馬返しピストン、左周りで初登頂!!!。

2016.07.31(日) 2 DAYS Iwate, Akita
an(アン)
an(アン)

活動詳細

もっと見る

前回の鳥海山から一週間。今回はお気楽に栗駒山の予定でしたが、直前に登山指数Cに変わり、Aの岩手山に(笑)。 友人は本格的な登山3回目にして、岩手山はちょっと欲張り過ぎかな?と思ったけど、僕より若いし根性あるし大丈夫だろうと、挑戦することに。 目標どおり6時間で山頂到達し、すばらしい絶景を見て、沢山のトンボと遊んだ。 岩手山はさすがに高低差(馬返しで約1,426m)があり、友人が膝痛に悩まされたが何とか自力で下山。やった感は半端ないと思います。 歩き方の問題らしいので、少しずつ直して行けたらもっと楽しい登山になると思います。 【Smart Outdoor Watch WSD-F10の検証】 第4弾 特に第4弾というほどでもないけど、ちょっとだけ。 前回(7/17)以降にYAMAPアプリのバージョンをAndroid版バージョン2.10.0にアップデートしました。 このアップデートでは、「標高に誤差が発生する不具合を修正」と言うことで、前回記事にした「ジオイド高」補正が適用されたようです。 今回の山行きのトラックデータを見れば分かるのですが、出発時の登山口標高は地形図で610m。GPS高度604.994mで差は約5m。また最高到達点のGPS標高は2,031.202m(誤差約7m)。下山時607.995mで差は約2mでした。 スマホは、測量機器じゃない簡易GPS機器なので、この程度の誤差ならもう十分でしょう。 現在の高度から山頂まであと何メートルか?なんて計算はもう誰でも出来ますね。ありがとうございます。 出来れば・・・なんですが、やっぱり計算しなくても良いように「あと何メートル」と表示されれば嬉しいかも(笑)。 あと、標高・緯度経度の表示について、もうちょっと字が大きければ助かりますね。老眼の方は厳しいでしょう。。。と他人事の様に言っておきます(笑)。 6と8とか3とかわかんないんですよね。。。たぶん(笑)。 P.S 12時間使用してバッテリーの消費は以下のとおり(写真の最初と最後比較)。 スマホ97-52=45% watch99-71=28% 使用状況 スマホ 機内モードOFF、Bluetooh ON、wifi ON(間違ってONのままでした) 写真撮影にはスマホを使っていません。 電話使用なし。 LINEで5分程度のやりとり1回あり。 下山途中で大雨洪水警報が出たとのことで、気象情報・雨雲レーダー等のWEB閲覧5分程度あり。 watch 全行程で地図表示と標高表示50回位はあったかもしれません。 YAMAP以外のアプリは起動せず。 ●追記(2019.11.18)● YAMAP利用規約の「第11条 禁止行為」並びに「希少植物の写真投稿の制限」により、 「環境省が公表しているレッドリスト2019」および「地方自治体などにより絶滅危惧種・希少動植物とされているもの」は、写真掲載不可(テキストは可)が判明したので、希少種が写っているすべての写真を削除しました。 【絶滅危惧種「RDB情報不足(DD)を含む」に該当し削除した動植物】 (環境庁) (岩手県) イワギキョウ、イワブクロ、エゾシオガマ、コマクサ

いつものように前夜満充電しました。
馬返しからエントリーです。
4月に続きほぼ同じルート。
0.5合目なんだけど異常に長かった(笑)。
ホツツジ
ガスで下界は見えません。良いのか悪いのか?
花も豊富です。
ガスの上に出ました。
コメツツジ
6合目。
ミヤマハンショウヅルの実。
ミヤマハンショウヅルの花。
7合目あたり。
8合目小屋。
地図は正常表示。
残雪の時期とは別世界ですね。
9合目。
9合目の不動平避難小屋。
お鉢にでました。
岩手山山頂がやっと見えました。
反時計周りで山頂に向かいます。
山頂には沢山の人が居るのを確認出来ます。
トンボも沢山飛んでます。
振り返って登ってきた道。
岩手山山頂にて友人と。
風がそよそよ吹いて、日差しも弱い。最高に気持ちいい♪。
イマイチ遠くのお山は見えないけど仕方ないよね。
雲が鬼ヶ城から黒倉山の稜線から溢れ落ちてます。
車道で言うなら高速道路並。
不動平の緑が美しい。
もう一度滝雲。
不動平避難小屋、8合目避難小屋を一望。
8合目小屋売店にて、山バッヂ購入。500円。
夏の日差しが戻ってきて、ジリジリ暑くてたまりません。
8合目避難小屋。
休憩する登山客。
下山します。
7合目にて友人とバックに姫神山。
盛岡市街地。
中心に姫神山。ちいさっ!(笑)。
またのお越しを?しばらくはイヤです(笑)。
だいぶ林間は暗くなってしまいました(笑)。
良い天気でした◎。
お疲れのご様子(笑)。
到着です。
12時間越え。ヒェ~~~~~(笑)。
3万歩オーバー。
登山口でやりきった満面の笑顔です♪。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。