尾瀬/至仏山・尾瀬ヶ原&尾瀬沼周遊-2019-07-27

2019.07.27(土) 4 DAYS Fukushima, Gunma, Tochigi
Renoyuki
Renoyuki

活動詳細

もっと見る

尾瀬ヶ原堪能と至仏、燧2座を制覇するプランでしたが台風接近による悪天候により2日目に予定していた燧登頂を断念。 その代わりに行き帰りで尾瀬ヶ原、尾瀬沼をぐるっと1周するプランとし、まだ鹿による食害が少なくニッコウキスゲの群生が素晴らしい大江湿原にも足を延ばしてみました。

一番の鳩待峠に向かうバスに間に合うべく、夜中1:45に家を出発。でも結構早く着いて3:45くらいに着きました。台風接近のせいか、4:30でも誰も来てませんでした。。。
バスに乗る頃は雨降ってませんでしたが、鳩待峠に着いたら結構な雨が。。。即レインウェア着用です。
鳩待峠から至仏山へ向かう登山道。始めは緩やかで木道のない道です。
程なく木道になりました。雨のせいで少々滑り易いです。。。
ついに木製階段も現れました。下の子には段差がありなかなか登り辛い所です。
途中、木を切り倒したベンチがあり一休み。
山と高原地図によると、この辺が急登なのだとか。。。でも意外にへっちゃらでした。
途中、木道に見たこともない大きなナメクジがいました。。。
急登箇所を抜けると視界が開けました。
しかし、この雨の中、当然眺望なしです。。。
緩やかになったところで再び木道に。
至仏山まであと半分近く、というところまで来ました。
。。。もっと前に滑りそうな木道あったような。。。
残り半分を切りました。
再び木製の階段登場。息子のペースが落ち始めます。。。
悪沢岳、笠ヶ岳の分岐まで来ました。
オヤマ沢田代辺り。晴れていれば綺麗な湿原と池塘が見られるはずですが。。。ガスガスです。。。
でも花の名山らしく辺りには綺麗な花が沢山咲いていました。
オヤマ沢田代を過ぎたところで谷側に展望台と思しき所がありました。一応写真撮りましたが、展望など望めるはずもなく。。。
でもこの辺りのお花畑は本当に見事です!
展望のない中、子至仏山目指して頑張って木製階段登ってます。
徐々に晴れ間が見られるようになってきました!
何とか子至仏山頂に到着。(ここに来るまでの蛇紋岩の登りは本当に滑りやすかった。。。)
今度は至仏山へ向かいます。まだまだガスガスです。。。
至仏山頂が見えてきました。でもまだまだガスってます。
至仏山頂に着きました。そしてこのころからかなり晴れ間が見られるようになってきました!
子至仏からオヤマ沢田代へ向かっている時、ガスが晴れて尾瀬ヶ原がチラリと見えました。なんとなく天空の城ラピュタを思い出しました。
その子至仏山からオヤマ沢田代へ向かう道です。こんなを所を登っていたんだと気付かされました。
鳩待峠も見えるようになりました!
尾瀬ヶ原もさっきよりハッキリと見えます。そして徐々に燧ヶ岳も!
これが濡れると曲者の蛇紋岩。。。家族全員1回はスッテンコロリンしました。。。
登りはガスガスで何も見えなかったさっきの展望台。見事に尾瀬ヶ原と燧ヶ岳(頂上部見えないけど)が見えます。
振り返ると子至仏山までの木道が綺麗に延びていました。
笠ヶ岳も見えました。
オヤマ沢田代近辺。今回の尾瀬山行で初めて見る池塘と湿原です。
燧ヶ岳の頂上も遂に見えました!
見えたところでパチリ1枚。
息子でも1枚。
そしてお昼ご飯を食べるべく、スッ飛ばして鳩待峠まで戻ってきました。
今日のお昼ご飯。要冷蔵レトルトを凍らせて保冷バックで持ってきました。 全然まだまだ凍ってました。
お湯で温めて盛るとこうなりました。
お昼ご飯も食べて、今度は鳩待峠から尾瀬ヶ原を通って見晴まで行きます。あと10kmほど!息子は初めてトレッキングポールを使ってみます。。。
でもヨセ沢を渡った頃には既に右ポール先端のキャップを紛失していました。。。木道でキャップ無しではポールは使えません。。。早くもポール使用終了。。。
山ノ鼻へ向かってドンドン下っていきます。
テンマ沢。心地良いせせらぎの音を聞きながら進みます。
途中開けて左側を見るとさっき登った至仏山が。でも早くもまたガスり始めました。
川上川の橋を渡ります。ここまで来ると山ノ鼻はもう目と鼻の先!
山ノ鼻に着くと、雨が降ってきちゃいました。。。
オゼアザミ
コオニユリとニッコウキスゲのコラボ
ヒツジグサが一番のお気に入りです。
上ノ大堀川は水草?でいっぱいでした。
雄大な尾瀬ヶ原を見晴に向かって歩きます(燧ヶ岳がまたちょっとガスってます。。。)
牛首分岐まで来ました。
子供達は遥か前へ。。。
龍宮尻まで来ました
折角なので龍宮現象が見られる泉も見てみました。上の子は自然の神秘に感動していた様子でした。
龍宮十字路
龍宮十字路を過ぎると龍宮小屋がもう目の前です。
龍宮小屋に着きました。
龍宮小屋を出るとすぐに沼尻川に出会います。
沼尻川
沼尻川を渡る橋はちょっと傾いてる⁉︎
沼尻川を渡るとひたすら直進です。この辺りはお花も池塘もあまりなく、黙々と歩きます。
燧ヶ岳の頂上がだんだん見えてきました。
ようやく見晴に到着。今日泊まる弥四郎小屋です。
今日の夕ご飯
夕ご飯後、尾瀬ヶ原を見ながら1杯。
今日の朝食です。
出発前に弥四郎小屋前でパチリ。
2日目は明け方の雨が激しく出発当時も雨だったことから見晴新道は相当道が悪くなっていると判断し、燧ヶ岳には登らず、尾瀬沼南岸を通って尾瀬沼ヒュッテに向かうことにしました。
今日も濡れた木道を進みます。
燧ヶ岳への分岐です。燧ヶ岳方面の道をちょっと見てみたら、小川になってました。。。
白砂峠への道は木道があったりなかったり、そして想像以上にぬかるんでました。。。
ザックカバー、外れかけてない⁉︎
イヨドマリ沢を渡ります。
白砂田代まで来ました。沢がとても綺麗です。
沼尻の休憩所まで来ました。
沼尻休憩所で小休止後、尾瀬沼南岸を通って尾瀬沼ヒュッテを目指します。
尾瀬沼南岸の木道はご覧の通りあまりメンテされてません。おまけにとても滑り易いです
オゼイトトンボ? 青色がとても綺麗です。
尾瀬沼南岸でも所々新しい木道があります。こういうところは安心して通れます。
尾瀬沼、どんよりガスってます。。。
富士見峠への分岐まで来ました。
ギョリンソウ
尾瀬沼南岸の木道はこういうのが普通です
尾瀬沼山荘まで来ました。
尾瀬沼ヒュッテまであとちょっと!木道もものすごく整備されていて歩くスピードも上がります!
燧ヶ岳方面。。。全然ガスってます。
尾瀬沼山荘から20分で尾瀬沼ヒュッテに到着しました。
今日のお昼ご飯はパスタです。
博物館工事のフェンスに見たこともない模様の蛾が留まっていました。
まだまだ時間もあったので、ニッコウキスゲの群生が見事で見頃だという大江湿原まで行ってみました。
確かに見事なニッコウキスゲの群生です。尾瀬ヶ原では鹿の食害によるものなのか殆どニッコウキスゲを見られなかったので、この景色に感動です!
