令和初!今シーズン最初の木曽殿小屋の宿泊客になった日 百名山53座目 空木岳

2019.07.01(月) 2 DAYS Nagano
ふう
ふう

活動データ

タイム

14:49

距離

19km

上り

2,011m

下り

2,012m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

17時までには到着してくださいね そう予約の時に言われたのに 到着が17時を過ぎてしまった私達を 木曽殿小屋のご主人は 「大変だったでしょう」と労ってくださり 今シーズン最初のお客さんだから とたくさんのおもてなしをして頂きました 感謝✨感謝✨感謝✨✨✨ ご主人ど息子さんが用意してくださった 夕食でワインをちびちび🍷 私たち2人だけ 貸切状態の部屋で地図を広げ TJARのルートを指で辿りながら あっという間に眠りに落ちていきました *** 天気予報は雨のちくもり。そして強風。 千畳敷から稜線をたどって木曽殿小屋に1泊 翌日空木岳登頂する計画でした。 しかしこんな天気です。 最終の天気予報で幾分風がましになったので 悩みましたが、 池山林道からのピストンに変更しました。 駒嶺ヒュッテは土間の解放のみ シュラフ等は準備してきていないので 空木岳山頂を越え 予定通り木曽殿山荘に泊まることに。 これが功を奏して空木岳登頂を 可能にしてくれました。 木曽殿山荘に着いて聞いた話では 駒ヶ岳ロープウェイは午前中運休だったとか。 そういうわけで私達以外のお客さんはキャンセルで 小屋も貸切状態になったのです。 さてさてなぜこんなに到着が遅くなったのか? という事にちょっと触れておきましょう。 それは。。。 岡山から6時間運転してきて 朝6時ごろに登山口に着いたものの 眠くて眠くて とりあえず仮眠😪 そんでもって 落石等のため林道終点まで行けず スタートが遅くなってしまいました (その後すぐに落石は撤去された) そういう訳で到着があんな時間に… まぁ、今回の山旅で 体力不足と体重増加を実感したので (最近毎回書いているような…😅) 次回の北海道までになんとかしたい と思っています^ ^ 空木岳から木曽殿小屋までのルートは 岩の登下降です 鎖あり金属ステップあり強風あり ご安全に⛑ お花がたくさん咲いていて 素敵でしたよ 詳細は写真のコメントにて^ ^ *今日の反省会* ❶移動 各自自宅で仮眠し、深夜0時岡山を車で出発🚗 移動時間6時間で普段より短かった にもかかわらず 2人とも運転中から眠くて眠くて… 登山口に着いた時も 眠すぎて何も考えられないほどだった 自宅で2人ともほとんど寝付けず 移動が短いため眠れた時間が短かった (8時間の移動なら4時間弱仮眠できる) ☆次回から早めに出発して現地で仮眠する ❷到着時間の遅れ 仮眠する前に地図でコースタイムを確認 逆算して8時までの2時間仮眠したが 眠すぎて計算を間違い、到着時間が遅くなった。 いつもなら15時までには山小屋に着くように 計画するが 17時までにはという山小屋のご主人の話で 17時着でいいやという気持ちになった 眠気と、いろんな山を経験し慣れてきたための 油断があったと思う。 ❸地形図が読めていない 空木岳から木曽殿小屋までは 濡れた岩場となった 山行途中にたまたま山小屋から電話があり 岩場だから気をつけるようにと情報を得た 急な下りとは思っていたが 岩だと思っていなかった 雨も岩場も歩き慣れているので 問題はなかったが 山行前にもっと地図を読んでおく ❹そろそろツェルトを持参!

