残雪聖岳 冬季小屋1泊2日

2019.05.20(月) 2 DAYS
かなこ
かなこ

活動データ

行動時間

14:39

距離

23.3km

上り

2822m

下り

2980m

活動詳細

もっと見る

■装備について 基本的にはストックのみ。キックステップができる靴がいいと思います。トレランシューズとかはまだやめたほうがいい。2400m以上は踏み抜き地獄。ゲイターあった方が靴の乾燥を保てます。わたしはびちょびちょになりました。 ピッケルは持ってこなかったです。 アイゼンは持っていきましたが使いませんでした。 ●芝沢ゲート~易老渡 崩落箇所がありました。迂回道があります。マウンテンバイクや自転車を担ぎ上げるのは少し大変そう。 ●易老渡~西沢渡 落石などはあるが比較的歩きやすい ●西沢渡~小聖岳の分岐 雪は所々あるが、装備は必要なし ●小聖岳の分岐~小聖岳 一番大変だった。踏み抜きが多くコースをどこにとるかによって、タイムや大変さがすごくかわりそう。 他の方のルートが正解とも限らないし、自分でいいコースを見つけなければいけない。 ●小聖岳~聖岳 夏道が雪で埋まってしまってる箇所があるので、ガレを上がったりする。登りは結構体力を消耗。でも小聖岳までの道に比べればなんと歩きやすいことか! 一ヶ所トラバースが嫌らしいところがありましたが、キックステップでどうにか。 山頂からの景色はとてもよかったです。 私たちは固めのスリーシーズン用の靴で、アイゼンも持っていっていましたが、使わずに頂上までいけました。ピッケルではなくストックを使いました。 山頂からの下りも小聖岳からが大変でした。。。。バリエーションルートみたいで激藪をこぎました。疲れたけど楽しかった! 分岐に置いていた荷物を回収して、聖平小屋の冬季小屋に🏚️ 水場はわからなくて沢の水を使いました。みなさん沢の水を使ってらっしゃるのかな? いやーーー。風がしのげるとはなんとありがたいことか、、、。 夕飯のキムチ鍋を食べてぐだぐだして就寝。 2日目は朝からどしゃ降り。 気温がそんなに低くなかったし、すぐに樹林帯だったのでそんなに寒くなかった。 帰りには橋が流されており、渡し船?を使わなくてはいけませんでした。 帰り道の林道にも大きな石が落ちており、人力でどかしました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす