風巻ノ頭・袖平山からの丹沢主脈縦走(月夜野から大倉へ)

2019.05.03 2 DAYS Kanagawa, Yamanashi

活動データ

タイム

10:47

距離

30km

上り

3,147m

下り

3,195m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今回は、神奈川百名山の風巻ノ頭と袖平山を登ってから、丹沢主脈縦走に行ってきました。 風巻尾根は、登りで歩きたかったので、神の川まで長~い車道歩きです。 会社の仲間が一緒に山に行きたいと言うことで、コース変更も考えましたが、GW中なのでどんなに疲れても大丈夫と言うので、最悪の場合は、姫次から焼山登山口へ下る事も想定して山行開始。 剣道七段の猛者だったからなのか、なんとか頑張って当初の計画通りに主脈縦走する事が出来ました。 快晴☀で、富士山🗻も見えて、大満足の山行となりました😌

道志みち復旧記念として、終点の月夜野バス停からスタート😉 トイレがあるので、助かります😁
先ずは、橋を渡って山梨県から神奈川県に戻ります。
バス停を1つ戻って、神の川入口から登山口を目指します。
大室山は、存在感ありました😊
鐘撞山に登ったときに渡った橋を通過。
エビラ沢の滝
トンネルには、照明設備はありません。
渓流釣場。水がキレイ🎵
鐘撞山登山口。武田信玄の埋蔵金伝説があるみたいです😁
舗装路歩きが長いです😣
日陰沢橋を渡って、
直ぐのトイレで休憩。
正面に見えるのが、風巻ノ頭でしょうか。
ヤタ尾根への分岐を通過。
ここから、ちょっと下って橋を渡ります。
橋を渡ります。
こんな感じです😁
先ずは、九十九折を登って行きます。
まずまずの急登です。
ここは、歩きやすい🎵
階段💦
たまに標識があります。
急坂を登ると、
風巻ノ頭に到着。
神奈川百名山83座目。
ベンチで休憩🚬
風巻尾根。公共交通機関では、アクセスが厳しいけど、ぜひ登りでお楽しみ下さい😉
袖平山に向けて進みます。
細い道が続きます。
木の向こうに袖平山が見えてます。
急登が待ってます💦
崩落地の横を登って行きます。
仲間も脚にきてそうです😁
崩落地の上から、大室山
丹沢主稜線
富士山🗻もよく見えました😆
袖平山のベンチに到着。
奥の小高い所に進んで山頂です。 神奈川百名山84座目。
袖平山山頂からの富士山🗻
ベンチで、蛭ヶ岳を眺めながら珈琲☕タイム
こんな道を進んで、
姫次に到着。 休まず蛭ヶ岳を目指します。
倒木の所は、分かりやすくなってました。
原小屋平を通過
階段地獄の始まり💦と思ったら、登り下りを2回繰り返してからが、本当の階段地獄でした😅
階段はキツいけど、歩きやすくて最近は嫌いではありません。
やっぱり振り返りますよね~😊 風巻尾根の勾配が良く分かります。
ここに来ると、写真撮ってしまいます😁
かなり登って来ました。
下に見える橋が気になります。
この階段だけ、崩落地側へ傾いていました😱 雨☔が降ったら、そのうち崩れそうです💦
蛭ヶ岳に到着😊
塔ノ岳まで、ハッキリ見えました🎵
山頂から富士山🗻見えると、テンション上がります😁
念願の蛭カレー🍛
食後の珈琲☕を楽しんで、丹沢山を目指します。
いつも撮っちゃう🎵
鬼ヶ岩への登りも脚にきます💦
やっぱり振り返ります😁
棚沢ノ頭
不動ノ頭。この先でちょっと休憩。
丹沢山への登り💦
丹沢山に到着。
先に進みます。
竜ヶ馬場のベンチから、大山も良く見えました🎵
下に見える沢も歩いてみたい。
すれ違う登山者も多い。
塔ノ岳。
日没に間に合うのか微妙な時間です💦
金冷しを通過
鹿が木道の側まで来てたので、写真を撮ろうとしたら逃げちゃった😅
かき氷🍧を食べたら、宿泊者の夕食タイム直前で、ちょっとお邪魔虫な感じでした😅 花立山荘からは、休まず下ります。
堀山の家を通過。
駒止茶屋を通過。
キャサリン…、クリステル…😢
暗くなる前に大倉に到着。 疲れました😱

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。