平標山!山頂が風が強い?またまたぁ、そんなわけが、、、あばばばばば!

2019.05.18(土) 2 DAYS Niigata, Gunma
しまお
しまお

活動データ

タイム

05:33

距離

10.3km

上り

1,069m

下り

1,068m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

先週に続き、梅雨入り前に気持ちいい稜線に行きたく、前々から狙っていた平標山〜仙ノ倉山へ。 せっかくヤマハチさんにトレラン誘って頂いてたのですが、すみません。。。 この平標山。なんて読むか分かりますか? たいらっぴょうやま、って読むそうです。今回、初めて知りました。 いろんな方のレポで、ここの稜線は絶対に気持ちいい!と確信して行きました。 場所は苗場スキー場の近く。 駐車場は出る時に600円支払う流れです。 ちなみに平標山登山口前の、この駐車場のトイレ。 登山口のトイレでは過去最高にキレイなトイレ。 なんとウォシュレット付き!皆様、ご活用ください。 さて、ルートは2つあり、松出山コース(地図上の上のコース)と平元新道(地図上の下のコース)があります。 距離的には松出山コースの方が短いので、行きは平元新道、帰りは松出山コースとして出発です。 しばらく渓流を横に、木漏れ日を浴びながら気持ちいい山道を歩くと、高さはそれ程高くない階段が延々と、延々と続きます。 でも、階段の縁が一部削られていて、足が乗せやすく、快適に登れます。なんて親切心。 丹沢とかちょくちょく行っているからなのか、階段の高さが均等に低くなっているからか、全然苦じゃないです。 階段が終わると、平標山ノ家があります。 ちなみに、平元新道はここら辺まで景観はありません。 ここで、休まれていたご夫婦(?)の方と話をしたところ、山頂は風が強いと。 平元新道では風はほとんどなく、むしろ暑くてTシャツになっていたのに、そちらのご夫婦はウィンドブレーカー着用。 (とは言っても、そこまでひどくないでしょ)よ内心思いながらも、平標山ノ家を出発。 この平標山ノ家を境に森林限界を越えるんですが、急に強風が吹き荒れてきます! あれ?けっこう強いね、これ。と、先程のご夫婦の言っていたことに納得をするも、さすがに強風に終始当てられて、かつ雪渓を登るとなると、一気に体力が減ってバテてきます。 ゼェーハァー言いながら、なんとか山頂に到着! の瞬間、山頂で吹き荒れる暴風で、呼吸が止まるくらい。 山頂には何人か人がいたんですが、真顔か爆笑して「ヤバイ!」と言ってる人しかいませんでした。 僕は爆笑派でしたけど。もうね、笑うしかないレベルです。 展望もなく、仙ノ倉山までの稜線も全く見えないので、撤退も余儀なく、早々に下りることに。 帰りは松出山コースから帰ります。 が、早々に後悔することに。 地形からなのか、松出山コースの山頂付近は稜線になっていて、風が吹きっさらしになっています。 晴れてそよ風なら最高な場所なこと間違いないんですけどね。今日ばかりは本当に危ない。 平元新道より整備はされていないので、階段も隙間があり、ストックがないとフラついてまともに歩けない状態。 また、松出山コースは段差も高く、急登なので、登りの場合も普通にきついんじゃないかと思います。 ただ景観は最高。 きついけど、景観がいい松出山コースか、安定して登れるけど景観がない平元新道か、次回のリベンジの時は迷いどころです。 今回は暴風で残念な結果となりましたが、晴れれば絶対に最高なりょうせんを味わえるコースなので、今年中にリベンジします! 次回はトレランで行こうか迷い中。

ここのトイレ、すっごくキレイです!
まだ花が咲く時期じゃないですけど、花の時期にも来たいですね
ランナーの方への注意書きがあるということは、けっこういるっていうことかな?
さて、スタートです
マイナスイオンたっぷりです
まだ下界にも雪が残ってるんですね
なんか一日中見てたいんですが、ここは足を進めます
走ると気持ちよさそう〜
なんか渓流があるとバシャバシャ撮っちゃうのは僕だけでしょうか
暑くもなく寒くもなく、ランニング日和です(普通の登山ですけど)
また撮っちった。。。
さて、ここから登りです
めっちゃキレイに整備されてる!
一段一段が低いので、登りやすいです
ちらっと景観
階段が延々とね
でも、所々、足の踏み場が作られてて、すごく登りやすい!
開けてきました
階段が延々と。延々とね。
雪が出てきました。もうすぐ雪渓かな?
と思ったら、いきなり出てきました!
でも隣がコースだったり。
曇ってるけど、晴れないかねぇ
ついにコース内に雪が!
でもトレース踏めばそのまま行けます
正面の平らな山が苗場山。だと思う。多分。
平標山ノ家到着!
コストコでトレイルミックスが売ってるんです。1個単価100円くらいでボリューム満点です!
ここは100kmのロングトレイルコースなんだねぇ。100km...ちょっとなに言ってるのか分からない。
正面が平標山。
右側が仙ノ倉山?
奥が谷川岳。方面。
さて出発です。
ちょっとかぜが出てきました
写真じゃ分からないけど、雲の流れるスピードがめっちゃ早いです
やっぱ写真じゃ分からないけど、この時、風がビュービュー吹いてます
おや?厚い雲が...
およよ?ぶ厚い雲が!
山頂到着!この時、普通に立ってられない程の暴風です!
分かります?ウィンドブレーカーがバッサバッサいうとります
ウィンドブレーカーもマントみたいになっとるわ。もう笑うしかねぇ!
本来だったら、この奥に仙ノ倉山と、それまでの稜線があるんだけど、これはさすがに撤退。
なーんも見えねー
下山します。稜線で気持ち...良くない!風が凄すぎて真っ直ぐ歩けん!
これはねー、トレランしたら気持ちいいでしょー。晴れてたらね。風がなければね。風が!なければね!
写真じゃ普通の下り道(暴風中)。周りの草が風でたなびまくってブレブレです。ってか、真っ直ぐ歩けないくらいの風で、この傾斜はちょっとした恐怖。
さっきまでいた山頂。まだ曇ってる。早めに撤退して正解。
雪の上ですが、普通に歩けます。
はい、右側の雪、ね。山道です。雪の崖できてます(暴風中です)。ここから無心で下りました。
一気に下山。やっぱ渓流は癒されるわー。お疲れさま!
せっかく湯沢まできたんで、名物のへぎそばで自分にご褒美。名店「中野屋」です。
これで3人前。2人でペロリだぜ。美味しいんで、是非!

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。