会山行#298 檜原滝めぐり(三頭沢)

2019.08.08(木) 日帰り
ノボフジ
ノボフジ

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

4月、数馬から「都民の森」へのバスが開通するのを待って三頭山を登ったが、 http://hobofuji.chips.jp/1yamanituki/douki197/douki197.htm 今回は、8月の暑い時期に相応しく「三頭沢の滝めぐり」に.

三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 前回と同じく「都民の森」からスタート.
前回と同じく「都民の森」からスタート.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 労せずしてこの高さ!.
労せずしてこの高さ!.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 展望場所からの眺めは最高!.
展望場所からの眺めは最高!.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 ヤマユリが1輪だけ咲いていました...
ヤマユリが1輪だけ咲いていました...
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 吊橋から「三頭の大滝」
吊橋から「三頭の大滝」
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 「大滝の路」を戻り、「けやきの路」へ入る.
「大滝の路」を戻り、「けやきの路」へ入る.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 大木の倒木!.
大木の倒木!.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 奥多摩周遊道路へ出て、暫くは道なりに行く.
奥多摩周遊道路へ出て、暫くは道なりに行く.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 周遊道路から道標に従って右の山道へ.周遊道路に開口部が無いのでガード索を跨いで行く.
周遊道路から道標に従って右の山道へ.周遊道路に開口部が無いのでガード索を跨いで行く.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 暫くは急な下りが続く...
暫くは急な下りが続く...
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 沢沿いの道には、渡渉点が1ヶ所.
沢沿いの道には、渡渉点が1ヶ所.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 涼しい沢沿いの道.
涼しい沢沿いの道.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 立派な、長い橋を渡って行く.
立派な、長い橋を渡って行く.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 こちらは工事用の臨時の橋か?.
こちらは工事用の臨時の橋か?.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 ホッと一息入れる草地もある.
ホッと一息入れる草地もある.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 「菅平の滝」標識.滝までは一気に下る.
「菅平の滝」標識.滝までは一気に下る.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 「菅平の滝」は、”ナメ滝”状の2段の滝.上段は滝口まで下りないと見えない.
「菅平の滝」は、”ナメ滝”状の2段の滝.上段は滝口まで下りないと見えない.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 周遊道路からも見える「夢の滝」.正面から全貌は見られない.
周遊道路からも見える「夢の滝」.正面から全貌は見られない.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 「旧道」に入る.右は周遊道路.
「旧道」に入る.右は周遊道路.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 歩かないと見られなかった珍しい祠.
歩かないと見られなかった珍しい祠.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 2軒並んだ上が兜屋旅館.
2軒並んだ上が兜屋旅館.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 昔々、雪の三頭沢を登った時に泊った事のある三頭山荘.この時食べた山菜料理の美味さは今でも想いだす...
昔々、雪の三頭沢を登った時に泊った事のある三頭山荘.この時食べた山菜料理の美味さは今でも想いだす...
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 周遊道路と旧道の分岐点.
周遊道路と旧道の分岐点.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 分岐点にこんな標識が出ていた.
分岐点にこんな標識が出ていた.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 滝めぐり最後の「九頭龍の滝」への下降点は、周遊道路側にある.
滝めぐり最後の「九頭龍の滝」への下降点は、周遊道路側にある.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 「九頭龍の滝」.
当初は「横道の滝」と呼ばれていたらしいが九頭龍神社が出来て滝にうたれ身を清める信者も多くなってこの名前になったと云う...
「九頭龍の滝」. 当初は「横道の滝」と呼ばれていたらしいが九頭龍神社が出来て滝にうたれ身を清める信者も多くなってこの名前になったと云う...
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 周遊道路を下って「九頭龍神社」にお参りして行く.長野の戸隠村から分社された由緒ある神社.
周遊道路を下って「九頭龍神社」にお参りして行く.長野の戸隠村から分社された由緒ある神社.
三頭山(東京都)・槇寄山・土俵岳 神社へお参りした効能か、バス停に着いた瞬間、武蔵五日市駅行きのバスが来る!(次のバスは1.5H後!).
夕立にも遭わず、最後まで幸運な山旅でした...
神社へお参りした効能か、バス停に着いた瞬間、武蔵五日市駅行きのバスが来る!(次のバスは1.5H後!). 夕立にも遭わず、最後まで幸運な山旅でした...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす