日本一の頂へ 富士山

2016.07.15(金) 2 DAYS
もっさん
もっさん

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

「富士山に登らないバカ、二度登るバカ。」という格言があるらしいですが…4年ぶり、4回目の富士山です。 今回は梅雨明け前の平日、雨の予報でしたが決行。 バスで5合目に登るにつれて晴れ間が見え、ご来光の可能性に胸が高鳴ります。 5合目を12時30分に出発。 登山道は8月のピーク時と比べるとガラガラ。ツアーの列に時折道を塞がれますが、大きな渋滞もなく、マイペースでの登山ができました。 宿泊は8合目、上江戸屋。17時過ぎに到着。 当日の宿泊客は50人程度とのことで、小屋番さんのご好意で2人で3人分のスペースをお借りすることが出来ました。 夕食はカレーとハンバーグ、水が一杯。 この高さで暖かいご飯にありつけるだけで感動です。 寝袋に入ってウトウトしていたところ、ツアー客の方に踏まれて0時30分、起床。 味噌汁を注文し、朝食の弁当を頂きます。 ツアー客が出発するのを見送り、小屋番さんとゆっくり会話。なんとこの小屋番さん、冬は北海道で流氷観光もやっているとのこと。いつか北海道でお会いしたいものです。 さて、ツアー客も途切れたところで2時20分、出発。 吉田口の山頂までは2時間弱。風も強くなく、寒さもそれほどでもなく、高山病の症状にも見舞われずに無事に到着。 ご来光をしっかり見届け、万歳三唱。4時半、お鉢周りへ出発します。 風が出てきたものの、天気は良く、一面の雲海を見ながら剣ヶ峰へ。 馬の背をようやく登って山頂へ向かいます。 通常、長蛇の写真撮影の列が出来ているのですが、この日並んでいたのはわずか4~5組。大変ラッキーでした。 一周したら、下山の支度がてら小屋で休憩です。 温かいココアで体を休め、ゲイター、ネックゲイター、埃除けのザックカバーを装着し、再度日焼け止めを塗り直します。 パートナーの体調を確認し、7時に下山開始。 下山道は水分補給ポイントが少ないため、再度上江戸屋に寄ってペットボトルを3本購入。 後は快調に飛ばして9時45分に5合目到着! 帰りのバスの到着が遅れて出発が遅れたものの、当初の予定通りに到着しました。 富士山は単調で決して面白い山ではありませんが、何度登っても「日本一に登った!」という、大きな充実感を与えてくれます。 大バカ野郎目指して来年以降もチャレンジしたいと思います(笑)

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす