春の鏡山

2019.05.19(日) 2 DAYS Fukushima, Yamagata
samsam
samsam

活動詳細

もっと見る

西会津の山、第二弾は飯豊連峰の眺めが最高と評判の鏡山。この日は偶然にも山開き。山開きのコースは弥生集落からで、100名以上の参加者で賑わったようです。我々は弥平四郎登山口を利用して、弥生コースとの分岐を通って山頂まで行き、上の越から下山する周回コースの予定。ところが、山頂から先の残雪が多くて断念せざるを得ず、残念ながらピストンに変更です。登山道の注意点は2つ。①歩く人が少ないせいか、沢沿いの道で所々踏み跡が明瞭ではなく、迷いやすい箇所があること、②弥生コース分岐近くの足元が悪いトラバース。滑落注意です。それ以外は、結構急坂が多いものの、快適な道のりでした。山頂からは評判通りの飯豊連峰の眺め。山開き参加の多くの登山者で賑わってました。弥平四郎コースは我々だけだったけどね。

分校跡に駐車して出発
駐車場から5分くらいで弥平四郎登山口。鏡山は左に向かいます。
堰堤を越えて、
ちょっと砂地になった沢を渡ります。危なく靴に水が入るところでした。
しばらくは沢沿いを歩きます。歩く人は少ないみたいで、踏み跡がわかりにくい箇所も。
水はたぶん多めなのでしょう。
沢から離れて急登を登り、ようやく尾根筋に出ました。
結構急です。
ツツジ
ずっと急登。
イワウチワ
枯れ葉で滑りやすいとこがあるので注意。
山頂が見えました。雪が残っているようです。
このトラバースがくせ者でした。緊張します。
弥生集落からの登山道に合流。急に人が増えた。
分岐
残雪多し。
雪でひんやりして、気持ちいい登りです。
これを登り切ると
目の前に飯豊連峰!
絶景です。
山頂まであとひと登り
山頂到着
飯豊連峰をバックに写真を撮ってもらいました。
山頂から先に進む予定だったけど、残雪の多さに断念。チェーンスパイクだけでこれを下りるのはちょっとね....。
山頂からは大日岳から飯豊本峰への稜線が目の前。昼食タイムです。
下山します。
弥平四郎への分岐点。
分岐点のブナ
タムシバ
この日一番の難所のトラバース。落ち葉と崩れやすい土質でグリップが効きません。
トラバースを越えると沢まで一気に下るだけ。
駐車場到着。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。