台風一過の仙丈ヶ岳

2019.08.17(土) 日帰り
yudoburi
yudoburi

 16日の登山の予定を17日に繰り下げ。北沢峠までのバスは激混みが予想されたので、午前2時過ぎにバス乗り場に到着。乗車確保のため、ベンチにザックを置いてとりあえず仮眠。バスは5時30分ですが、混んでいるので5時過ぎから運行を始めました。おかげで5時50分には北沢峠到着。1時間早く行動開始ができました。  仙丈ケ岳からの下山時に、多くの方が登ってきました。個人的には藪沢経由で登ったほうが楽なような気がします。  バスは12時過ぎに臨時便が出ました。待合室でバスを待つ方がバス1台分以上になると臨時便を出すようです。

乗車確保はザックを並べておくようです。

乗車確保はザックを並べておくようです。

乗車確保はザックを並べておくようです。

北沢峠
閑散としています。

北沢峠 閑散としています。

北沢峠 閑散としています。

二合目
道標は綺麗です。

二合目 道標は綺麗です。

二合目 道標は綺麗です。

ベニテングダケ
帰りには破壊されていました。
実は、私の住む地域ではこのキノコを食べるのですよ。

ベニテングダケ 帰りには破壊されていました。 実は、私の住む地域ではこのキノコを食べるのですよ。

ベニテングダケ 帰りには破壊されていました。 実は、私の住む地域ではこのキノコを食べるのですよ。

大滝頭
我々は藪沢方面に向かいます。
直登はきついわ。

大滝頭 我々は藪沢方面に向かいます。 直登はきついわ。

大滝頭 我々は藪沢方面に向かいます。 直登はきついわ。

藪沢小屋への道はほぼ等高線に沿った道です。

藪沢小屋への道はほぼ等高線に沿った道です。

藪沢小屋への道はほぼ等高線に沿った道です。

トリカブト
わたしゃ嫌いなんだこの花。

トリカブト わたしゃ嫌いなんだこの花。

トリカブト わたしゃ嫌いなんだこの花。

藪沢小屋
湿った場所にあります。

藪沢小屋 湿った場所にあります。

藪沢小屋 湿った場所にあります。

重幸新道分岐
晴れてきました。

重幸新道分岐 晴れてきました。

重幸新道分岐 晴れてきました。

馬の背ヒュッテ
既に客の姿は無し。
本日最初のアルコール燃料注入。

馬の背ヒュッテ 既に客の姿は無し。 本日最初のアルコール燃料注入。

馬の背ヒュッテ 既に客の姿は無し。 本日最初のアルコール燃料注入。

丹渓新道分岐

丹渓新道分岐

丹渓新道分岐

仙丈小屋が見えてきた。山頂は雲の中。

仙丈小屋が見えてきた。山頂は雲の中。

仙丈小屋が見えてきた。山頂は雲の中。

仙丈小屋への道
アルコール燃料注入したらねーさん牛歩になっちゃった。

仙丈小屋への道 アルコール燃料注入したらねーさん牛歩になっちゃった。

仙丈小屋への道 アルコール燃料注入したらねーさん牛歩になっちゃった。

雷鳥発見 5羽いたそうです。

雷鳥発見 5羽いたそうです。

雷鳥発見 5羽いたそうです。

仙丈小屋

仙丈小屋

仙丈小屋

イワギキョウかチシマギキョウかわからん。
花に産毛がないのでイワギキョウか

イワギキョウかチシマギキョウかわからん。 花に産毛がないのでイワギキョウか

イワギキョウかチシマギキョウかわからん。 花に産毛がないのでイワギキョウか

チングルマ
初級者向け

チングルマ 初級者向け

チングルマ 初級者向け

知らんぞ
多分、タカネヒゴダイ だと思う。

知らんぞ 多分、タカネヒゴダイ だと思う。

知らんぞ 多分、タカネヒゴダイ だと思う。

