念願の雲の平と水晶、鷲羽、黒部五郎も行って来ました

2019.08.10(土) 5 DAYS
こむやん
こむやん

簡単な活動記録に致します。 数年前からの計画でようやく実現出来ました。 最初は折立から入る予定でしたが、次の計画の為、新穂高からの計画に変更しました。 20kgのザックで1.5リットルの水分で水は水場で補給。 1日目は新穂高から三俣のテント場まで1300mから2600mまで登りました。結構キツかったです。 2日目は鷲羽岳に登って岩苔北分岐でデポして水晶岳に登頂。 岩苔北分岐からザックを背負い直し雲の平でテント泊。 3日目は行きたかった雲の平を見ながらまた岩苔北分岐まで行ってお話畑を満喫してここも行きたかった高天ヶ原温泉で1時間位ゆっくり入って来ました。もう一晩雲の平でテント泊。 4日目はここも行きたかった黒部五郎岳ですが、工程時間14時間なので早朝1:20に出発しました。 とても感動しました。 双六でテント泊でしたが、この計画もしんどかったです。 5日目の最終日はひたすら五時間をピストンして台風が来る前に無事に下山しました。 とてもハードスケジュールでしたが感動、感動の良い山旅が出来ました。

1日目スタート

1日目スタート

1日目スタート

鏡池から槍

鏡池から槍

鏡池から槍

弓折分岐

弓折分岐

弓折分岐

花見平の花畑

花見平の花畑

花見平の花畑

双六岳

双六岳

双六岳

双六のテント場

双六のテント場

双六のテント場

今日は三俣まで

今日は三俣まで

今日は三俣まで

三俣蓮華岳

三俣蓮華岳

三俣蓮華岳

三俣キャンプ場

三俣キャンプ場

三俣キャンプ場

鷲羽岳

鷲羽岳

鷲羽岳

槍と影で分かりにくい湖

槍と影で分かりにくい湖

槍と影で分かりにくい湖

次が水晶岳です

次が水晶岳です

次が水晶岳です

その前にワリモ岳

その前にワリモ岳

その前にワリモ岳

ここで、アタックザックに変更

ここで、アタックザックに変更

ここで、アタックザックに変更

雷鳥が

雷鳥が

雷鳥が

子供の雷鳥

子供の雷鳥

子供の雷鳥

手を出したら触れる距離、逃げませんでした

手を出したら触れる距離、逃げませんでした

手を出したら触れる距離、逃げませんでした

水晶岳です一番右側

水晶岳です一番右側

水晶岳です一番右側

水晶岳から降りてる所

水晶岳から降りてる所

水晶岳から降りてる所

雲の平の全体

雲の平の全体

雲の平の全体

水晶岳

水晶岳

水晶岳

雲の平に入ってます

雲の平に入ってます

雲の平に入ってます

雲の平テント場

雲の平テント場

雲の平テント場

雲の平山荘のテラスで一息

雲の平山荘のテラスで一息

雲の平山荘のテラスで一息

高天ヶ原温泉で今日はゆっくりとします

高天ヶ原温泉で今日はゆっくりとします

高天ヶ原温泉で今日はゆっくりとします

ここから左側のルートが花畑に

ここから左側のルートが花畑に

ここから左側のルートが花畑に

水晶池は枯れてました

水晶池は枯れてました

水晶池は枯れてました

大きな水芭蕉

大きな水芭蕉

大きな水芭蕉

高天ヶ原湿原

高天ヶ原湿原

高天ヶ原湿原

こちらは壁有りました

こちらは壁有りました

こちらは壁有りました

私は露天風呂

私は露天風呂

私は露天風呂

薬師ヶ岳

薬師ヶ岳

薬師ヶ岳

今晩もお世話します。
明日はめっちゃ早起きです

今晩もお世話します。 明日はめっちゃ早起きです

今晩もお世話します。 明日はめっちゃ早起きです

1:20出発

1:20出発

1:20出発

黒部源流に氷壁が

黒部源流に氷壁が

黒部源流に氷壁が

渡渉

渡渉

渡渉

まだ暗いです

まだ暗いです

まだ暗いです

ようやく明るく

ようやく明るく

ようやく明るく

黒部五郎岳が見えました

黒部五郎岳が見えました

黒部五郎岳が見えました

小屋まで激下り

小屋まで激下り

小屋まで激下り

凄い

凄い

凄い

一番高い所がピーク

一番高い所がピーク

一番高い所がピーク

稜線に出ましたピーク目指します

稜線に出ましたピーク目指します

稜線に出ましたピーク目指します

登頂

登頂

登頂

手間が黒部五郎岳、奥に雲の平とその奥が水晶岳

手間が黒部五郎岳、奥に雲の平とその奥が水晶岳

手間が黒部五郎岳、奥に雲の平とその奥が水晶岳

破線ルートから黒部五郎岳

破線ルートから黒部五郎岳

破線ルートから黒部五郎岳

立派なカール

立派なカール

立派なカール

黒部五郎小舎に降りて来ました

黒部五郎小舎に降りて来ました

黒部五郎小舎に降りて来ました

三俣蓮華岳に登頂。
双六キャンプ場に向かいます

三俣蓮華岳に登頂。 双六キャンプ場に向かいます

三俣蓮華岳に登頂。 双六キャンプ場に向かいます

双六キャンプ場が見えました

双六キャンプ場が見えました

双六キャンプ場が見えました

双六キャンプ場でテント泊

双六キャンプ場でテント泊

双六キャンプ場でテント泊

そろそろ台風10号が近づい来てるので1日早く新穂高まで降ります

そろそろ台風10号が近づい来てるので1日早く新穂高まで降ります

そろそろ台風10号が近づい来てるので1日早く新穂高まで降ります

槍さんです

槍さんです

槍さんです

平坦な林道まで降りて来ました

平坦な林道まで降りて来ました

平坦な林道まで降りて来ました

綺麗な花

綺麗な花

綺麗な花

無事に下山出来ました

無事に下山出来ました

無事に下山出来ました

1日目スタート

鏡池から槍

弓折分岐

花見平の花畑

双六岳

双六のテント場

今日は三俣まで

三俣蓮華岳

三俣キャンプ場

鷲羽岳

槍と影で分かりにくい湖

次が水晶岳です

その前にワリモ岳

ここで、アタックザックに変更

雷鳥が

子供の雷鳥

手を出したら触れる距離、逃げませんでした

水晶岳です一番右側

水晶岳から降りてる所

雲の平の全体

水晶岳

雲の平に入ってます

雲の平テント場

雲の平山荘のテラスで一息

高天ヶ原温泉で今日はゆっくりとします

ここから左側のルートが花畑に

水晶池は枯れてました

大きな水芭蕉

高天ヶ原湿原

こちらは壁有りました

私は露天風呂

薬師ヶ岳

今晩もお世話します。 明日はめっちゃ早起きです

1:20出発

黒部源流に氷壁が

渡渉

まだ暗いです

ようやく明るく

黒部五郎岳が見えました

小屋まで激下り

凄い

一番高い所がピーク

稜線に出ましたピーク目指します

登頂

手間が黒部五郎岳、奥に雲の平とその奥が水晶岳

破線ルートから黒部五郎岳

立派なカール

黒部五郎小舎に降りて来ました

三俣蓮華岳に登頂。 双六キャンプ場に向かいます

双六キャンプ場が見えました

双六キャンプ場でテント泊

そろそろ台風10号が近づい来てるので1日早く新穂高まで降ります

槍さんです

平坦な林道まで降りて来ました

綺麗な花

無事に下山出来ました

類似するルートを通った活動日記