屋久島の沢 大川上部〜鹿之沢小屋〜永田岳〜花山歩道

2019.05.02(木) 3 DAYS Kagoshima
Yarmot
Yarmot

活動データ

タイム

48:14

距離

16.3km

上り

2,147m

下り

2,184m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

昨年からの2度目の屋久島の沢 何百人、何千人もの登山客が訪れるこの時期に 入渓してから小屋まで誰とも出会わず、小屋から花山歩道への下山も登山道なのに出会ったのは屋久猿の親子に鹿1頭 厳かな屋久島の大自然を大満喫! フェリー到着後、永田、西部林道を通り、大川の滝〜花山登山口近くの上大川橋へ 前日までの大雨で、水量次第では穏やかな別沢案や尾根歩きの装備も準備していたが、心配していた程ではなく、予定通り決行 初日は2時間程頑張ってからテン場を探しましょう…の、ちょうどの2時間でテン場を見つけ、タープ泊 翌日は、重荷を担いで巨石に苦戦しながらも、滑らぬ様に慎重になりながらも、予定通りに順調に進んでいたが 稜線まであと一息という場所で、倒木に崩壊で先に進めず 右岸は花崗岩の岩壁、左岸を高巻きするにも先が見えず、時間的にも厳しいと判断 一旦脱渓して小屋の方面へと進むことに 数少ないブログ情報の記録から 「6m三段滝 いよいよ源流部へ… 源流は屋久島の中でもトップレベルの渓相…」とか 「沢登りをする人間だけが立ち入ることの許される、まさにこの世の楽園」とか その6m三段滝の写真と同じ場所を通過してワクワク気分の時に脱渓 震災や災害の影響で今までもこんな事は何度かある 先日の歩荷トレのデジャブか…と思えるような急登ではあったが、あの時程の辛さはなく、時間がかかってはしまったが、登山道脇の沢に戻った 最後疲れたままで終わりか…と思いきや、ほんの一部でも楽園気分を味わい タイムリミットで沢の遡行は諦め登山道を小屋へ急いだ 小屋到着が遅くなり、今日もタープ泊かもな…と思っていたが、ゆっくりできる空スペース とてもありがたかった 翌朝、永田岳を空荷でピストンし、花山歩道を下山 今回も全行程 天気☀️が味方をしてくれて 屋久島の沢と山を存分に楽しめた

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。