槍ヶ岳~北穂高岳~涸沢岳縦走

2019.07.12(金) 3 DAYS Nagano, Gifu, Toyama
ガス男
ガス男

活動データ

タイム

25:59

距離

32.3km

上り

7,077m

下り

7,068m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

憧れの槍穂への初挑戦。 当初はジャンダルムの予定でしたが、悪天候のためルートを変更。 槍ヶ岳から大キレットを越えて、涸沢岳まで縦走してきました。 【1日目】 雨の降る新穂高温泉からスタート。 この日は槍ヶ岳まで約2000メートル登らなければならず、重いテント泊装備に体力を削られます。(結局、疲労とテント場の強風にビビり、小屋泊にシフト) 途中で雨はやんだものの、ガスは晴れることはなく、景色も楽しめないしんどい登りが続きました。 初めての槍ヶ岳山頂もガスで真っ白でしたが、いつも眺めていた山頂に立てて嬉しかったです。 【2日目】 朝4時に出発し、南岳小屋に泊まっているaxxxamiさんと合流。 大キレットを越え、穂高岳山荘まで縦走した後、白出沢へ下山します。 この日も晴れたりガスったりの空でしたが、ガスの晴れ間に見せる穂高連峰の迫力には圧倒されました。 大キレットは緊張する箇所もありましたが、慎重に進めば問題ありませんでした。ただし、濡れている場合は行きたくないですね。 個人的には、大キレットより北穂高岳~穂高岳山荘間の方が難しかった印象でした。 【まとめ】 今回は岩稜帯中心のルートだったので、落石を起こさないことに細心の注意を払いました。結果、大きな落石を起こすこともなく、岩場を楽しめました。 また、梅雨真っ只中の不安定な天候にルート変更も余儀なくされましたが、時期的にまだ人も少なかったため渋滞等もほとんどなく、自分のペースで歩けました。 今回の充実した山行を自信に、ジャンダルムへのリベンジを誓いました。

【1日目】 雨&ガスの中スタート
まずは林道歩き
7/10に掛けられた滝谷の橋 ありがとうございます
徒渉はいつも緊張する
これ以上増水したら厳しくなる てかなぜそこだけへこんでる?
雪渓のトラバース
千丈分岐から槍ヶ岳までが長かった
稜線上は強風
槍ヶ岳山荘に到着したけど、何も見えん
一瞬だけガスが晴れ、姿を表した槍ヶ岳に興奮!
ガスガスだけど、とりあえず槍ヶ岳山頂へ
登りの登山道で一緒になったお兄さんに先行してもらった
山頂へのハシゴ
槍ヶ岳登頂!
滞在時間数分で下山
【2日目】 美しくも恐ろしい雰囲気
すぐにガスってきた
一瞬のガスの晴れ間に見れた、槍ヶ岳と朝焼け✨
大喰岳登頂!
東側はまだまだ雪渓が残る
中岳登頂!
ガスの雪渓歩きはルートを見失わないよう注意
常念岳、蝶ヶ岳
おはよう富士山🗻
南岳登頂! axxxamiさんと合流
南岳小屋にある大キレットの解説
南岳獅子鼻から眺める穂高連峰
大キレットが見えた
最低コルまで鎖場やハシゴが続く
雷鳥の親子に遭遇
癒しの時間♪
長谷川ピークに到着
ナイフリッジ ガスで高度感が軽減されるとは言え緊張する
目の前にそびえる北穂高岳の迫力が凄まじい
右側の急傾斜を下降する
ガスが晴れ、一気に高度感アップ
北穂高岳まで約300メートルの登り返し
歩いてきた稜線を振り返る
長谷川ピークの全貌
飛騨泣き
岩場のトラバース
槍が見えてきたらあと少し
北穂高小屋が見えた
落石を起こさないように
北穂高小屋のテラスからの眺めはガスに遮られる
北穂高岳登頂!
北穂高岳直下の雪渓のトラバースは、整備されていて安心
前穂高岳、奥穂高岳
奥穂高岳、ジャンダルム、西穂高岳
涸沢には色とりどりのテント ここから奥穂高岳方面に登ってくる人も多かった
足を置くポイントがほとんどなく、難易度の高かったところ
涸沢岳までのアップダウン
涸沢岳登頂!
奥穂高岳 待ってろよ!
穂高岳山荘から白出沢への下山が長くてしんどかった まずはガレ場を下る
「アビナイヨ」
そして雪渓の下りに手こずった この後、長い樹林帯と長い林道でヘロヘロになる

メンバー

類似する活動日記

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。