ニッコウキスゲと尾瀬沼
見事な大輪です
綺麗なニッコウキスゲが沢山あっていっぱい撮ってしまいます。
沼山峠方面
振り返ってみんなと尾瀬沼とニッコウキスゲ。
もう一度、ニッコウキスゲと尾瀬沼
このニッコウキスゲは花びらが長いですね。
ここは木道の両脇に多く群生していました。
三度、ニッコウキスゲと尾瀬沼
尾瀬沼ヒュッテに戻ってきました。燧ヶ岳の頂上部が晴れてきました。
今日の夕ご飯。舞茸ご飯と岩魚の天麩羅が美味でした。
夕ご飯後は談話室にあった将棋に子供たちが興じていました。しかも2時間も。。。
今日の朝ごはん。今日も岩魚がありました!
今日は尾瀬沼北岸を通ってヨッピ吊橋経由で鳩待峠まで戻ります。お世話になった尾瀬沼ヒュッテが木々の間から見えます。
尾瀬沼北岸の木道。南岸より遥かに良く整備されています。
鹿避けフェンス。これがあるからニッコウキスゲが守られているのですね。
燧ヶ岳へ向かう長英新道への分岐です。
浅見湿原が見えてきました。
浅見湿原と燧ヶ岳。今日は天気も良く、燧ヶ岳をスッキリ拝めました。
沼尻休憩所への道の途中。御神木のような太い木がありました。
昨日も立ち寄った沼尻休憩所が見えてきました。
ナデッ窪を通って燧ヶ岳へ向かう道への分岐です。当初の予定では2日目に見晴新道から登り、このナデッ窪を通る道を下る予定でした。
沼尻休憩所で再び小休止。今日は月曜なのに特別にアイスクレープが置いてあり、すかさず子供達も堪能していました。
沼尻休憩所をバックにパチリ。(2人の間の距離が微妙?)
見晴まで戻ってきました。この景色は昭和の温泉街的な情緒を感じさせてくれます。
弥四郎小屋前にあるとても美味しい弥四郎清水。午前は水温も低く喉も汗をかいた体も癒されました。
ヨッピ吊橋経由で鳩待峠まで戻るべく、温泉小屋方面へ向かいます。
東電小屋への分岐です。
只見川に架かる東電尾瀬橋。
吊橋ではないので全然揺れはありません。
至仏山が見えました。だんだん天気が。。。
東電小屋まで来ました。
熊除けの鐘を鳴らします。
遂に来ましたヨッピ吊橋!
どれくらい揺れるのかな?とちょっとドキドキ。
一人の時はあまり揺れませんでしたが、家族全員で渡るとなかなか揺れました。
牛首までの道の途中こんなsignがありました。やっぱり鹿さんがニッコウキスゲを食べちゃってるんですね。。。(逆さまですみません)
ここはフェンスで仕切られていることもあって、他の尾瀬ヶ原と違ってニッコウキスゲが少々多めです
フェンスの向こうと手前で明らかにニッコウキスゲの群生具合が違います。
ヨッピ吊橋2⁉︎
ヨッピ吊橋2ではなく東電下の大堀橋でした。
アヤメ?カキツバタ?
ちょっとだけ逆さ至仏
尾瀬ヶ原から見える燧ヶ岳は見事です。
遂に逆さ燧も見られました!
やっぱりヒツジグサ、可愛らしいです。
至仏山も綺麗に見えました。
もう一つ、至仏山
山ノ鼻まで戻ってきました。お昼ご飯はカレーと豚汁です。
食事中、息子の頭にトンボが止まってました。
食事も終わり、鳩待峠までの最後の登りが始まります。
でも思ったより楽に、早く、50分程度で鳩待峠まで戻って来られました。
ヤマスタで尾瀬の企画中だったので缶バッチもらいました。でも本当はあと3つくらい貰えたのに、東電小屋と至仏山荘で貰うの忘れました。。。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。