朝日岳・雪倉岳プチ富豪登山

2019.07.20(土) 2 DAYS
yudoburi
yudoburi

 例年日帰りで歩いている蓮華温泉周回コースですが、今年は贅沢に朝日小屋で1泊。下山後蓮華温泉で1泊と財布から金が飛んでいきました。ただし、締めるところは締めるで、アルコール飲料はほとんど担ぎ上げました。ということで、予想以上の重量にペースダウン。挙句は忘れ物をして引き返すなど苦労しました。  それでも天候に恵まれ、充実した登山となりました。能登半島や佐渡島まで見ることができました。天気予報が外れたことで、山小屋は個室対応。こちらはうれしいことですが、山小屋の方には辛い週末のようです。

蓮華温泉駐車場。駐車台数9台。いままでこんなことはありませんでした。

蓮華温泉駐車場。駐車台数9台。いままでこんなことはありませんでした。

蓮華温泉駐車場。駐車台数9台。いままでこんなことはありませんでした。

鉱山道分岐。我々は右へ進路を。しかし、少し先で忘れ物に気づき、引き返しました。2キロの30分ロス。走ったのでこれが効いた。

鉱山道分岐。我々は右へ進路を。しかし、少し先で忘れ物に気づき、引き返しました。2キロの30分ロス。走ったのでこれが効いた。

鉱山道分岐。我々は右へ進路を。しかし、少し先で忘れ物に気づき、引き返しました。2キロの30分ロス。走ったのでこれが効いた。

瀬戸川橋
雨がポツポツと

瀬戸川橋 雨がポツポツと

瀬戸川橋 雨がポツポツと

ショウキラン

ショウキラン

ショウキラン

エノキダケ
ひょうたん池横の切り株にありました。

エノキダケ ひょうたん池横の切り株にありました。

エノキダケ ひょうたん池横の切り株にありました。

白高地沢橋
既に疲労困憊。アルコール燃料注入。

白高地沢橋 既に疲労困憊。アルコール燃料注入。

白高地沢橋 既に疲労困憊。アルコール燃料注入。

道が整備されていて歩きやすいのですが、単調で意外と疲れる。贅沢な悩み。

道が整備されていて歩きやすいのですが、単調で意外と疲れる。贅沢な悩み。

道が整備されていて歩きやすいのですが、単調で意外と疲れる。贅沢な悩み。

かもしか坂を突破。
体力の50%消耗中。本日3回目のアルコール燃料注入。

かもしか坂を突破。 体力の50%消耗中。本日3回目のアルコール燃料注入。

かもしか坂を突破。 体力の50%消耗中。本日3回目のアルコール燃料注入。

花園三角点
平坦地はスルー。

花園三角点 平坦地はスルー。

花園三角点 平坦地はスルー。

シロウマアサツキ

シロウマアサツキ

シロウマアサツキ

この先、登り手前を右に折れると水場あり。少しこんもりしたところ。

この先、登り手前を右に折れると水場あり。少しこんもりしたところ。

この先、登り手前を右に折れると水場あり。少しこんもりしたところ。

ミヤマダイモンジソウ

ミヤマダイモンジソウ

ミヤマダイモンジソウ

白いタテヤマリンドウ

白いタテヤマリンドウ

白いタテヤマリンドウ

花園三角点方面を見る。

花園三角点方面を見る。

花園三角点方面を見る。

ユキワリソウ

ユキワリソウ

ユキワリソウ

オオサクラソウ

オオサクラソウ

オオサクラソウ

この付近は雪解けが遅いので、ユキワリソウが多い。
雷鳥らしき声が聞こえるが、姿が見えない。

この付近は雪解けが遅いので、ユキワリソウが多い。 雷鳥らしき声が聞こえるが、姿が見えない。

この付近は雪解けが遅いので、ユキワリソウが多い。 雷鳥らしき声が聞こえるが、姿が見えない。

青ザク
継続的にアルコール燃料注入中。水を飲めよな。

青ザク 継続的にアルコール燃料注入中。水を飲めよな。

青ザク 継続的にアルコール燃料注入中。水を飲めよな。

五輪の森
オリンピックとは関係ないと思うが。

五輪の森 オリンピックとは関係ないと思うが。

五輪の森 オリンピックとは関係ないと思うが。

シラネアオイ

シラネアオイ

シラネアオイ

朝日岳

朝日岳

朝日岳

シナノキンバイ

シナノキンバイ

シナノキンバイ

吹上のコル下の雪渓
後ろのねーさんは、我々を抜いていった猛者。

吹上のコル下の雪渓 後ろのねーさんは、我々を抜いていった猛者。

吹上のコル下の雪渓 後ろのねーさんは、我々を抜いていった猛者。

ハクサンコザクラ

ハクサンコザクラ

ハクサンコザクラ

吹上のコル
名前のとおり、風が吹き上げてきます。栂海新道の分岐。

吹上のコル 名前のとおり、風が吹き上げてきます。栂海新道の分岐。

吹上のコル 名前のとおり、風が吹き上げてきます。栂海新道の分岐。

朝日岳
何もないので早々に朝日小屋へ。

朝日岳 何もないので早々に朝日小屋へ。

朝日岳 何もないので早々に朝日小屋へ。

富山湾がはっきり見えます。

富山湾がはっきり見えます。

富山湾がはっきり見えます。

チングルマ

チングルマ

チングルマ

雷鳥様登場
ヒナを3羽連れていました。

雷鳥様登場 ヒナを3羽連れていました。

雷鳥様登場 ヒナを3羽連れていました。

朝日小屋
まだまだ遠いなー。

朝日小屋 まだまだ遠いなー。

朝日小屋 まだまだ遠いなー。

キヌガサソウの群落
この山旅でキヌガサソウをたくさん見ました。

キヌガサソウの群落 この山旅でキヌガサソウをたくさん見ました。

キヌガサソウの群落 この山旅でキヌガサソウをたくさん見ました。

サンカヨウ

サンカヨウ

サンカヨウ

朝日小屋到着
予定より1時間遅れ。本日の宿泊者は14名。キャンセル多し。

朝日小屋到着 予定より1時間遅れ。本日の宿泊者は14名。キャンセル多し。

朝日小屋到着 予定より1時間遅れ。本日の宿泊者は14名。キャンセル多し。

夕暮れの富山湾

夕暮れの富山湾

夕暮れの富山湾

一列に光るものは何か。山小屋の方も初めて見るとのことでした。

一列に光るものは何か。山小屋の方も初めて見るとのことでした。

一列に光るものは何か。山小屋の方も初めて見るとのことでした。

白馬岳方面
今日も天気は持ちそう

白馬岳方面 今日も天気は持ちそう

白馬岳方面 今日も天気は持ちそう

水平道は右に折れます。

水平道は右に折れます。

水平道は右に折れます。

最初の雪渓。ここが一番怖かった。フィックス張ってあるけれど。

最初の雪渓。ここが一番怖かった。フィックス張ってあるけれど。

最初の雪渓。ここが一番怖かった。フィックス張ってあるけれど。

ツガザクラ

ツガザクラ

ツガザクラ

このくらいの雪渓は楽。

このくらいの雪渓は楽。

このくらいの雪渓は楽。

サンカヨウ

サンカヨウ

サンカヨウ

水平道分岐
ここまで相当タイムを稼いだ。

水平道分岐 ここまで相当タイムを稼いだ。

水平道分岐 ここまで相当タイムを稼いだ。

リュウキンカ  かな?

リュウキンカ  かな?

リュウキンカ  かな?

小桜ヶ原

小桜ヶ原

小桜ヶ原

ハクサンコザクラ

ハクサンコザクラ

ハクサンコザクラ

モウセンゴケ

モウセンゴケ

モウセンゴケ

小桜ヶ原から朝日岳

小桜ヶ原から朝日岳

小桜ヶ原から朝日岳

ハクサンシャクナゲ
まだまだ蕾があります。

ハクサンシャクナゲ まだまだ蕾があります。

ハクサンシャクナゲ まだまだ蕾があります。

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

ハクサンフウロ

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ

ニッコウキスゲ

ツバメ岩

ツバメ岩

ツバメ岩

2日連続で我々を抜いていったねーさん。テント担いで速すぎ。

2日連続で我々を抜いていったねーさん。テント担いで速すぎ。

2日連続で我々を抜いていったねーさん。テント担いで速すぎ。

カラマツソウ  かな?

カラマツソウ  かな?

カラマツソウ  かな?

アカモノ

アカモノ

アカモノ

ミヤマムラサキ
稜線上にはいたるところに咲いていました。

ミヤマムラサキ 稜線上にはいたるところに咲いていました。

ミヤマムラサキ 稜線上にはいたるところに咲いていました。

雪倉岳のトラバース。持続力のない我が家のねーさん。ペースダウン。

雪倉岳のトラバース。持続力のない我が家のねーさん。ペースダウン。

雪倉岳のトラバース。持続力のない我が家のねーさん。ペースダウン。

アズマギク

アズマギク

アズマギク

タカネバラ

タカネバラ

タカネバラ

朝日小屋が遠くに見えます。

朝日小屋が遠くに見えます。

朝日小屋が遠くに見えます。

ムシトリスミレ
湿った土手にあります。

ムシトリスミレ 湿った土手にあります。

ムシトリスミレ 湿った土手にあります。

コマクサ
雪倉岳中腹から三国境まで咲いています。

コマクサ 雪倉岳中腹から三国境まで咲いています。

コマクサ 雪倉岳中腹から三国境まで咲いています。

大きいザックを背負ったねーさんパート2。
我が家のねーさんは、燃料切れで牛歩状態。

大きいザックを背負ったねーさんパート2。 我が家のねーさんは、燃料切れで牛歩状態。

大きいザックを背負ったねーさんパート2。 我が家のねーさんは、燃料切れで牛歩状態。

雪倉岳山頂
3回目の登頂で初めて展望に恵まれました。

雪倉岳山頂 3回目の登頂で初めて展望に恵まれました。

雪倉岳山頂 3回目の登頂で初めて展望に恵まれました。

蓮華温泉

蓮華温泉

蓮華温泉

三国境に向かいます。

三国境に向かいます。

三国境に向かいます。

ツクモグサがまだ咲いていました。

ツクモグサがまだ咲いていました。

ツクモグサがまだ咲いていました。

ウルップソウ
雪倉岳の南側にまだ咲いていました。

ウルップソウ 雪倉岳の南側にまだ咲いていました。

ウルップソウ 雪倉岳の南側にまだ咲いていました。

雪渓は4回渡ります。
朝日小屋で横着しないでアイゼンを装着するよう指導を受けました。そのとおり。

雪渓は4回渡ります。 朝日小屋で横着しないでアイゼンを装着するよう指導を受けました。そのとおり。

雪渓は4回渡ります。 朝日小屋で横着しないでアイゼンを装着するよう指導を受けました。そのとおり。

コバイケイソウ

コバイケイソウ

コバイケイソウ

鉱山道分岐
通れるのかどうか解らない。

鉱山道分岐 通れるのかどうか解らない。

鉱山道分岐 通れるのかどうか解らない。

三国境(みくにざかい)
雪倉岳と朝日岳
富山湾も見えます。

三国境(みくにざかい) 雪倉岳と朝日岳 富山湾も見えます。

三国境(みくにざかい) 雪倉岳と朝日岳 富山湾も見えます。

小蓮華山への稜線
燃料補給完了で爆走開始。

小蓮華山への稜線 燃料補給完了で爆走開始。

小蓮華山への稜線 燃料補給完了で爆走開始。

小蓮華山

小蓮華山

小蓮華山

白馬岳

白馬岳

白馬岳

白馬大池

白馬大池

白馬大池

大雪渓
登山者が見えます。

大雪渓 登山者が見えます。

大雪渓 登山者が見えます。

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲの群落

ハクサンイチゲの群落

ハクサンイチゲの群落

雷鳥様

雷鳥様

雷鳥様

栂池自然園

栂池自然園

栂池自然園

船越ノ頭

船越ノ頭

船越ノ頭

白馬大池

白馬大池

白馬大池

白馬大池山荘
空いています。最後のアルコール燃料注入。

白馬大池山荘 空いています。最後のアルコール燃料注入。

白馬大池山荘 空いています。最後のアルコール燃料注入。

蓮華温泉への下り。
このころまでは元気であった。

蓮華温泉への下り。 このころまでは元気であった。

蓮華温泉への下り。 このころまでは元気であった。

天狗の庭
ほとんど花は無し。珍しい。
アルコールが切れてきた。

天狗の庭 ほとんど花は無し。珍しい。 アルコールが切れてきた。

天狗の庭 ほとんど花は無し。珍しい。 アルコールが切れてきた。

雪倉岳
見納めです。カミさんに千切られた。

雪倉岳 見納めです。カミさんに千切られた。

雪倉岳 見納めです。カミさんに千切られた。

朝日岳
お世話になりました。

朝日岳 お世話になりました。

朝日岳 お世話になりました。

蓮華の森
もうじき到着です。

蓮華の森 もうじき到着です。

蓮華の森 もうじき到着です。

蓮華温泉
カミさんに10分差をつけられて到着。チューハイを飲むと速くなる。

蓮華温泉 カミさんに10分差をつけられて到着。チューハイを飲むと速くなる。

