新緑の百々ヶ峰へ(松尾池直登ルート⇒三田洞)

2019.06.16 日帰り Gifu

活動詳細

もっと見る

週末は本当は燕岳(小屋泊まり)を予定していて燕山荘もバッチリ予約していたにもかかわらず、ちょうどのタイミングで台風みたいな低気圧が北アルプスを通過して合戦尾根稜線上の風速が20m超えそうな勢い・・・。合戦小屋より上はまだ雪が積もっているけど軽アイゼン等で対応できそうなのは先週の夏山フェスタで小屋の人から直接聞いたものの、雪になれてないのにそんな強風にすっとばされるとか、強風による低体温症で危機になるとかはあまりにリスキーだろうという判断で、本当に泣く泣く断念。自分の気持でも落ち着かなかったが、燕山荘にも泣く泣くキャンセルを入れた。おまけに、ショックのせいか、土曜日に鼻かぜでくしゃみが止まらなくなるし・・・(すいません、単に体調管理できてないだけ?)。ちなみに、昨年9月も燕岳登山を台風で断念したことがあり、今回は2回目です。北アルプスの女王から嫌われてるのかしら・・・。 でも、自然相手である以上しょうがないと気を取り直して、7月にリベンジすることに。山は逃げません、近づく努力をすれば期待に応えてくれる(先週の夏山フェスタで学んだこと)。今度は行けるように祈ります。 とはいえ、気持ちの整理がつかずモヤモヤ・・・。山のモヤモヤは山で解消するしかないということで、日曜日に行ける山を探してみる。低気圧通過後でそこそこの高さの山は山頂の風が強そうなので、低めで風が強くなく雨が降らなさそうな山として、百々ヶ峰を選択。百々ヶ峰は今まで冬の時期しか来たことなかったので、この時期の新緑の百々ヶ峰を積極的に楽しんでみたいなぁと思いました。 最初に百々ヶ峰に登ったのが松尾池からの直登ルートで、今回は久々にこのルートでの登り。登山口の松尾池では、バードウォッチャーな方々がヤマガラさんの写真撮ってました。このルート、さほど厳しい岩場ではないものの、下界の展望が良い道。白山や御嶽・乗鞍が見えれば白山展望地に行こうと思ったけど、今日は曇りでよく見えないので、山頂で昼食とって遊歩道のトイレに寄って、西峰へ。今回は行ったことのない西峰の先の反射板のところまで行ってみた。岐阜城のある金華山が少し近くに見える感じ。西峰に戻る途中にヤマザクラ道の入り口を発見し、ヤマザクラの時期に来てみたいなぁと思いました。 西峰からは三田洞キャンプ場のほうへ下山。いろんなお花が見られていいですね。下山後に三田洞弘法にてお礼参り。お寺の池の蓮の花もきれいでした。 お天気もなんとか持ったし、いい山行になりました。気分のリフレッシュもできたし、初夏の百々ヶ峰を満喫しました。来月の燕にむけてまた山修行しなければ!人事を尽くして天命を待ちましょう。

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。