守っててもらってると思うと単独でも心強い。 太郎平小屋到着。 一気に展望が広がります。 いやあ、素晴らしい! キャンプ場までいったん下り、ゴロゴロした岩の歩きにくい登山道を頑張る。 薬師平に到着です。 槍ヶ岳がど~んと見えました。 標高を上げていくと、穂高岳や木曽駒、笠ケ岳、御嶽山、その他名だたる名峰がずらり いやあ、最高の景色! 薬師岳山荘を過ぎ、避難小屋を目指す。 ガレ場の登りは歩きにくい。 疲れた振り返って雄大な景色を望みます。 えっこれが避難小屋? そこから山頂まではすぐです。 この山頂からの景色も素晴らしく、剱岳や立山方面もばっちりです。 その手前にあるピーク、北薬師岳やカールの景色も素晴らしい。 予定より早く着いたので、ちょっと北薬師岳迄行ってきます。 気持ちよさそうに見えた稜線歩きも実際には結構なアップダウンで手ごわい。 狭い稜線、険しい岩場…今回の薬師岳登山で一番楽しい所でした。 北薬師岳到着。 こちらから眺める薬師岳の姿、いやあ凛々しいですねえ。 尾根はもう少し先まで続いてる。 あそこまで行けばもう少し剣方面が見えるだろうと先に進む。 ど~んと素晴らしい展望が待ち受けていた。 さて、戻りましょう。 帰路もアップダウンを頑張ります。 数組の登山者とすれ違う。 皆、重たそうなザックを背負っている。 スゴ乗越経由で室堂方面への縦走だそうです。 いいなあ… 途中、山と無線コミュのceriseさんやアイラさんがD-Starで呼んでくれた。 早速応答するが、繋がりません。 電波が不安定なのかなあ… 何度か呼び返してみるが駄目でした。 最後の登りを頑張ると薬師岳。 昨日駐車場でお話しした高崎のご夫婦が山頂にいたのでご挨拶。 お昼を食べてのんびりしようと思ったところ、タイミングよくumisuki23さんから呼ばれた。 いやあ、本日二回目のD-Star交信です。ありがとうございます。 山頂での素晴らしい景色を共有できた感じで嬉しかったです。 その後山頂の端っこでCQCQ。 FT1XDで短縮ロッドAnt、5w送信です。 SOTA対称の山なんで最低4局は交信したい。 しかし、長野の土鍋山移動の局長さんと交信できた後、全く応答なし… リグのバッテリー残量表示を見るとレベルが最低になってます。 やば、バッテリー切れ?でも受信時はほぼ満充電レベル。 いやあ、駄目かなあ… 別のリグIC-31に代え再度CQCQ… おっ、応答がありました。いやあ、良かった! やはりバッテリーが少なかったのかなあ… 目標の4局ゲットできました。 これでQRTしようと思ったら… 4局目に交信した局からVVH局が呼んでるよ~と教えてくれた。 いつも声をかけてくれるTADAさんです。これはなんとしても交信しなくちゃね。 しかし呼んでくれてるような感じはしますが聞こえません。 立ったり座ったり、場所を変えたりしたら… 聞こえました。コールサイン確認! 少し場所を移動するとさらに明瞭に聞こえました。 51/51のレポートを交わし交信終了。いやあ、良かった(^^♪ その後数局から呼ばれ本日の運用終了。 標高は高いが、周りは高い山々に囲まれており、電波の飛びは今一なのかもね。 1時間以上ものんびりしてしまった。 空を見ると分厚い雲、真っ黒い雲が空を覆ってきました。 やばい! 天気が崩れそうな雰囲気です。雷きたら怖いなあ… 急いで下山します。 下りは早いです。 でも膝に来るといけないので慎重に下ります。 薬師平から先の岩ゴロゴロは特に慎重に下る。 沢の冷たい水で顔を洗う。いやあ、最高に気持ちよい。 テント場に到着。 いやあ、凄い人です。若者が多い。 昨日登山口広場でテント張ってたグループのようです。 いったん上り返して気持ちよい草原を歩くと太郎平小屋です。 売店にビールが売ってます。 飲みたい! 横のベンチに座った男性が、ビール購入! うまそう… でも、下山後の長距離運転があります。ここはグッと我慢! 早く家に帰ってビール飲むぞ~と、ビュンビュンと下ります。 それにしても距離が長いねえ。 三角点を過ぎると丸太の階段や木の根っこで、下りにくい道が続きます。 疲れた脚に気合いを入れ下ります。 登山口が見えた。 やった~ゴール! 登山口に自販機があった。 見るとコーラ200円! ま、こんな場所だからしょうがないか… でも車に戻ればクーラーに冷えた水が残ってるはずです。 グッと我慢。 日本百名山96座目制覇! いや、まてよ。無事に帰宅できて初めて制覇と言える。 370km、途中休憩しながら帰路につきます。 途中のコンビ二でコーラゲット! 登山口と50円しか違わなかった(*_*; 途中から、車内に置いたノートパソコンから聞きなれた皆さんの声が聞こえます。 Wiresの私のルームで、「山と無線コミュ オンラインミーティング」が始まったようです。 高速運転中のため参加しなかったが、いろんな話題でミーティングが盛り上がってます。 狸ワッチしたおかげで、眠くもならず安全運転で無事帰りつきました。 無事帰宅し96座目、本当に制覇しました。 薬師岳、遠かったけど素晴らしい山でした。 さ、ビール、ビール! いやあ、うまい!

前日着、登山口確認 駐車場は結構な混み具合
暗い中、出発です
なんでこんなところにアラレちゃん?
あの山は ボチボチ夜が明けてきた
いやあ、今日は快晴みたい やったね
何のポール?
三角点はまだかあ
石畳
有峰湖
山の名前が分かりません
単独男性に追い抜かれた…
小屋が見えた だらだらとほぼ平坦な道は長い…
薬師岳方面から太陽が
振り返る
一見歩きやすそうに見えるが…
小屋が近くなった
チングルマはもう終わってた
太郎平小屋到着!
ちょっと一休み
朝早くから大勢の人です
黒部五郎岳方面
薬師岳を目指す
いやあ、素晴らしい展望 あの山は?
AR山、登場 おおよその山が分かるが、画面撮影できないのが難点
テント場 ほんとはテント2泊の予定だったが…
明日から天気悪そう…それと所用で日帰りに変更
ごろごろ岩の道を登る。 歩きにくい…
中々しんどい登り
振り返る 太郎平小屋が小さく見えた
薬師平 槍ヶ岳だあ!
黒部五郎岳
いやあ、いい景色!
あれが薬師岳山頂? 違いました…
緩やかに登る
花もいっぱい
どんどん登る
まだまだ…
山荘迄15分
槍ヶ岳~
薬師岳山荘 頂上はあの先かな?
振り返って薬師岳山荘
疲れたら振り返る
黒部五郎の後方に 笠ケ岳、木曽駒、御嶽山
ガレ場の登り ズルズル滑って登りにくい
山頂が見えた
これが避難小屋?
絶景
さあ、山頂へ
もう少しだ
到着 日本百名山 96座目ゲット!
一休み
時間が早いので、北薬師岳まで行ってきます
コースタイムで片道40分かな?
見た目以上にアップダウンが多い
アップダウンでアップアップ
でも楽しい登山道です
カール 美しい!
さあ、頑張って登りましょう
岩場です
険しい山肌
北薬師岳山頂
もう少し先まで行ってみよう
剱岳・立山が迫ってくる
絶景!
剱岳・立山方面
北薬師岳から望む薬師岳
さあ、戻りましょう スゴ乗越方面へ向かう登山者数人とすれ違う
この景色最高! 薬師に来たらぜひこっちも立ち寄ってほしいなあ
アップアップ…
このお二人もスゴ乗越方面へ縦走です
カール! 何度も言いますが、美しい!
中々いい感じ
いやあ、美しい
薬師岳に戻ってきた
アマチュア無線をしましょう ★この写真は、同じ頃山頂にいた「えち」さんのレポにあったため、連絡し使用させて頂きました。ありがとうございました
では下ります あれっ、いやな雲が出現
真っ黒い雲も出てきた
早い雲の動き 急いで下ろう
薬師平山荘
どんどん下ります
キャンプ場は若者グループで大混雑 この後も仲間がどんどんやってくるそうだ
天上の楽園 テント泊だったら雲ノ平まで行く予定だったが…
太郎平小屋到着
ビールが飲みたい! でも、帰りの運転が…
続々のぼってきます
木の根っこなどで下りにくい
到着 コーラ200円… 高いのでパス(*_*;

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。