【LoM番外編】飯豊連峰に憧れて

2019.07.21(日) 2 DAYS
シーケー
シーケー

活動データ

タイム

31:53

距離

33km

上り

2961m

下り

3077m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

タイトルにも記載しましたが、今回登山の同伴はLoMメンバーじゃない既婚者の友人と行ってきました。しばらくしたらタイに駐在人として出稼ぎに行く彼とのお別れ会も兼ねて、飯豊山脈の一部を縦走することに。 東京から340キロ車で走って新潟の奥胎内ヒュッテにて前泊。 ヒュッテの温泉利用(600円)でテント張りは無料です。(水場、洗い場あり。もちろんトイレも水洗式) 翌日5時50分の乗り合いタクシー(700円)に乗って登山入口に。 二日間33キロ、手ごたえをしっかり感じるルート設定です。 杁差岳避難小屋だけが無人小屋で、門内と頼母木避難小屋は管理人の元で素泊まりお一人2000円です。ビールも、ほかの飲料も販売しているし、毛布も配られるので避難小屋と言っても普通の山小屋と同様に考えればいいと思います。 門内小屋に泊まりましたが、他の登山客と交流もでき、竹みそ汁も皆で御馳走しました。 お花の写真ですが、ピンク色の花は姫さゆりという名前らしいです。 友人の一眼レンズのおかげで様々な絶景が撮れて、今回は写真集みたいに大盛りにしています。彼が好きな時にこのリンクに接続して思い出として鑑賞できたら嬉しいです。 注意喚起 1.水場分岐から水汲みに下るのはおすすめしません。下るのも岩に苔が多く、至難の続きですが、上るのはそれの倍難しいです。下手すると戻ってこれない危険性も高いところです。くれぐれもご注意を 2.乗合タクシーは去年500円から今年700円に値上げと共に、土日のみらしいです。 Good Tips 1.たもぎ、もんない、えぶりさし、この三つの小屋全部、近くに残雪がかなりあって、天然の冷蔵庫としてご利用可能です。常温のビールを持ち込んだらそのまま冷やせます。 2.もんない、えぶりさしの水場は雪溶け、つまり雨水を使うのですが、たもぎは地下からパイプでざぶざぶ溢れます。水質も最高です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす