西穂高岳(2909m)の先へちょっとだけ行ってみた

2019.06.23

活動詳細

詳しく見る

今週末は仕事の都合で単身赴任地に滞在した山幸です。 恒例行事となってしまった😅「槍穂3000×8座縦走」の苦行に向けて体を慣らしに西穂高岳へ行ってきました。 今回は西穂高岳の先へ少し進んでみました。 その先は、容易に人を寄せ付けない厳しい世界でした。 先月発症した腰痛で筋力と柔軟性が著しく低下しているのを実感💧 岩ひとつ越えるたびに「よいしょ!」と声が出てしまう😅 結構疲れた💦 はたして3度目の槍穂3000m×8座への挑戦権を獲得できるのか?

しらかば平駅でロープウェイの始発待ち 朝は良い天気でした
笠ヶ岳
西穂高口からしばらく歩くと西穂高岳が木陰から見えた。 後方に曇が湧いてきた☁️
西穂山荘到着
霞沢岳 奥から雲が迫ってきたぞ☁️ 天気予報通りです
焼岳 こっちにも曇が近づいてきた☁️💦
あっという間に厚い雲☁️に覆われた
笠ヶ岳も時間の問題☁️
ガスに包まれるけど雨は降らない予報なので慌てず進みます
独標へ向かう
先の視界は不良ですが足元は明瞭なので不安ありません
ガスが晴れて眼下に上高地が見えた
こののスラブの先に西穂高の頂が待っています
ハイ! 山頂です ガスガスで展望ありません さて、 ロープウエイ最終便に間に合うところまで先に進んでみます。 ここから先は日本屈指の難関ルート 緊張します。
西穂高岳の先「P1」から見た西穂高岳山頂 見慣れている頂とは全く違う峻険な頂だ 信州側はハイマツに覆われ、飛騨側は崩落している
ガスが晴れて、間ノ岳の頂が見えました。 人を寄せ付けない岩稜が続いています。
残念ながら間ノ岳目前で時間切れです。 ここまでわずかな距離と時間でしたが、西穂高岳までとのルートとは比べ物にならない厳しいルートであることを体感できました。
さあ、戻りましょ! 手前は赤岩岳 霧に霞むのはP1
P1
ココはは左側の下部を巻いていきます
狭い足場をトラバースします
往路で思わず怯んだ垂直の鎖場! 下りはビビったけど 登りはまかしとき!
芥見権現山(岐阜市)の岩場で遊んでおいて良かった 下りは怖いが登りは楽しい!
西穂高岳に戻ると人がいて一安心😁
ほとんどガスの中、晴れるのは一瞬です 9峰~11峰(独標)
遠くからライチョウの声が聞こえるから逢えないかな~と思ってたら9峰直下でホンマに逢えた🎵😍🎵 1mの至近距離でも人を恐れぬ肝の据わったヤツ♂️でした👀
カメラ目線よこせ!
ちょっとだけこっち向いてくれた😍
無視された😢
岩稜帯を抜け ホッとする稜線😁
西穂山荘到着 日曜日のこの時間はお客さん少ないですね
これ何て花?
ミズバショウは判ります
ロープウェイ到着
新穂高ロープウェイ限定 モンベルTシャツですが 個人的にちょっと「頂」けないデザイン
ロープで一気に下ります。ダケカンバの新緑が美しい。 そういえば登りロープのガイドさんユーモア溢れるトークが良かったな~
まもなく下山
「しらかば平 神宝乃足湯」 硫黄臭が強く、湯の華豊富、しかも熱い! 足の疲れが吹っ飛んだよ
お疲れ山でした。 鍋平園地駐車場・無料(トイレ付) ロープウェイ乗り場から20分ほどです。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。