アップすると気持ち悪いな。

アップすると気持ち悪いな。

アップすると気持ち悪いな。

仙丈ケ岳山頂

仙丈ケ岳山頂

仙丈ケ岳山頂

小仙丈ケ岳への稜線が美しい。

小仙丈ケ岳への稜線が美しい。

小仙丈ケ岳への稜線が美しい。

北岳と間ノ岳

北岳と間ノ岳

北岳と間ノ岳

稜線歩きは楽しい。

稜線歩きは楽しい。

稜線歩きは楽しい。

仙丈小屋方面

仙丈小屋方面

仙丈小屋方面

仙丈ケ岳

仙丈ケ岳

仙丈ケ岳

カールっていうやつですな。

カールっていうやつですな。

カールっていうやつですな。

オベリスクが見えた。

オベリスクが見えた。

オベリスクが見えた。

仙丈小屋への分岐

仙丈小屋への分岐

仙丈小屋への分岐

登山者がガンガン登ってきます。

登山者がガンガン登ってきます。

登山者がガンガン登ってきます。

甲斐駒ヶ岳とグリコの兄さん

甲斐駒ヶ岳とグリコの兄さん

甲斐駒ヶ岳とグリコの兄さん

この尾根道厳しいわ。
下りでよかった。

この尾根道厳しいわ。 下りでよかった。

この尾根道厳しいわ。 下りでよかった。

トウヤクリンドウ

トウヤクリンドウ

トウヤクリンドウ

マルバタケブキの群落

マルバタケブキの群落

マルバタケブキの群落

ベニテングダケの残骸
あれほど綺麗だったのに破壊したのは誰だ!

ベニテングダケの残骸 あれほど綺麗だったのに破壊したのは誰だ!

ベニテングダケの残骸 あれほど綺麗だったのに破壊したのは誰だ!

もしかしたらバスは11時かもしれないとぶっ飛ばします。

もしかしたらバスは11時かもしれないとぶっ飛ばします。

もしかしたらバスは11時かもしれないとぶっ飛ばします。

下山したら10時の後は13時10分でした。努力が実らず。

下山したら10時の後は13時10分でした。努力が実らず。

下山したら10時の後は13時10分でした。努力が実らず。

乗車確保はザックを並べておくようです。

北沢峠 閑散としています。

二合目 道標は綺麗です。

ベニテングダケ 帰りには破壊されていました。 実は、私の住む地域ではこのキノコを食べるのですよ。

大滝頭 我々は藪沢方面に向かいます。 直登はきついわ。

藪沢小屋への道はほぼ等高線に沿った道です。

トリカブト わたしゃ嫌いなんだこの花。

藪沢小屋 湿った場所にあります。

重幸新道分岐 晴れてきました。

馬の背ヒュッテ 既に客の姿は無し。 本日最初のアルコール燃料注入。

丹渓新道分岐

仙丈小屋が見えてきた。山頂は雲の中。

仙丈小屋への道 アルコール燃料注入したらねーさん牛歩になっちゃった。

雷鳥発見 5羽いたそうです。

仙丈小屋

イワギキョウかチシマギキョウかわからん。 花に産毛がないのでイワギキョウか

チングルマ 初級者向け

知らんぞ 多分、タカネヒゴダイ だと思う。

アップすると気持ち悪いな。

仙丈ケ岳山頂

小仙丈ケ岳への稜線が美しい。

北岳と間ノ岳

稜線歩きは楽しい。

仙丈小屋方面

仙丈ケ岳

カールっていうやつですな。

オベリスクが見えた。

仙丈小屋への分岐

登山者がガンガン登ってきます。

甲斐駒ヶ岳とグリコの兄さん

この尾根道厳しいわ。 下りでよかった。

トウヤクリンドウ

マルバタケブキの群落

ベニテングダケの残骸 あれほど綺麗だったのに破壊したのは誰だ!

もしかしたらバスは11時かもしれないとぶっ飛ばします。

下山したら10時の後は13時10分でした。努力が実らず。