雲海の岩手山

2019.07.06(土) 2 DAYS
Suzuki Shingi
Suzuki Shingi

活動データ

タイム

15:46

距離

33.4km

上り

2190m

下り

2188m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 荒天続きの土日の合間を縫って現れた曇りの天気予報。幾分雨予報よりは期待でき、いつもより長い距離を歩きたいと思い網張温泉から奥産道を経て三ツ石山へ。三ツ石山荘に着いた僅かな合間だけ青空が見えました。ここから大松倉山を経て鬼ケ城コースで岩手山まで縦走。ガスが晴れず目的地が見えないまま彷徨い続けること数時間。鬼ケ城でようやく岩手山を望めました。この日は山開き後の土日のため八合目避難小屋は登山者で賑わっていました。  翌日、3時に爆風の中お鉢へ登り頂上で雲海から登る朝日を拝めました。快晴の日も好きですが早朝の雲海が広がる山麓を眺望できる曇りの日もお勧めです。

岩手山・黒倉山・鞍掛山 この情報過多のゲートが大好きなんです。「1年前から看板増えてるかな~どうかな~」と過去の写真と確認しましたが見事2枚ほど増えていました。
この情報過多のゲートが大好きなんです。「1年前から看板増えてるかな~どうかな~」と過去の写真と確認しましたが見事2枚ほど増えていました。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 三ツ石山荘で僅かな晴れ間が広がりました。山荘から景色を眺めるだけでもここに来た甲斐があります。
三ツ石山荘で僅かな晴れ間が広がりました。山荘から景色を眺めるだけでもここに来た甲斐があります。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 ここまでは舗装道路を歩くため右のワークマン製のサンダルを使用。これより先は登山靴に履き替え。
ここまでは舗装道路を歩くため右のワークマン製のサンダルを使用。これより先は登山靴に履き替え。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 大松倉山の稜線から。ガスが晴れれば景色も楽しめるはず…
大松倉山の稜線から。ガスが晴れれば景色も楽しめるはず…
岩手山・黒倉山・鞍掛山 大松倉山から姥倉山までは終始樹林帯とガスのため根気との戦いでした
大松倉山から姥倉山までは終始樹林帯とガスのため根気との戦いでした
岩手山・黒倉山・鞍掛山 ほんの僅かなガスの晴れ間を楽しみながら進みます。
ほんの僅かなガスの晴れ間を楽しみながら進みます。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 危険個所もガスがかかると普段と雰囲気が変わる。
危険個所もガスがかかると普段と雰囲気が変わる。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 今日の夕食。高野豆腐で作る麻婆豆腐。
今日の夕食。高野豆腐で作る麻婆豆腐。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 水少々に固形コンソメを少し入れて高野豆腐に味をしみ込ませます。その後は麻婆豆腐の素を入れて完成。
水少々に固形コンソメを少し入れて高野豆腐に味をしみ込ませます。その後は麻婆豆腐の素を入れて完成。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 今回もマッシュポテトをご飯代わりに使用。高野豆腐は軽くて保存がきき、高たんぱくのため縦走にも向きます。
今回もマッシュポテトをご飯代わりに使用。高野豆腐は軽くて保存がきき、高たんぱくのため縦走にも向きます。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 翌朝のお鉢から。山頂西側に雲海が広がり幻想的な光景に。
翌朝のお鉢から。山頂西側に雲海が広がり幻想的な光景に。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 鳥海山も綺麗に見えます。
鳥海山も綺麗に見えます。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 地平線ではなく雲海から登ってくるかのような朝日を拝めました。
地平線ではなく雲海から登ってくるかのような朝日を拝めました。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 天気予報は曇りですが早朝の時間帯はこの景色が見れました。
天気予報は曇りですが早朝の時間帯はこの景色が見れました。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 ここまで天候に恵まれるのは久しぶり
ここまで天候に恵まれるのは久しぶり
岩手山・黒倉山・鞍掛山 帰りも鬼ケ城から下ります。このコースを登る人は多くありませんが飽きるほどのアップダウンと両側に切れた稜線を歩けて展望も抜群です。それ故に危険個所もあり、長いコースなので通行の際は十分にご注意を。
帰りも鬼ケ城から下ります。このコースを登る人は多くありませんが飽きるほどのアップダウンと両側に切れた稜線を歩けて展望も抜群です。それ故に危険個所もあり、長いコースなので通行の際は十分にご注意を。
岩手山・黒倉山・鞍掛山 樹林帯まではこの景色を眺めながら歩けます
樹林帯まではこの景色を眺めながら歩けます
岩手山・黒倉山・鞍掛山 黒倉山まで来ると再びガスの世界に
黒倉山まで来ると再びガスの世界に
岩手山・黒倉山・鞍掛山 2日間とはいえ35kmも歩くと足にくるので文明の利器のお世話になりました。
2日間とはいえ35kmも歩くと足にくるので文明の利器のお世話になりました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす