2019年6月8日 休日の山歩😋〜須磨アルプス〜

2019.06.08

活動詳細

詳しく見る
トレック 番外編 休日ですが子供達も学校休みなので、山行は無し。 息子の野球の試合日(須磨区総体)なので観戦に行く事に。妻と現地(試合会場)待ち合わせの約束をして、"散歩に行ってくるわ!"とザック背負って出かけました。😄 高取山に登り、ずっと気になっている月見茶屋へ 行って"餃子🥟"を食べたいなぁとも思いましたが、 時間が中途半端。→次の機会にしよう! という事で須磨アルプスに決定! 自宅からそれ程遠くない事もあり、一人では勿論、 家族でも何度も歩いた馴染み深いコースです。 自宅に程近い白川峠からスタート。ここは源平合戦の際 激戦地となったそうで、現在も慰霊の忠魂碑があります また、今回のコースには"一ノ谷の坂落とし"が行われた とされる場所もあり、ほんの少し歴史に触れる事も出来ます。土曜日という事もありますが、多くのハイカーとすれ違いました。山頂では少し話しもさせて頂く事が でき、長閑な山歩となりました。 山歩の後は妻と野球観戦⚾️して帰りました。 因みに試合は4-3(延長タイブレーク)で息子の学校が 勝利🏅→中学野球もタイブレーク制なんですね(・・ すみません😅野球マニアックな話でした) 息子も3塁打、2塁打と勝利に貢献できた様で あー良かった良かった! →ただ調子に乗らん様に今晩シメときます!👊
白川峠からスタート
日常の暮らしの中で・・ 山は身近な存在である。
須磨アルプスで見つけた花① ガクアジサイ
横尾山を眺めて
横尾山から東山へと続く稜線
旗振山が見えます。
息子がトライヤルウィークでお世話になってます
ここから旗振山方面へ
ここを上がります。
須磨アルプスで見つけた花②
歩道橋を渡って住宅街を歩きます。
この歩道橋を渡れば高倉山の取付
こんな感じ
須磨アルプスで見つけた花③
ここで六甲全山縦走路に合流。
旗振山に向かいます。
この木段を登り・・・
この石段を登って鉄拐山へ
鉄拐山山頂
須磨アルプスを眺めます。
渡り蝶🦋がいるんですね。
山頂からの眺望
鉄拐山は源平合戦の際 あの"逆落とし"が行われた場所と云われます。
いつものポーズ
見慣れた神戸の街並みを・・
天気悪い・・ポツポツ来ました☔️
ここを下ります。
一ノ谷の坂落としについて・・
分かりにくいのですが、そこそこの斜度。 馬が武者を乗せて駆け下りた?🐴
旗振山山頂
旗振茶屋🚩
山頂からの眺望
淡路島を眺めて。
旗振山(253m)
紫陽花もまだまだですね。
鉢伏山まで脚を伸ばしましょう。
この分岐を右に。
紫陽花①(鉢伏山山頂)
紫陽花②(鉢伏山山頂)
まだ・・?
須磨浦山上遊園案内図
須磨浦カーレーター 昔、妻とデートで乗った事もあったなぁ💕
鉢伏山山頂
須磨アルプス縦走路
この方達、裸足です😱
縦走路からの眺望
こんな感じ
ここを下りて高倉山方面へ
須磨アルプスで見つけた花④
おっしゃる通り!
須磨アルプスで見つけた花⑤
六甲全山縦走路案内図。→年季入ってんなぁ
おらが茶屋
高倉山山頂
山頂からの眺望
山頂からの眺望②
ここ全縦大会時の渋滞ポイントです。
栂尾山方面へ
有名な400階段。
さぁ登りますか!
旗振山・鉢伏山を振り返って
こんな岩場もあります。
息子がチビの頃、ここでクライミングの 真似事をさせて遊んでました。🤔
栂尾山山頂の展望台
こんな感じ
雑木林の中を・・
横尾山山頂
二等三角点(須磨)
こんな感じ
高取山(→月見茶屋行かなあかんなぁ)
ここを抜けると・・・
馬の背だー!!
いつ来てもいい感じです!
馬の背からの眺望
北側は眼下に住宅街
風化も進んでいる様ですが・・
良いねぇ〜🤗
はいっ パチリ!
もう一枚
水野町方面は通行禁止。
ここを登ります。
ここで田中陽希さんと写真撮ってもらいました。
隙間から覗む
振り返って。
名勝 馬ノ背
我が子も幼稚園の時、ここ一人で渡れず・・ 思い出すなぁ😉
もう一度振り返って
こんな感じ
所々でベンチがあります。
この木段を登って・・
東山山頂
山頂から馬ノ背を眺める
歩いてきた稜線
妙法寺へ下ります。 草生えすぎやろ!
青虫🐛 一生懸命進んでました。
ツツジはもう終わりかな。
またポツポツと・・☔️
ここを下ります。
須磨アルプスで見つけた植物
須磨アルプスで見つけた花⑥
須磨アルプスで見つけた花⑦
横尾道
最後の下り。
須磨アルプスで見つけた花⑧
全山縦走路は右へ。
地下鉄 妙法寺駅前
息子の野球⚾️試合会場でゴール

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。