残雪の鳥海山 笙が岳

2019.05.04(土) 08:43 - 2019.05.04(土) 16:03
毎年恒例のGW車中泊の山旅、今年はまだ一度も雪を踏んでいなかったので残雪の鳥海山を歩いてきました。鳥海山は今回で三回目、来る度に新たな魅力を見せつけてくれます。 今回は鉾立からの日帰りで扇子森経由で笙が岳まで。 ゆるふわ歩きのはずが、久しぶりの雪歩きなのでかなりバテバテ。同行していただいた地元のTさんは前日に続けての雪歩きなのにサクサクと身軽に登っていて、さすが雪慣れしているなと感心しました。こりゃもっともっと鍛え直さないと雪山テン泊はできそうにありませんね。 眺めは文句なし!雄大な雪原、威厳のある新山、荒々しい渓谷美、そして青空と日本海 笙が岳まで歩く登山者はほとんどいないようで、GWなのに静かな山頂を楽しめました。 こんな素晴らしい絶景を案内してくれたTさん、本当にありがとうございました。

写真

栗山池からの鳥海山(前日に撮影)

栗山池からの鳥海山(前日に撮影)

象潟の夕日を眺めて車中泊

象潟の夕日を眺めて車中泊

鉾立(象潟口)から

鉾立(象潟口)から

登山口近くの展望台から

登山口近くの展望台から

ふきのとうがポコポコと

ふきのとうがポコポコと

ひたすら登ります

ひたすら登ります

日本海を眺めながら

日本海を眺めながら

広いひろーい雪原

広いひろーい雪原

御浜小屋 まだ雪に埋もれていてトイレは使えません

御浜小屋 まだ雪に埋もれていてトイレは使えません

遠くには月山

遠くには月山

御田ヶ原から新山

御田ヶ原から新山

荒々しい山頂部

荒々しい山頂部

これから向かう笙が岳(いちばん左側)

これから向かう笙が岳(いちばん左側)

雪庇の下を滑るボーダー

雪庇の下を滑るボーダー

迫力ある新山

迫力ある新山

長坂道を笙が岳まで

長坂道を笙が岳まで

雪庇が崩れかかっています(所々に亀裂あり)

雪庇が崩れかかっています(所々に亀裂あり)

笙が岳から庄内平野を俯瞰

笙が岳から庄内平野を俯瞰

笙が岳からの新山

笙が岳からの新山

大きな亀裂が

大きな亀裂が

帰りに展望台で山カフェ

帰りに展望台で山カフェ

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。