新潟焼山~極上の山の日

2019.08.11(日) 2 DAYS Niigata
たこさん
たこさん

活動データ

タイム

09:30

距離

21.3km

上り

1,766m

下り

1,760m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

唐突に夏の高層湿原祭りは終了と相成りました。 久しぶりに部長と二人旅となったので鉄の掟(酒)の絡みで延び延びになっていた妙高へ。が! たこ「山の日の百名山混むっけ焼山どうよ?」 部「のった!」 であっさり前日変更です。 想定通り静かで極上の山行でした。 本日の入山者はトータル10人ほど 片道11㎞弱で極上区間はラスト1㎞ほどですがw その1㎞区間にこの山の素晴らしさが集約されています。 越後唯一の活火山です。今この時にも入山規制がかかるかもしれません。  ただ行かれる際は最新の情報と共に登山届や装備などよく吟味されてから入山されますよう。 下山時気づかずルートロスト2回。 山頂付近はわかりにくい所もあります。後枯れた沢を歩く箇所でテープに気づかずそのまま少し沢を下ってしまいました。 ガスっていると益々わかりにくいと思いますので軌跡等よく確認です。 この日水5㍑持参、4㍑消費。 登山道はほぼ樹林帯なので登りは日陰で比較的涼しいですが、復路は湿度が上がり水の消費が増えます。登りより下山時に水の消費が増える前提で水分の量を考えた方がいいと思います。 平日は焼山林道第一ゲートまでしか開きません。 土日祝日のみ第二ゲートまで開放されます(10月まで)ただし土曜第二ゲート開放6時~翌日曜17時までとなってます。日曜、祝日は17時までに戻らないと車がだせなくなるのでお気をつけ下さい。

まだ暗い第二ゲートからgo
火打と影火打アラワル(・∀・)
モルゲン焼山アラワルー(・∀・)
噂のシェルター、ここまで林道約4㎞歩きます
ところがどっこい素晴らしく歩きやすい登山道♪
展望場よりラスボスカッコよし
あの溝がタマランチ、後で二カ所あの溝渡ります笑
山頂直下の泊岩ちょい前まで急登のないダラダラ登山道。なぜなら回り込むように登山道が作られているからです。角度が変わると何気に双耳峰チックに見える事がわかります
前述の溝渡りは雪渓を渡ります。
両端かなりザレて崩れやすい道です。ロープでフォローされてます。整備に頭が下がります
二つ目の溝渡り、条件は同じ。このまま雪渓遡ればすぐに山頂まで行けそうですけど笑
坊々抱岩
8㎞強歩いてようやく標高差1000ほどあがりました。ここからやっとキツメの登りとなります
オオサクラソウ
キヌガサソウがいっぺこと♪
品がありますな
開けてきたら振り向いてみると…先週より益々近い焼山軍団キタコレ(・∀・)
いつの間にかヘルメットおじさんアラワル
2200㍍あたりを越えるとようやく森林限界、ここからザレた道で悪戦苦闘です。
ダガシカシこの先にワクワクが止まらない♪
海谷山塊の怪峰と呼ばれる双耳峰の阿弥陀山
岩岩の隙間から雨飾山、その奥に後立山連峰
山頂近辺はロープ場あり、落石に細心の注意を
今日、一番見とれた裏金山、金山への稜線。縦走するには整備が足りてない模様ですが、いつか雨飾山から縦走したい
ヤマハハコはアチコチで群生
山頂まであがるとようやく火打、妙高とご対面♪
念願のアクリル標識までキタコレ(・∀・)♪
恒例の自撮り
新潟でもこんな景色が見れるのです♪
ここからだとピラミダルな火打、影火打から焼山への稜線は整備されておらず藪化してます
火打と妙高♪
高谷池から妙高、乙見湖、黒姫山
越後唯一の活火山です!
近づくと臭いです笑
阿弥陀山と
こちら海谷山塊、鋸岳、駒ヶ岳など
水蒸気と自撮るヘルメット
凄まじく煌びやかな瑠璃カミキリ虫
九州から帰省した妹が大量に持ってきたうまかっちゃん
お疲れの儀式
頸城山塊に乾杯♪
ネギ増し、メンマ、背脂in♪
今年は金山行きそびれたので来年こそ
金山、雨飾山、白馬岳、雪倉岳、朝日岳など
ガスが湧いてきました、下山しましょか
ザレた下りは特に慎重に。連れと距離を置き落石に気をつけます
登山道終了、奥はガスガス。ここから最後の試練4㎞歩き
トムボーイw
久々に20㎞越えお疲れ様っした
笹倉温泉最高です♪ドクペもありんす
能生であさひ桜チャーシュー麺♪

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。