蓮華温泉 カミさんに10分差をつけられて到着。チューハイを飲むと速くなる。

仙気ノ湯
ちょうどよい温度。飲食禁止です。水を飲むために空き缶を持ってきました。

仙気ノ湯 ちょうどよい温度。飲食禁止です。水を飲むために空き缶を持ってきました。

仙気ノ湯 ちょうどよい温度。飲食禁止です。水を飲むために空き缶を持ってきました。

薬師の湯
熱すぎて入れません。
お湯は緑色です。

薬師の湯 熱すぎて入れません。 お湯は緑色です。

薬師の湯 熱すぎて入れません。 お湯は緑色です。

蓮華温泉駐車場。駐車台数9台。いままでこんなことはありませんでした。

鉱山道分岐。我々は右へ進路を。しかし、少し先で忘れ物に気づき、引き返しました。2キロの30分ロス。走ったのでこれが効いた。

瀬戸川橋 雨がポツポツと

ショウキラン

エノキダケ ひょうたん池横の切り株にありました。

白高地沢橋 既に疲労困憊。アルコール燃料注入。

道が整備されていて歩きやすいのですが、単調で意外と疲れる。贅沢な悩み。

かもしか坂を突破。 体力の50%消耗中。本日3回目のアルコール燃料注入。

花園三角点 平坦地はスルー。

シロウマアサツキ

この先、登り手前を右に折れると水場あり。少しこんもりしたところ。

ミヤマダイモンジソウ

白いタテヤマリンドウ

花園三角点方面を見る。

ユキワリソウ

オオサクラソウ

この付近は雪解けが遅いので、ユキワリソウが多い。 雷鳥らしき声が聞こえるが、姿が見えない。

青ザク 継続的にアルコール燃料注入中。水を飲めよな。

五輪の森 オリンピックとは関係ないと思うが。

シラネアオイ

朝日岳

シナノキンバイ

吹上のコル下の雪渓 後ろのねーさんは、我々を抜いていった猛者。

ハクサンコザクラ

吹上のコル 名前のとおり、風が吹き上げてきます。栂海新道の分岐。

朝日岳 何もないので早々に朝日小屋へ。

富山湾がはっきり見えます。

チングルマ

雷鳥様登場 ヒナを3羽連れていました。

朝日小屋 まだまだ遠いなー。

キヌガサソウの群落 この山旅でキヌガサソウをたくさん見ました。

サンカヨウ

朝日小屋到着 予定より1時間遅れ。本日の宿泊者は14名。キャンセル多し。

夕暮れの富山湾

一列に光るものは何か。山小屋の方も初めて見るとのことでした。

白馬岳方面 今日も天気は持ちそう

水平道は右に折れます。

最初の雪渓。ここが一番怖かった。フィックス張ってあるけれど。

ツガザクラ

このくらいの雪渓は楽。

サンカヨウ

水平道分岐 ここまで相当タイムを稼いだ。

リュウキンカ  かな?

小桜ヶ原

ハクサンコザクラ

モウセンゴケ

小桜ヶ原から朝日岳

ハクサンシャクナゲ まだまだ蕾があります。

ハクサンフウロ

ニッコウキスゲ

ツバメ岩

2日連続で我々を抜いていったねーさん。テント担いで速すぎ。

カラマツソウ  かな?

アカモノ

ミヤマムラサキ 稜線上にはいたるところに咲いていました。

雪倉岳のトラバース。持続力のない我が家のねーさん。ペースダウン。

アズマギク

タカネバラ

朝日小屋が遠くに見えます。

ムシトリスミレ 湿った土手にあります。

コマクサ 雪倉岳中腹から三国境まで咲いています。

大きいザックを背負ったねーさんパート2。 我が家のねーさんは、燃料切れで牛歩状態。

雪倉岳山頂 3回目の登頂で初めて展望に恵まれました。

蓮華温泉

三国境に向かいます。

ツクモグサがまだ咲いていました。

ウルップソウ 雪倉岳の南側にまだ咲いていました。

雪渓は4回渡ります。 朝日小屋で横着しないでアイゼンを装着するよう指導を受けました。そのとおり。

コバイケイソウ

鉱山道分岐 通れるのかどうか解らない。

三国境(みくにざかい) 雪倉岳と朝日岳 富山湾も見えます。

小蓮華山への稜線 燃料補給完了で爆走開始。

小蓮華山

白馬岳

白馬大池

大雪渓 登山者が見えます。

ハクサンイチゲ

ハクサンイチゲの群落

雷鳥様

栂池自然園

船越ノ頭

白馬大池

白馬大池山荘 空いています。最後のアルコール燃料注入。

蓮華温泉への下り。 このころまでは元気であった。

天狗の庭 ほとんど花は無し。珍しい。 アルコールが切れてきた。

雪倉岳 見納めです。カミさんに千切られた。

朝日岳 お世話になりました。

蓮華の森 もうじき到着です。

蓮華温泉 カミさんに10分差をつけられて到着。チューハイを飲むと速くなる。

仙気ノ湯 ちょうどよい温度。飲食禁止です。水を飲むために空き缶を持ってきました。

薬師の湯 熱すぎて入れません。 お湯は緑色です。