山友と白山禅定道・指尾山

2019.06.17(月) 08:27 - 2019.06.17(月) 15:53
Hakusan, Bessan, Choshigamine (Gifu, Fukui, Ishikawa)
白山禅定道、指尾山から1.5時間ほど登るとオオヤマレンゲが見れると言う、 行きませんかとお誘いを行ってきました。雨上がりの市ノ瀬に集まった山友16名。ワイワイガヤガヤと出発、少し歩き慣れた頃、白山釈迦岳との分岐の林道に到着。ここから梯子坂、濡れた岩は滑り、道の所々崩れている、おまけに急登、キツイです。ようやく尾根に出て小休止、道標にはシマイ馬場と手書きされている。ここから六万山までゆるゆると尾根を歩く。六万山から指尾山まで巨樹、巨岩の中を進む、ようやくなだらかな道に出たかと思う間もなくブナの大木が道をふさぐ。根元の藪をかき分け人、くぐり抜ける人、ようやく道に出る。スマホで確認するともう少しで指尾山頂、ゆるゆると尾根を歩く。やがて山頂に到着ここで昼飯、おやつを分け合いワイワイガヤガヤとにぎやかなこと。その後、 山頂で待つグル-プ2名、オオヤマレンゲをさがすグル-プ13名、に分かれ一行は出発。私は留守番役。1時間ほど過ぎた頃、山頂で待つグル-プ2名は下山開始。私は1人で留守番役、一服のコ-ヒ-と流れゆく雲を眺め過ごす。小一時間過ぎた頃オオヤマレンゲをさがすグル-プの1名が帰って来た。話によると一旦下り、登り返しがきついので途中で引き返して来た、 留守番役が居てくれてホッとしたと言う。ほどなく一行が到着、オオヤマレンゲはまだ蕾、道のりはかなりきっかったと言う。ご苦労さんでした。 私は先に下山した2人を追いかけるべく先に1人で下山開始。写真を撮りながら慎重に歩みを進めるも、2回尻もちをつきました。林道分岐で2人に合流 一安心、3人でゆるゆると歩き市ノ瀬に到着。 小一時間過ぎた頃全員集合。無事下山できて良かったです。私には山頂での時間は格別でした。

写真

吊り橋に一行が渡りだすと揺れる揺れる

吊り橋に一行が渡りだすと揺れる揺れる

二人静

二人静

二人静ご一行

二人静ご一行

林道分岐
ここから梯子坂を登る

林道分岐 ここから梯子坂を登る

ショウキラン

ショウキラン

ようやく尾根に到着
シマイ馬場と手書きされています

ようやく尾根に到着 シマイ馬場と手書きされています

ギンリョウソウ

ギンリョウソウ

六万山と書いてありましたが・・

六万山と書いてありましたが・・

巨岩の中、道を探してを行く-1

巨岩の中、道を探してを行く-1

巨岩の中、道を探してを行く-2

巨岩の中、道を探してを行く-2

巨岩の中、道を探してを行く-3

巨岩の中、道を探してを行く-3

ブナの大木、道をふさぐ

ブナの大木、道をふさぐ

ようよう山頂に到着

ようよう山頂に到着

今日の昼ご飯

今日の昼ご飯

コ-ヒ-と至福の時-1

コ-ヒ-と至福の時-1

コ-ヒ-と至福の時-2

コ-ヒ-と至福の時-2

コ-ヒ-と至福の時-3

コ-ヒ-と至福の時-3

巨岩の中、道を探してを行く-4

巨岩の中、道を探してを行く-4

巨岩の中の一輪

巨岩の中の一輪

巨岩の中、道を探してを行く-5

巨岩の中、道を探してを行く-5

今回新調したリュック

今回新調したリュック

崩れた登山道-1

崩れた登山道-1

崩れた登山道-2

崩れた登山道-2

林道で先行した2人に合流

林道で先行した2人に合流

無事下山・市ノ瀬に到着

無事下山・市ノ瀬に到着

今回見たかったオオヤマレンゲ・知り合いの庭で

今回見たかったオオヤマレンゲ・知り合いの庭で

道具リスト

  • コンパクトデジカメ AW130

    Nikon

  • アミカスクッカーコンボSOD-320CC

    SOTO

    Amazonで見る

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。