見えない鳥海湖を周回(御浜小屋での強風動画あります)

2016.07.17

活動詳細

詳しく見る
以前から予定していた釣友との山行。 一週間前に「雨でも行くよ~!」と言ってしまったので、雨予報にも関わらず僕にとっては2度目の鳥海山となった。 【山行日記】 ほぼ初めての登山となった釣友が、山友に変身した記念の日。 ほとんど単独だった僕にとって、長い付き合いの友と一緒に行けるなんてワクワク・ドキドキだったが、彼にとっては普段ほとんど歩くことがない仕事なので、不安がいっぱい?だったに違いない。 今回は、友人の体力を考慮して鳥海湖周回。 のんびり登っていたら、御浜下で何やら遭難者(病気だったらしい)が救助隊待ちに出くわした。 グループらしき人が登山者を誘導していたが、その時はすでに帰らぬ人となっていたのかもしれません。 まずはご冥福をお祈りいたします。 この後雨風が強くなって本当の悪天候になってしまい、絶景を見ることは出来なかったけど、また来る口実が出来たし、豊富な花の種類と数には圧倒された鳥海山でした。 下山後、駐車場では物々しい消防・警察関係の車がズラリ! 訓練なんて聞いてないよ~と近くの消防団?の方に聞くと本物らしい。マジィ? 登山中に遭遇した遭難者の人はすでに搬送されていないのに、まだこの方たちが残っているって何に事? と思っていたら、最初の人が搬送された後すぐ救助連絡が入ったとのことでした。 山頂から1時間ほどのところで骨折したらしいが、詳しいことは電話が不通になり分からないらしい。 僕の友人にとって、いや僕自身にとっても、この日登った山で遭難者が二人とは驚き以外の何物でもありません。 お気楽な気分で登る時もあるので、気を引き締めなければならないと感じた。 今回は一部はじめてのコースを通ったが、こんなガスで何も見えない時、スマホが故障して地図も現在地も分からなくなったら・・・と思うとぞっとします。 コースさえ外さなければ、分岐点名が記されている紙の地図があればなんとかなると思いますね。改めて次からの山行きは初心に帰る気持ちで臨みたいと思います。 【Smart Outdoor Watch WSD-F10の検証】 第2弾 今回はあいにくの雨でした。濡れたwatch、濡れた手での操作はどんなものか検証してみた。 「画面の拡大・縮小は音声入力対応が望ましい。またはwatchのサイドボタンに割り当てられると良い。」と前回は書いた。 特に手袋をしたまま操作できないことによるが、いま時はあまり手袋は必要ない。使用していたとしても外すことはそれほど苦にならないだろう。 厳冬期以外のシーズンではどうなのか。と言うこと。 watchを操作するには画面がタッチパネルであるため、濡れていると操作が困難になるのではないかと思っていた。 しかし、思いのほか使える。乾いているときよりは操作性がやや落ちるが使える。 今回は完全雨中での使用でしたが、「使える」と断言します(笑)。 地図の拡大・縮小で次の分岐までのルートを見たりできる。 ※静電式タッチパネルは水中では完全非対応です。 この雨中でも十分使用・操作できることで良い点はもっとある。 今のスマホのほとんどが防水性を確保しているが、やはり雨中では取り出したくないもの。 スマホのパッキンが劣化して防水性が無くなっているかもしれない。 濡れた手で滑り落としてしまうかもしれません。 万が一、スマホが壊れてしまったらどんな危険があるか考えたことありますか?現在地がわからない、ヤマップの地図が見られない。・・・ハイあなたは遭難者です。緊急連絡も出来ませんよ。 初めての山、ルート、地名なども良く分からない人ほど、ヤマップが重要なんです。 大切なスマホを壊さないよう大切にしなければなりません。 こういう時にwatchがあれば、スマホは大切にしまっておいて落とすことも無く、水濡れによる故障も防げると思います。 検証と言うよりwatchの宣伝になってしまいました。すいません。 ちなみにバッテリーの消費は最後の写真のとおり、前夜両方共満充電からの使用です。
前夜に撮った本庄・秋田市方面の夜景。
朝から雨。出発前から降ると気が重いですよね。
出発です。象潟口OK!。
すぐ絶景に到着。山頂はガスで見えませんけどね。
今回初同行の釣友です。山行に引き込みました(笑)。
いきなりあまり見たことない花が登場!。ヤマホタルブクロ。
ハイドレーションの不具合。すぐに直った(笑)。
一時止んだ雨もまた降り出す。
ミツバオウレン。
ショウジョウバカマ。
イワイチョウ。
チングルマ。
ヤバイ位のお花が咲いています。
オレンジ色に染まりました。
アオノツガザクラ。
まだ雪渓も残ってて登りま・・・せん(笑)。
ツマトリソウ。
ミヤマホツツジ?
この頃から本降りと言うか土砂降り///。
池塘もあったり。
休憩中の友人。
お花畑♪
川になってる///。
ゴゼンタチバナ。
これは何?
オバマではなく、オハマ到着。
いろんな花が咲いててスゴイです鳥海!
トウゲブキ。
ハクサンフウロ。
ハクサンシジャン。
これは何?2~3mm位。
地図確認。
御浜小屋脇で休憩。
もうちょっと先まで行きます。
このアングルに鳥海湖が写る予定だったのに。
斜面はお花畑♪
固有種のチョウカイアザミだね。
ウラジロヨウラク。
なんだろう?。クロトウヒレン?。
シロバナトウウチソウ。
ハクサンシャクナゲ。
今回のピークはここ、御田ヶ原(1759m)。
ホソバイワベンケイ。
ミヤマウスユキソウ。
ハクサンイチゲ。
分岐の確認。
はじめてのコースに入ります。
木道が続きます。雪渓もあるね。
まだ咲いてます。ヒナザクラ。
お花畑に見とれています???休んでいるだけかもね(笑)。
鳥海湖が・・・
こんな側に来ても見えません(泣)
アカモノ。
鳥海湖を周って御浜に戻りました。風速10m位かな?
なんじゃこりゃ(笑)。クサボタン?。
クガイソウ。
無事登山口に戻りました。
訓練か?と思って聞いたら本物でした。
バッテリーの消費(思い出したので帰り道に撮影)

動画

道具リスト

  • OLYMPUSデジタルカメラSTYLUSTG-3Toughブラック1600万画素CMOSF2.015m防水100kgf耐荷重GPS+電子コンパス&内蔵Wi-FiTG-3BLK

    オリンパス

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。