トンボソウの開花を見たくて三郷山へ

2019.07.08 2 DAYS

活動データ

タイム

04:09

距離

3.8km

上り

210m

下り

208m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今回もいつもの爺の花散歩の備忘録ですので適当にスルー宜しくお願いします。m(__)m 先日来の頑固なオオバノトンボソウの開花が見たく、天気は何とか雨の心配もなさそうなので行ってきました。ようやく爺の説得に応じて頑固な蕾も開いてくれました。(笑) この日はすべては撮れませんでしたが沢山の昆虫にも会いました。中には何だろう?って不思議な昆虫も・・・最初は草の茎に付いたカビかと思ったのですが、動いているじゃないですか?白い綿の様な物を纏った7㎜くらいの昆虫。不思議だ!! 昆虫だけじゃなくマムシの目撃情報も聞いていたのですが、こちらとは出会わなかったのはラッキーでした。

沢山の虫を予想して今日はハッカスプレーに加え、10年程前に畑のコンパニオンプランツとして植えていたミントの葉っぱも手折って頭のタオルに縛っていきます。効果はどうだか・・・(笑)
アキノタムラソウ(秋の田村草)がお出迎え。
メドハギ(筮萩)
ヤマハギ(山萩)
アキカラマツ(秋落葉松)と初夏ですが秋を思わせる花が沢山咲いています。
ネジバナ(捩花)右巻きも左巻きも。
ネジバナは○○ランと名前は付ていませんがラン科ですのでランらしい花です。
咲いていました!飛んでいました!
オオバノトンボソウ(大葉蜻蛉草)長い距が特徴だそうです。トンボの尾の部分。
下からトンボのお顔を拝見。
小さくて美しい!
コクラン(黒蘭)も咲いています。
別の株も発見。こちらは咲いてか少し経っているようで距の先が黒くなっています。
こちらもお顔を拝見。(笑)
いつもの・・・にホソヒラタアブ
ナガバジャノヒゲ(長葉蛇の髭)
少し咲いている株も。
ヒメドコロ(姫野老)の雄花
ヒヨドリバナ(鵯花)はこれからです。ここには沢山あります。ただ、ウイルスによって葉っぱが黄色く変色した株も沢山見かけます。
ノギラン(芒蘭)は今が盛りです。
雄蕊の色がこの様に黄色いのとオレンジ色がありますが咲いてからの時間なのか株固有によるのか分かりません。
綺麗なオレンジの雄蕊。
お~~こちらも咲いている!ヤブコウジ(藪柑子)の花。
キノコでしょうね。
これが不思議な昆虫です。白い綿の様な物を纏っています。大きさは7㎜くらいです。これがちょこちょこ動くんです。
ザトウムシ、○○ザトウですが分かりません。何でしょうか?背中に何か乗っけています!
ナガバジャノヒゲ(長葉蛇の髭)咲いています。秋には美しい紺色のビーズで目を楽しませてくれます。
このキノコも小さくて美しい。
お~懐かしい!大きなミヤマカマキリ
小さな可愛いでんでんむし。
ノギランにホソヒラタアブ
コナスビ(小茄子)
ここでもムラサキニガナ(紫苦菜)に会えました。
沢山咲いていました。
ヒメドコロ(姫野老)の雌花。既に三角錐の団扇の様になっている実も!
いつもの・・・
ツチイナゴの幼虫かな?
頂上の四阿で今日はランチではなくおやつです。(笑)
ここからは北東方向が見えます。宮川の河口。
さあボチボチ帰ってお昼ご飯にしましょう。
お腹すいた~~!
ツチイナゴの幼虫君がまたね~~って言ってるようです。
ヒメヤブラン(姫藪蘭)今日も最後までお付き合いありがとうございました。m(__)m

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。