甲斐駒ヶ岳 日向八丁尾根より周回<六合石室1泊>

2019.06.01(土) 3 DAYS Yamanashi, Nagano
ぽろ
ぽろ

活動データ

タイム

19:18

距離

23.3km

上り

2,997m

下り

2,999m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

前々から温めてきたプランを決行。日向八丁尾根は矢立石を起点に大岩山に至る尾根で、そこから先は八丁尾根となり三ツ頭まで続いています。廃道と化していたルートが近年 七丈小屋の管理人さんによって整備が完了したそうで、今回ありがたく使わせて頂きました。歩いてみてマーキングは明瞭、鎖やロープ、梯子の設置などしっかりしており、特別危険な箇所もなく歩けるコースになっていました。管理人さんに大変感謝です。 ただ行程は距離・アップダウン量ともに半端ではなく、体力的にはかなりタフなルートになっています。日帰りのレポを参考にしましたが自分には無理そうなので六合石室1泊プランにアレンジ。それでも初日は本当にきつくて後半はバテバテでした💦 天気には恵まれて2日間なかなか清々しい山行になりました。 ◇ルート 1日目:尾白川渓谷駐車場➡️矢立石登山口➡️日向山➡️鞍掛山分岐➡️大岩山➡️烏帽子岳➡️三ツ頭分岐➡️六合石室 2日目:六合石室➡️甲斐駒ヶ岳➡️七丈小屋➡️笹の平分岐➡️尾白川渓谷駐車場 *六合石室がチェックポイントに出てこないので前後のCT補足しておきます。 三ツ頭分岐➡️六合石室 0:40 六合石室➡️甲斐駒ヶ岳 1:50 *甲斐駒から先は二本剣から七丈小屋にかけて残雪あり。特に御来光迎場から七丈小屋にかけてはまだ冬道なので軽アイゼン推奨です。 ◇六合石室 *室温は明け方で5℃。シュラフはモンベルのダウンハガー800 #3で快眠できました(冬用インナー+登山着を着用) *六合石室そばの水場は未確認です。入口はすぐ近くの白砂利の広場にありました。 *au電波ギリギリ入ります。

出発の朝、小淵沢駅から甲斐駒ヶ岳。天気良さそうです。
5時半 尾白川渓谷駐車場から出発です
まずは日向山へ
新緑がきれい
矢立石登山口に到着。標準CT通りの50分。全然巻けなかった。。😖
ヤマツツジの花が鮮やか
ズミ(桷)の花ですかね。新緑に白が映えます
天空の砂浜 日向山に到着です。不思議な空間が広がっています
甲斐駒ヶ岳もばっちり✌️
だいぶ巻けたのでゆっくり🍙たべて再出発。砂の斜面を下ります
痩せ尾根の通過などあり道はややハードになります
鞍掛山が見えてくると分岐まであと少しです
鞍掛山分岐に到着。引き返し判断のポイントですがオンタイムなので先に進みます。しかしここまでの登りがハードでだいぶ疲れてしまいました。この先ペースを維持できるか心配です😥
人気もなくなって少し寂しい感じになってきました。結局ここから先は甲斐駒ヶ岳山頂まで誰とも会わず
断続的に急坂の直登があってあまり楽はできず
鋸岳が見える
大岩山に到着です💦ちょっと休みます
大岩山の先は崖のような急斜面の下りになっています。よくここに道を通したなあという感じ。七丈小屋の管理人さんには本当に感謝です
こんなところを下ってきました
コルには1張分の幕営適地あります
イワカガミはまだ開花前のもよう
花崗岩に苔と木が張り付いたような道が続きます
アップダウンが結構あって疲れる。。休憩も多くなってきました😩
バイカオウレン(梅花黄蓮)の群生に少し癒されます
烏帽子岳の登りが見えてきました
樹林帯が途切れていよいよ核心部へ
剥き出しの岩場が荒々しい
再び樹林帯に入り直登コース。ここの残雪が腐っていて大変でした
目の前の甲斐駒に感激。やっとここまで来ました
あとは緩やか。烏帽子岳まで岩場を渡っていきます
烏帽子岳に到着。甲斐駒ヶ岳から鋸岳に伸びる稜線を眺めながら、今夜の宿はあの辺りかなぁなんて考える
仙丈ヶ岳もよく見えています
こちらは鋸岳。あんなところ歩けるのだろうか。。
三ツ頭分岐
甲斐駒ヶ岳に向かって稜線を行く。ちょっと枝がうるさい区間です
急に開ける砂地の空間。ここまで来ると六合石室はもう目の前です。水場の入口もここにあります
六合石室に到着。稜線の道からは少し外れた位置にあります
中は広々。板間はあまりきれいではないのでグランドシートを敷いて対応しました。結構隙間が多いので雨風強いとちょっと心配です
翌朝の中央アルプス。冷え込みも思っていたほどではなく、よく眠れました
甲斐駒ヶ岳までは急な岩場の連続です
雲海に浮かぶ八ヶ岳。右は金峰山あたりかな?
山頂の祠が見えてきました
左右に伸びる手前の尾根が昨日登った日向八丁尾根ですね
甲斐駒ヶ岳に到着です🎉 先にソロの方が1名くつろいでいました
北岳ばっちり見えました。空は曇っていますが空気は澄んでいます
こちらは仙丈ヶ岳
そして富士山🗻
午後からは天気が崩れる予報なので早々に黒戸尾根を下ります。二本剣あたりから残雪あり
お決まりの構図。でもかっこいい
ルンゼは積雪ありません
ご来光迎場
この辺りはまだ梯子が埋まっていて冬道です。軽アイゼン推奨
七丈小屋でいっぱい🍺 雪のせいか山頂から2時間もかかってしまった。。
クモイコザクラ(雲居小桜)。まだ残っていました
5合目小屋跡のレリーフ
黒戸山の登り返しは毎回堪えます💦
でも登りきると苔と花の癒しスポットです
刀利天狗の祠。だんだんガスが濃くなってきました。天気もつかな。。。
刃渡り付近はミツバツツジがきれいでした
笹の平分岐まで下りて来ました
ヤマツツジ?
橋を渡って13時前に駐車場に到着。おつかれさまでした~

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。