百名山制覇の旅〜荒島岳(勝原コース)〜

2019.06.15(土) 2 DAYS Fukui
雪の雫
雪の雫

活動データ

タイム

08:51

距離

8.7km

上り

1,300m

下り

1,313m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

年間2座のスローペースになりつつある、百名山制覇の旅に行ってまいりました 今回も北海道のお姉さまたち、いくこさんとお師匠さまとの旅です お師匠さまは今回でなんと97座目!なんとしても今年ですべて制覇するためにいくこさんと二人三脚で頑張っております! 今回の荒島岳は福井県にあり、大阪からのアクセスがちょうど良さげという事で、我が家の最寄りの伊丹空港からスタートとなりました 前泊後泊の無理のないプランにし、時間にゆとりがあったので、初日は永平寺という有名なお寺さんに立ち寄り、旅を満喫♪ 神社仏閣に興味を持たない私でもお寺の凄さが伝わる立派なところでした☆ さて前泊後泊とお世話になったのが、勝原コースから最寄りの宿・林湊さんです 親切で優しく人懐っこいおばあちゃんが切り盛りしているようで、滞在中はとても良くして頂きました 最初の部屋への案内役はなんと小学生のお孫さん2人がお手伝いしてくれるという、アットホームな宿です☆ 明日の天気予報とおばあちゃんのお話では、雨風ともに強くなる予報で、とても登山できる様な天気ではなさそうとの事、、、💦 もうハナから登るのは難しいと諦めて、翌日は早々に大阪に戻って食い倒れ観光だね〜と話しておりました そんなこんなで登山当日の早朝、、、 小雨で風がビュービュー吹いてる、、 てんくら・雨雲レーダー・GPV・ウェザーニュースなどなど思いつく天気予報全てとにらめっこした結果、、、 よし!様子見で行ってダメならすぐに引き返しますか!!とゆー事で決行する事になりました! 行くと決めたからには、気合いを入れて頑張ります 勝原コース駐車場は少し分かりにくい道ですが、Googleナビなどでなんとなく辿り着けます 駐車場には水洗トイレと登山届を出す電話ボックスあり 飲み水はありませんので、勝原駅横の公民館の自動販売機と飲料用の水道が最寄りです 登山届を出していざ出発! まずは元カドハラスキー場のコースを登り、登山口を目指します スキー場跡地に敷かれたアスファルトの坂を登り、途中から登山道らしい岩ゴロゴロのくねくね道を登ります 50分ほど登って旧リフト終点の跡地が見えて、やっと登山口へ到着です この時には小雨はすでに止んでいて蒸し暑かったけど、強風のおかげでクールダウンできていました ここから先はシャクナゲ平まで地味な登りが続きます 途中からは半分崩れかけている歩幅の合わない階段が永遠と続きます(^^;; 唯一の癒しは案外、色々なお花が咲いていて見飽きないところとブナの原生林が素晴らしいところでした お花の名前はお師匠さまが全て教えてくださったのに、1週間後の今この投稿を書いている時点で全て忘れました(;´д`) そんなこんなでシャクナゲ平に到着 ここは他のコースとの分岐点でもあります シャクナゲ平からはいったん下って登り返しになりますが、トムラウシや高妻山のアップダウンに比べれば大した事ありません この先はもちが壁という急登になりますが、要所要所にロープや鎖があるのでほとんど問題なく登って行けます 前荒島岳からは稜線となり、この日は風速20m超えの強風でしたが、笹などの草木が案外背丈があって風をしのいでくれました そしてなんだかんだで始めは登る事さえ諦めかけていた荒島岳山頂に登頂しました! もちろん、山頂は私たち3人で貸切です!! 心配していた雨もほとんど降られず、風も耐えられる程度で、展望も360°バッチリでお隣の百名山である白山もハッキリ👍 この辺の山に詳しくないのでその他の山は全く分からないのが残念なところ、、、💦 何がともあれ、お師匠さまの97座目も無事に登頂できて安心しました! 下山は来た道をピストンでゆっくり確実に降りました 下山後に甘くて冷たいモノでも食べたいね〜♪(私は冷たくてシュワっとする泡の飲み物、、、🍺)って事で、車に乗り込んで最寄りの町に向かう途中で突然、大粒の雨がザァーザァーと降り出したと思ったらピカッと光り、ゴロゴロゴロゴローっと雷まで鳴り始めました⚡️ まるで私たちの下山まで雨雲が待っていてくれたようでびっくりでした‼️ お師匠さまの百名山制覇の旅、残り全てにお供できませんがラストの1座にはお供して盛大にお祝いしたいです🥂 しかしこの年2ペースだと、 自分のラスト1座はいったいいつになる事やら、、、(・_・;

メンバー

類似する活動日記

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。