岩場好きにはたまらない 芦屋地獄谷~キャッスルウォール~六甲山最高峰

2019.06.02(日) 日帰り

フォロワーさんのレポを見て、行きたかったピラーロック。  今日は岩場トレーニングも兼ねて、芦屋地獄谷~キャッスルウォール~六甲山最高峰へ。  芦屋地獄谷は沢沿いに歩いていきますが、厳しいと思う人向けに迂回路がありました。沢沿いにガッツリ岩登り。ゴルジュに岩場にわくわくが止まりません。A懸垂岩を登ってみましたが、次回は安全も考えて迂回路にします! 1度登っちゃうと引き返すのは難しいです! 迷い迷い、着いたピラーロックは迫力がすごく来て良かったと実感しました✨もう、行く道は迷わず行けそうです🙋 続いて、キャッスルウォールへ。キャッスルウォールへ行くまでのルートもゴロゴロの岩場を登っていきます❗️ キャッスルウォールも登ってみましたが、頂上を前に足場が以前から崩れてたようでパニック🌀😱 どうしようかあたふたしましたが、右側の平らな岩場に移れたので間一髪でした(TT) 次から迂回路に行きます( ;∀;) 熟練者向けですね(TT) って思いつつも、次行くときも登ってしまうんだろうな😅  七石衛門岩は思ったよりも岩棚の隙間が狭くリュックの問題がありましたが、あとから来られたご夫婦に助けていただきました。ありがとうございました<m(__)m>

今日は阪急芦屋川駅からスタート

今日は阪急芦屋川駅からスタート

今日は阪急芦屋川駅からスタート

標識に従う

標識に従う

標識に従う

コモチマンネングサ

コモチマンネングサ

コモチマンネングサ

ロックガーデン入口

ロックガーデン入口

ロックガーデン入口

高座の滝 ちょうどラジオ体操されていました

高座の滝 ちょうどラジオ体操されていました

高座の滝 ちょうどラジオ体操されていました

地獄谷方面へ

地獄谷方面へ

地獄谷方面へ

ゲートロックを越え、右側の沢沿いへ

ゲートロックを越え、右側の沢沿いへ

ゲートロックを越え、右側の沢沿いへ

沢沿いにミニ滝に癒されます

沢沿いにミニ滝に癒されます

沢沿いにミニ滝に癒されます

赤と緑の岩場を登ります

赤と緑の岩場を登ります

赤と緑の岩場を登ります

滑りやすいので注意して岩場を登る

滑りやすいので注意して岩場を登る

滑りやすいので注意して岩場を登る

迂回します

迂回します

迂回します

ここの沢を登ります

ここの沢を登ります

ここの沢を登ります

ゴルジュ

ゴルジュ

ゴルジュ

ここの岩いい感じ

ここの岩いい感じ

ここの岩いい感じ

もうすぐA懸垂岩です

もうすぐA懸垂岩です

もうすぐA懸垂岩です

A懸垂岩 登れないことはないですが、迂回することを薦めます
1回登ってしまうと降りるのが困難です😓

A懸垂岩 登れないことはないですが、迂回することを薦めます 1回登ってしまうと降りるのが困難です😓

A懸垂岩 登れないことはないですが、迂回することを薦めます 1回登ってしまうと降りるのが困難です😓

次回は迂回路を選択します

次回は迂回路を選択します

次回は迂回路を選択します

B懸尾根 このあたりはルートがややこしいです

B懸尾根 このあたりはルートがややこしいです

B懸尾根 このあたりはルートがややこしいです

頂上に登ってみました

頂上に登ってみました

頂上に登ってみました

今からピラーロックに向かいます

今からピラーロックに向かいます

今からピラーロックに向かいます

噂のメタボ検診

噂のメタボ検診

噂のメタボ検診

モチツツジ

モチツツジ

モチツツジ

ここ登ると…

ここ登ると…

ここ登ると…

狭っ!!!  迂回は出来るのでご安心を♪

狭っ!!! 迂回は出来るのでご安心を♪

狭っ!!! 迂回は出来るのでご安心を♪

ここ登って上に行きましたが、途中でルートが分からず、引き換えし迂回路へ

ここ登って上に行きましたが、途中でルートが分からず、引き換えし迂回路へ

ここ登って上に行きましたが、途中でルートが分からず、引き換えし迂回路へ

やっと行けたピラーロック✌️

やっと行けたピラーロック✌️

やっと行けたピラーロック✌️

分岐点に来て、すぐのところにある

分岐点に来て、すぐのところにある

分岐点に来て、すぐのところにある

キャッスルウォール方面へ

キャッスルウォール方面へ

キャッスルウォール方面へ

標識に従い、キャッスルウォールへ

標識に従い、キャッスルウォールへ

標識に従い、キャッスルウォールへ

ゴロゴロ岩を登ります

ゴロゴロ岩を登ります

ゴロゴロ岩を登ります

キャッスルウォール

キャッスルウォール

キャッスルウォール

ここから登るの危険ですね😓 頂上付近の足場がなくなっているため、迂回することをおススメます🙇 熟練者向けですね!

ここから登るの危険ですね😓 頂上付近の足場がなくなっているため、迂回することをおススメます🙇 熟練者向けですね!

ここから登るの危険ですね😓 頂上付近の足場がなくなっているため、迂回することをおススメます🙇 熟練者向けですね!

偶然私が登ってるのを見た人の話では以前は登れたそうです😵
今回は何とか無事登れました😓

偶然私が登ってるのを見た人の話では以前は登れたそうです😵 今回は何とか無事登れました😓

偶然私が登ってるのを見た人の話では以前は登れたそうです😵 今回は何とか無事登れました😓

岩梯子

岩梯子

岩梯子

七石衛門岩
リュックは小さめの物で登るのが無難です

七石衛門岩 リュックは小さめの物で登るのが無難です

七石衛門岩 リュックは小さめの物で登るのが無難です

七石衛門岩からの展望

七石衛門岩からの展望

七石衛門岩からの展望

テーブルロックからの展望

テーブルロックからの展望

テーブルロックからの展望

ここでなぜかルートミス(TT)

ここでなぜかルートミス(TT)

ここでなぜかルートミス(TT)

ルートミスで見つけた💦
展望がよい ✨

ルートミスで見つけた💦 展望がよい ✨

ルートミスで見つけた💦 展望がよい ✨

魚屋道へ

魚屋道へ

魚屋道へ

魚屋道はコアジサイが満開です

魚屋道はコアジサイが満開です

魚屋道はコアジサイが満開です

本庄橋

本庄橋

本庄橋

岩登りの後の六甲山最高峰を目指すのは、めちゃキツすぎました😭

岩登りの後の六甲山最高峰を目指すのは、めちゃキツすぎました😭

岩登りの後の六甲山最高峰を目指すのは、めちゃキツすぎました😭

ベニウツギ

ベニウツギ

ベニウツギ

イヌガラシ

イヌガラシ

イヌガラシ

ツルキツネノボタン

ツルキツネノボタン

ツルキツネノボタン

昼食をとっていつもの六甲山最高峰へ
体力残っていません😑

昼食をとっていつもの六甲山最高峰へ 体力残っていません😑

昼食をとっていつもの六甲山最高峰へ 体力残っていません😑

コゴメウツギ
花びらが透明😊

コゴメウツギ 花びらが透明😊

コゴメウツギ 花びらが透明😊

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ

ヤマアジサイ

コアジサイ(青)

コアジサイ(青)

コアジサイ(青)

シロバナコアジサイ

シロバナコアジサイ

シロバナコアジサイ

愛宕山  展望なし...

愛宕山 展望なし...

愛宕山 展望なし...

有馬温泉  多くの外国人で賑わっていました!

有馬温泉 多くの外国人で賑わっていました!

有馬温泉 多くの外国人で賑わっていました!

帰りは神鉄に乗って帰ります♪
楽しかったけど、疲れたー💫

帰りは神鉄に乗って帰ります♪ 楽しかったけど、疲れたー💫

帰りは神鉄に乗って帰ります♪ 楽しかったけど、疲れたー💫

今日は阪急芦屋川駅からスタート

標識に従う

コモチマンネングサ

ロックガーデン入口

高座の滝 ちょうどラジオ体操されていました

地獄谷方面へ

ゲートロックを越え、右側の沢沿いへ

沢沿いにミニ滝に癒されます

赤と緑の岩場を登ります

滑りやすいので注意して岩場を登る

迂回します

ここの沢を登ります

ゴルジュ

ここの岩いい感じ

もうすぐA懸垂岩です

A懸垂岩 登れないことはないですが、迂回することを薦めます 1回登ってしまうと降りるのが困難です😓

次回は迂回路を選択します

B懸尾根 このあたりはルートがややこしいです

頂上に登ってみました

今からピラーロックに向かいます

噂のメタボ検診

モチツツジ

ここ登ると…

狭っ!!! 迂回は出来るのでご安心を♪

ここ登って上に行きましたが、途中でルートが分からず、引き換えし迂回路へ

やっと行けたピラーロック✌️

分岐点に来て、すぐのところにある

キャッスルウォール方面へ

標識に従い、キャッスルウォールへ

ゴロゴロ岩を登ります

キャッスルウォール

ここから登るの危険ですね😓 頂上付近の足場がなくなっているため、迂回することをおススメます🙇 熟練者向けですね!

偶然私が登ってるのを見た人の話では以前は登れたそうです😵 今回は何とか無事登れました😓

岩梯子

七石衛門岩 リュックは小さめの物で登るのが無難です

七石衛門岩からの展望

テーブルロックからの展望

ここでなぜかルートミス(TT)

ルートミスで見つけた💦 展望がよい ✨

魚屋道へ

魚屋道はコアジサイが満開です

本庄橋

岩登りの後の六甲山最高峰を目指すのは、めちゃキツすぎました😭

ベニウツギ

イヌガラシ

ツルキツネノボタン

昼食をとっていつもの六甲山最高峰へ 体力残っていません😑

コゴメウツギ 花びらが透明😊

ヤマアジサイ

コアジサイ(青)

シロバナコアジサイ

愛宕山 展望なし...

有馬温泉 多くの外国人で賑わっていました!

帰りは神鉄に乗って帰ります♪ 楽しかったけど、疲れたー💫