素晴らしき苔の道 大洞山(三重県)・尼ヶ岳-2019-05-03

2019.05.03(金) 2 DAYS Mie, Nara
たけう
たけう

活動データ

タイム

05:35

距離

11km

上り

890m

下り

890m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

以前、奈良県の曽爾高原から倶留尊山を登った時に見た大洞山と尼ケ岳。ずっと気になっていたこのルートを令和初登山に選びました。 車で三多気の集落を抜けた真福院の駐車場へ。 行きの登山道はほぼ急な階段の登りくだりで、心折れそうになるも、脇に咲く花や苔などにはげまされて進む。 大洞山の雌岳と雄岳、尼ケ岳の3つピークはどれもいい眺め。この日は天気良すぎてちょっとモヤってましたが、階段登りのご褒美として楽しませてもらいました。 これだけでもいい山歩きなんですが、ここからがハイライト。 大洞山の山腹をトラバースする石畳の道は苔と新緑と小さな花がずーーと続く素晴らしい雰囲気の道。はっきりいってそこまで期待していなかったのでこれはうれしい誤算です。僕の写真ではじゅうぶんに伝わらないと思います。とにかく歩いていて気分がよかったです。 ※一か所道が崩落して、少し危険なところがあります。ゆっくりと落ち着いていけば大丈夫かと思いますが、注意です。道の入り口にも注意看板があります。

真福院駐車場からスタート。ここまでは道が細いので通行注意です。
真福院の鳥居…アレ鳥居?
水の勢いありすぎやろ〜笑
新緑と朱塗りがよいマッチング。
個人的にはお寺だとおもい柏手は打ちませんでした。神仏習合的なところでしょうか? いいところであるのには違いないです。
キレイなトイレありました。
真福院から少しのぼったら、駐車場が…。今度はこっちに停めよう。
舗装路はここで終わりですが、ここはまだ登山道ではないんだそうな。
ここが登山口。
ここからは階段の劇登り!
折れそうな心を苔や小さなお花に励まされる。
くらくらするくらい階段がずっと続く。この石段を作った人々もスゴイね!
階段が終わって、ゆるやかに♪
大洞山山頂。まずは雌岳へ到着ー。
シンボルツリーかな。
根元にはかわいらしい仏さま。
展望よいです。奈良県の倶留尊山&亀山。奥にはきれいな三角形の高見山。
三重側もばっちり。
三角点。かたわらのタンポポがかわいらしい。
桜がまだ残ってました。雄岳とツーショット。
下りも急な階段。
顔感がスゴイ。
満開のつつじ♪
まっくろカエルさん。
雄岳。奥には次に目指す尼ケ岳。
展望は三重側のみ。
ちょっと下ると奈良側も見えます。
四ノ峰あたり。岩がゴロゴロしてました。
劇階段。
フラットな道へ。
倉骨峠。ここにも4台~6台ぐらい車が停まってました。
パッカーンな木。
これもつつじかな?つぼみいっぱいでもうすぐ咲きそう。
この日たくさん励ましをくれたスミレ。
マムシグサ。
強烈な角度で階段が…。
階段終わっても急登が続く…。
尼ケ岳到着ー。
景色はバツグン!奈良から三重まで一望できる~
景色を眺めながら昼食します。
それでは下山へ。
花が咲いているのかと思いきや、葉っぱ?
葉の裏にひっそりと咲く花。たくさん咲いていました。
新緑をくぐるトラバース道。
帰りも急登の階段、うひゃー!
倉骨峠。分岐をここだと勘違いしてしまう。
正しい分岐はこちら。
ここから素晴らしすぎる苔ロード♪
苔。
苔。
いったん途切れ、もう終わりかと思ったら、そこから何回も苔セクションが現れて、ビックリ。想像以上でした。
苔と小さな黄色いお花。
苔アップで。
白くて小さなお花とも。
新緑と苔。こんなに緑に満たされる空間って素敵。
切れ目から尼ケ岳が。
これはリンドウ?ちいさくてかわいい。
キノコもにょっきり。
ここは道が崩壊しています。特に木の根の部分は足場が悪いので注意。
桜の花びらがいっぱい落ちていて、いい雰囲気。
癒されすぎてとけそう。
ずっと上まで苔がびっしり。
展望台がありました。景色はうーんイマイチかな。
ヒトリシズカ?
これはイチリンソウ?
苔ロードが終わっちゃいました。
迷宮のような杉林。倶留尊山の下りを思い出す。
杉林にも苔が♪
おもったより距離あるな。
ここからは舗装路。
八重桜がまだ咲いてました。
真福院の苔。
シャガがたくさん咲いてました。
鳥居をくぐって今日の山歩き終了です。
駐車場からもなかなか良い眺め。
下山後は奈良県のみつえ温泉でさっぱり。

類似する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。