西山谷と紅葉谷と…

2019.07.07(日) 2 DAYS Hyogo, Osaka
ますぅ
ますぅ

活動データ

タイム

05:45

距離

11.1km

上り

992m

下り

857m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

渦森台 → 西山谷 → ガーデンテラス → 極楽茶屋跡 → 紅葉谷 → 蜘蛛滝・七曲滝・蟇滝 → 大谷渓谷 → 有馬温泉 久しぶりに天気も良さそうで山に行ける日曜日、特に行きたいコースもないなぁ💦と… そういう時、私の場合はやっぱり西山谷から、となりますね(^^;) 涼しいし、楽しいしね。 ※西山谷は、私は何度も歩いているので気軽に行ってますが、大変迷いやすくて危険なコースです。安易に入らないようにお願いします。 コース詳細は以前の私のレポを参考に。 もう迷わない! 西山谷完全ガイド【4訂版】? https://yamap.com/activities/76435 さて、西山谷は、今年に入って水量が少ない状態が続いていましたが、やはり梅雨どき、「普通」の状態に戻ってました。 西山谷を抜けてからは、ガーデンテラス〜極楽茶屋跡を通り、紅葉谷道へ。途中から蜘蛛滝方面への道に入り、蜘蛛滝・七曲滝・蟇滝を巡ってまた紅葉谷道に戻ります。 通行止手前の渡渉点から、先日歩いた大谷渓谷へ。今日の目的は、安全なアプローチルートを見つけること(^_^;)。渡渉せずに流れの左岸を進んでいきます。最初は踏み跡不明ですが、大堰堤(射場山砂防堰堤)の手前あたりから踏み跡が明瞭になってきます。 しばらく進むと、高塚の清水です。今日は湧き出し口を見てみましたが、前回よりも勢いが増したような気がします。 さらに進んで、二連の堰堤と古い小堰堤を越した所ぐらいから、大谷渓谷の核心部です。 ここで周囲を見回すと、右岸側に朽ちかけた木の階段があります。これがアプローチルートに違いないと見当をつけ、ここにザックを置いて空身で渓谷を下り、夫婦滝の落ち口まで行ってみました。 夫婦滝の下には、腰あたりまで浸からないと行けないので、今日はパスして、ザックの所まで戻りました。 大谷渓谷は短いながらもやっぱり風情のある、キレイな流れでした(^^) 結構な急坂を、朽ちかけた階段と張られたロープを頼りに登っていくと、通行止め区間の大崩落地のちょっと下に出ました。 あとはブラブラ歩いて有馬まで、と思ったら、ロープウェイ駅の手前でがっしりとしたバリケードに行く手を阻まれました。「絶対に通さへんでぇ」という固い意志を感じます💦 ふと見ると、山側に巻道ができています(^^;)これでバリケードを越え、有馬温泉で遅めのランチ、炭酸フレークを買って帰りました。 有馬は暑かった。やっぱり沢筋は涼しくていいのだ(^_^)v

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。