林道に落石があって林道終点に行けず
ここからスタート
お花シリーズ1 ギンリョウソウ
10分程で三本木地蔵
しばらく歩くと
林道終点に着いた ここから遊歩道を進む
お花シリーズ2 キバナノヤマオダマキ
お花シリーズ 3 コアジサイ
あちこち登山道を横切るショートカットのルートがある
鷹打場 遊歩道を行こうとしたら黄色のテープが張ってあって通行止め?ぽかったので引き返して登山道へ。
池山小屋のとこの水場 美味しかった♡
綺麗な樹林帯ですね
お花シリーズ4 タニウツギ 空木岳の名前の由来はウツギのお花らしいとききました
お花シリーズ 5 コウメバチソウ
お花シリーズ6 スダヤクシュ
お花シリーズ7 ゴゼンタチバナ
登り始めて気がついたこと。実は今日標高1600ぐらいは登らないといけないってこと。ひー😱
お花シリーズ 8 マイヅルソウ
マイヅルソウがたくさん咲いていました♡ 小さいからなかなか伝わらないなぁー
イワカガミが散った後のようです 標高でイワカガミの姿が違うのが面白かった
池山から登るのと、千畳敷から縦走するのとどっちが楽なんだろ〜とふと思う。
青空!!!これはもしかして??と期待が高まります
が…すぐにガスの中
はしごがちょこちょこ出てきました
うまくピントがあってないけど お花シリーズ9 オオバスノキ
白いのなんだろー 花?病気?
岩が出てきた
この辺りが大地獄かな?
岩場慣れしてる人ならなんてことないです
歩く予定だった稜線の方角
お花シリーズ10 カラマツソウ
ちらっと山がみえる🎶
壁のような階段
お花シリーズ11 タカネザクラ
空木岳が見えた!!!
あの奥に南アルプス!流石に富士山は見えないなぁ〜
稜線に出たら晴れました!!
景色がみえると俄然頑張れますね!
百名山53座目 空木岳登頂〜🎶
㊗️
イキナリ小屋のご飯。濃いめの味付けでお酒が進みます!おいしい〜💕
そして朝ごはん ごはんがおいしい🍚 食後のコーヒーが飲めるなんて幸せ☕️
お世話になった木曽殿山荘 木曽義仲がここを通って攻めたとか…おそるべし義仲
お話シリーズ12 タカネツメクサ 昨日時間がなくて撮れなかったお花が続きます
お花シリーズ13 ミヤマハタザオ お花を楽しみながら時間をかけて登りました
お花シリーズ 14 ツガザクラ
お花シリーズ 15 イワヒゲ
お花シリーズ 16 ミネウスユキソウ
お花シリーズ17 ハクサンイチゲ
昨日は体が浮きそうなぐらいの強風だったけど、今日はほぼ無風。昨日の風でも弱い方らしいです。
お花シリーズ 18 ミヤマダイコンソウ
お花シリーズ 19 イワウメ
お花シリーズ 20 コケモモ
こんなんあったらしい 笑
お花シリーズ21 イワカガミ 稜線上の子たちは色が濃くて大きい!
お花シリーズ 22キバナシャクナゲ
岩登りの始まり始まり
花崗岩?で濡れても滑りにくいのが救い
お花シリーズ23 なんでしょう?
お花シリーズ24 ミネズオウ イワヒゲとイワカガミも一緒に📸
ピンクのシャクナゲも♡
登りとうってかわってこの視界
ミネズオウがたくさん♡蕾が可愛い💕
お花シリーズ25 これも花に見えますが、なんでしょう❓
雪渓です
まだまだ岩場
山頂を過ぎ、駒嶺ヒュッテへ。この1畳程度の土間が解放されているみたいです
あっちには木曽駒からの縦走路がみえるはず
シャクナゲの蕾ですね♡
お花シリーズ26 ハクサンボウフウと思いきや葉が違う…ナナカマド のお花ですね〜
駒石 意外に簡単に登れそう〜
このクルリンパが可愛い〜 けどなんだ???
お花シリーズ 27 猩猩袴
お花シリーズ 28 シラビソの花
お花シリーズ 29 ツバメオモト?
お花シリーズ 29 なんでしょう〜
うすいピンクのイワカガミ
お花シリーズ 31 ツリフネソウ の一種かなぁ?
お花シリーズ 32 キバナノコマノツメ
南アルプスは雲の中
よく整備された登山道 ありがたや〜
お花シリーズ 33 オオカメノキの実
やっぱり駒ヶ根名物ソースカツ丼!!!明治亭なり
そして今読んでいる本📚

メンバー

類似する活動日記

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。