せがれ山男化計画~燧ヶ岳、夏の高層湿原祭り♪

2019.07.27(土) 2 DAYS Fukushima, Gunma, Tochigi
たこさん
たこさん

活動データ

タイム

07:33

距離

9.2km

上り

1,022m

下り

1,024m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

会津駒ヶ岳へ行く予定でした笑 夏の山旅へ向けてせがれ強化を考え蒸し暑いこの時期にあえて高低差1000越えを計画。頼もしいいつものメンバーにも同行してもらいました。 ひらさんが「御池から会駒に行きたい」というので駒の小屋合流予定でひらさんを御池まで送ります。が…臨時車内会議発動、「燧ヶ岳でもいいんじゃない笑」私とりっつさんも燧ヶ岳は未踏って事であっさり予定変更笑、ゴメンね会駒また来るよ。 フットワークの軽い面々ですw お花は広沢、熊沢田代にて、キンコウカ、サワラン、トキソウ、ヒメシャクナゲ、タテヤマリンドウ、モウセンゴケなど山頂周辺はシャクナゲです。今回はあまり撮りませんでした。 せがれ強化でしたが道のグッチャグチャっぷりと段差の高い登山道に悪戦苦闘しながらもいつものようにキツさを顔に出すこともほぼ無く、想定以上に楽に登ってました。オヤジびっくりΣ( ̄□ ̄)! さすがに急な下山はキツかったようですが、広沢田代から最後の下りで他の登山者に後ろに付かれた事から急にペースアップし最後はぶっちぎる覚醒っぷりを見せてくれました笑 オヤジ思わずニヤツキとまらず、ひらさん、りっつさんからも粟ヶ岳楽勝だよとのお墨付き、私もそう思いました(・∀・)  さすが尾瀬の山素敵な眺めでした、人は多かったですけど恐らくこれでかなり空いていたと思われます。ピーク時が恐ろしい… 

雨上がりの御池より参ります
読み通り青空が♪
広沢田代にて、汗だくです
モウセンゴケ
チングルマ
本来行く予定だったところ笑
アポン口を開けておられますw
目指す先も見えてきましたぞ(・∀・)
こちら熊沢田代にて、まだ余裕があります
高層湿原らしいのどかな所もありつつ
振り向けば極上の景色♪
池塘に映り込む青空と向こうには越後の山々
木道を入れてみました
ヒメシャクナゲが開花前
皆で言う、ホントは向こうにいたのに笑
バックがいいとチングルマもイキイキ
乾き掛けのサンカヨウ
そこそこの雪渓箇所もあります
慎重に
滑落するほどではありませんが、涼しさが逆に嬉しい
しばし続くグッチャグチャのドイヒーな道と急登
おーっ、尾瀬沼を初めて眺めましたぞ(・∀・)
次来る時はテント担いであの辺歩くよ(・∀・)
俎嵓にて、行くぜ柴安!
人気者は狙われる笑
あれが噂に聞く尾瀬ヶ原♪
双耳峰の意味もわかってませんので、当然俎嵓を山頂と思い込みまた下って登り返す事に若干心折れ気味でした笑
しかーし、頑張ったぜ(^^ゞ
ご所望の冷やし中華でしたが、思いの外冷たい風が吹いている山頂w
ウヒョー、弥彦が見えるー(・∀・)
平ヶ岳のガスがトレター(・∀・)
中ノ岳、越駒、荒沢岳の越後裏三山。荒沢~中ノ岳の稜線もバッチリ
撮影会に引っ張りだこ笑
後ろが尾瀬ヶ原となります
奥には至仏山。今まで見た中で一番近い笑
平ヶ岳をズームで、鷹の巣からの長ーい尾根もわかります
裏三山をズームで
親切な方よりフォーショット、道中せがれにお菓子も頂きました
天気悪化の予報なのでサッサと戻ります。本日のラスボス俎グラ再び笑
せがれ史上一番キツい山だったはず、されど今回はほぼ泣き言も言わず。後ろで目を細めてるオヤジw
振り返ると暗雲立ちこめてます、急がねば
駐車場手前から雨が降り出し皆無事に下山完了
バッジゲット

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。