双六岳-2019-08-11 はじめてのアルプス小屋泊

2019.08.11(日) 3 DAYS Nagano, Gifu, Toyama
たけう
たけう

活動データ

タイム

14:12

距離

28.2km

上り

2,011m

下り

2,007m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

新穂高〜小池新道〜双六岳ピストン 双六小屋 泊 深夜1時ごろ新穂高に到着。事前情報どおり、深山荘前の駐車場は満車。で、鍋平へ行ったらここも満車。路肩に車があふれてました。なんとか確保できたのは遠い遠いヘリポートの奥…。お盆休みなめてました。 警察の巡回があって、ある程度は容認って感じでしたが、出入り口前とかの車には声をかけてどかしてました。 少し仮眠してから出発。はじめはテンションも高く、秩父沢までは順調。 でもここから鏡平までは、暑さとじわじわとたまった疲労で、足が重い。 フラフラになって鏡池につくと池越しの槍ヶ岳ドーンの景色に、テンションアップ!ラーメン食べて日陰で休憩して元気回復。 弓折乗越からの稜線はガスの中。景色は見えないけど、すずしくて気持ちいい!ガスに感謝したのは初めてかも。笑 双六山荘に到着後、受付、荷物整理をして、やることといったら生ビール! おいしすぎて、ほぼ一気飲み~。しみわたる~。 ふとんは2人でひとつ。これは覚悟の上なので仕方なし。それよりも人の熱気か、部屋が暑くて寝苦しかったのがつらかった。 翌朝、夜明け前に山頂へ。登頂後まもなく朝日が昇りはじめる。これ以上ないと思えるようなコンディションで、どこを向いても素晴らしい景色が広がって、ほんとうに来てよかったと感じる時間でした。 小屋にもどって朝食を食べ出発。下山は花を撮る余裕もあり快調…だったけど、最後の林道歩きと下山後の駐車場までの舗装路歩きがほんとうにしんどくてガマンの時間。ローラースケートもってこればよかったとか余計な考えばかり。それも終わってみれば、いい思い出となりそうかな。

新穂高登山者指導センターで登山届を提出。
佐俣林道へ。
カッと照りつける太陽。
わさび平小屋、到着。
おくのビールが誘ってきますが、ガマンガマン。
わさび平のブナの森。
残雪のアーチ。パッと見、なにかわからなかった。
ようやく小池新道のスタートです。
コースのほとんどは岩の道。
ほぼ無風で暑過ぎな登山道。
穂高連邦が見えました!
大ノマ岳。
このコース一番の清涼スポット・秩父沢。北アルプスの天然水は冷たくてめちゃくちゃ気持ちいい!
トンボも涼をもとめて?休みます。
チボ岩。黒々とした岩がびっしり。
イタドリヶ原。
ここで一休み…ですが、休んでいても体力奪われるぐらいの強い日差し。
さぁ鏡平まで、がんばろー!
熊の踊り場。
あと500m…が遠かった。
もうひと踏ん張り!
鏡池に着きました。ヘロヘロだったけど、この景色に笑顔
鏡平山荘で昼食。ラーメンと槍ヶ岳。
弓折峠に向かいます。ガスってる。
弓折岳分岐。
稜線の道。ガスってガックリかと思いきや、むしろ涼しくて気持ちよかった!
双六岳山頂部がやっと見えた。
ほんのちょっとだけ残雪を歩く。
花見平。
チングルマ。はじめて見ました。
ピンクの綿毛のチングルマ。
ライチョウ。こちらも初めて。一瞬でしたがめちゃくちゃうれしかった!
双六小屋が見えました。奥の鷲羽岳のラスボス感すごい!
双六小屋到着。テントびっしり。
受付、荷物整理をすませ、お待ちかねの生ビール!あぁ、うまい!
黒部川源流の鷲羽岳。うつくしい山だなぁ。
入口は大混雑。
小屋のオリジナルグッズ。1番のTシャツがほしかったけど、希望サイズは売り切れ。第2希望だった8番を購入。
ケーキセットなんてあるんだ。のんびりティータイムも贅沢でいいかも。
あんかけ皿うどんが気になる。
ここからいろんなところに行けるのですね。雲の平に憧れる。
ドリンクいっぱい。
夕食まで待てず2杯目。笑 ちなみにこの日は4回転。僕は3回目の18:30からでした。
自炊場や小屋前のテーブルは食事をとる人でいっぱい。
夕食は双六小屋名物の天ぷら。そうめんつゆをつけて食べるのがおすすめ。抹茶塩もあります。
2日目の夜明け前。
双六岳山頂。
朝日を待ちます。
しずかでおごそかな時間。
太陽キターーーーーーー!
この空の色あいがとてもキレイ。
飛騨をうめつくす雲海のむこうに白山。
山頂の人々はみんな笑顔。
もくもくの雲海。
いつか行きたい笠ヶ岳。
双六岳といえばこの稜線越しの槍ヶ岳。
焼岳からこぼれおちる雲。
帰りたくないなぁ。
双六岳山頂を振り返って。
ひろびろとした稜線歩きは気持ちいい~。
暗いうちはわからなかったけど、稜線直前はおもってたより険しかった。
朝日をあびて輝くチングルマ。
双六小屋を挟んで向かいの樅沢岳。
朝食。おそめの時間だったので、のんびり食べられました。
部屋の名前はズバリ双六岳。布団は2人で1つ。人の熱気でか、夜中は暑くて寝苦しかったです。
富山大学の診療所。お世話にならないに越したことないけど、こういう施設があると安心。
看板の絵がかわいい。
では下山します。
双六小屋を振り返って。
トリカブト。下りは花を撮る余裕も。
西鎌尾根からの槍ヶ岳。ダイナミックだなぁ。
弓折峠に向かう稜線。
チングルマ。これが綿毛になるのって不思議。
弓折乗越。このころになると、槍ヶ岳は見慣れるという贅沢状態。
ハクサンフウロ
これは何て花なんでしょう?お気に入りです。
ヤマハハコ
シモツケソウ
ポツンと一軒家すぎる、鏡平山荘。
ゴゼンタチバナ
鏡平山荘に到着。
すこしはやいけど昼食。昨日は売り切れだった、かきあげうどん。
くだりの人が多く、すれ違い渋滞がしょっちゅう発生。
秩父沢。足をすべらせてちょっと濡らしてしまった。
石畳のような登山道。
最後は林道歩き。
ブナの森にほっとする。
わさび平の湧水。ここの水も冷たくて気持ちいい。
わさび平小屋のフルーツ。
トマトとキュウリ。見てるだけでも涼やか。
わさび平小屋。行きも帰りもにぎわってました。
笠ヶ岳の新笠道の入り口。横で給水できます。
林道ゲート。長かったー!
新穂高登山者センター。下山届を提出して、登山終了。
第1ロープウェイを使って鍋平へ。駐車場がめちゃくちゃ遠かったです。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。