母島(小笠原諸島)南島上陸🏝-2018-08-26

2019.07.25(木) 日帰り Tokyo
みー
みー

活動データ

タイム

00:00

距離

0m

上り

0m

下り

0m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

※過去レポ 南島は父島からほど近い絶景の無人島。 国立公園特別保護地区に指定されているため自然保護の観点から島に上陸できるのは東京都自然ガイド同行が義務づけられ、一日100人までしか上陸できません。 父島からガイド付きのツアーに参加するしかありません。しかも高波だと上陸できない為、いけるかどうかは運次第。 南島は沈水カルスト地形という石灰岩特有の地形で、海鳥(カツオドリ・オナガミズナギドリ・アナドリなど)やウミガメの産卵場所となっています。 島の周りにはイルカやクジラたちが現れます🐋 上陸してすぐに白い砂地が現れます。 数百年前に絶滅したカタツムリ「ヒロベソカタマイマイ」の化石がゴロゴロ落ちています。 足元をよく見ると低木に隠れてふわふわの産毛に覆われた海鳥の雛がいました。 ものすごーくかわいい😍 生後1か月が近づくにつれ、だんだん白い産毛に黒いものが混ざってきます。 扇池(おうぎいけ)では泳いで遊べます。 白い砂浜と円形のエメラルドグリーンの小さな入り江🏝 絵に描いたような秘境って感じのロケーションがたまりません。ここが東京なんて信じられない🙄 運が良ければミナミハンドウイルカと一緒に泳ぐドルフィンスイムができるかも🤗 ガイドさんがイルカの群れを発見しました。 同時に近づいていいのは4隻まで。 突然船上が慌ただしくなり、マスク・フィン等を着けて船尾のステップに移動して体育座りでドキドキしながら待機😁 船を動かしてイルカとの位置関係が一番いい瞬間にエントリー! イルカと一緒に遊びたい人は素潜り練習しとくといいです🐬 イルカ以外にも、海中洞窟や沈没船、流れに乗って泳ぐドリフトスノーケルなどできます🤙✨ ほんとうにラッキーでミナミハンドウイルカ、ハシナガイルカ、マッコウクジラまで出会えました! 別日にはシーズンでもないのにザトウクジラまで見ることができて大興奮🥰 さいごに小笠原諸島にいく際は24時間かかるのでアネロンという酔い止め薬を飲んでください。じゃないと大変なことになります😏

台風19号と20号が立て続けに接近して、帰りの便が欠航😂長居するおかげで高波で近づけなかった南島に上陸できることに✨
別日にいったときは波が高くて島に近づけなくて南島上陸かなわず😭
くー!向こう側にはもう目の前に白い砂浜が見えているのに😭
というわけで台風が去って波も安定したのでリベンジ👍 ダブルレインボーがみれて幸先いい🌈
よく見ると海鳥が沢山🐦
ピンクドルフィンの船のなか〜🤙
ハシナガイルカ🐬 イルカの群れに遭遇するかどうかは運次第🤞
まだ寝てるんだって😪
ハートロック♡ハート型の部分だけ赤茶っぽい😙
最も美しいといわれる父島の南崎にある「ジニービーチ」。陸路では辿りつくのが困難な奇跡のビーチ✨
島の周りはエメラルドグリーン✨✨
いよいよ上陸です🏝イェー
ピンクドルフィン🚤 少人数制のボートを出してくれる
荒波でずっとツアーが中止だったので今日は沢山ツアー船が出ています⛴
記念撮影♡
南島の丘から父島を望む。海の青さに驚かされる。
マイマイの化石👀 絶滅種の化石がみられて感激
すごくキレイなビーチです🏖
ずっといたいけどお迎えの船がきました😂ドナドナ〜🐄
マッコウクジラのブロー
ハシナガイルカのジャンプ
目が合った〜👀キュン♡ イルカのソングが聞こえます♡イルカセラピー🐬
母イルカに寄り添って泳ぐ赤ちゃんイルカ🐬
出産ラッシュでもっと小ちゃい子も😍 お母さんに持ち上げられて呼吸を助けてもらってました
イルカの正面顔かわいい♡♡
足の真下を並んで泳ぐ🐬
最後のお見送りの船🚢友達が「船から海に飛び込むから見てて」って…その勇姿を見届けた(笑) 小笠原のお見送りの言葉は「さようなら」ではなく、「いってらっしゃい」👋😭
船から見た夕陽
またくるよ小笠原〜🍻
マジックアワー
月が出てきました🌕
ポスターいただきました🙏島民が選んだ小笠原の50の宝物が50色の絵具に🎨一つ一つの色に思い出がいっぱい😊
ピカチュウだよー♡

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。