氷ノ山(須賀ノ山)2019-05-03

2019.05.03(金) 日帰り
BARA
BARA

活動データ

タイム

07:27

距離

10.5km

上り

903m

下り

903m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

GW後半の丹波ツアーの一環として 兵庫県最高峰、そして中国地方では大山に次ぐ第二の標高という「氷ノ山」トレッキングを敢行ッ! さすがにGWということで登山客も多かったが 広大なエリアにいくつも登山道が整備されているんで混むということはないような気がする・・・ 今回は道の駅「ハチ北」に車中泊前泊してのトライなんで兵庫県側からのアプローチだったが 今回の丹波ツアーそのものが急な思い付きだったんで 当然 氷ノ山の事前調査もしてない状態で挑むことに。 鳥取県側からのアプローチはルートもおだやかで初心者向き、対して兵庫県側のルートは距離も長く健脚向き、と知ったのは下山してからでした。まあ 歩きながらそんな気はしてたんだけど・・・ さすがに周囲にスキー場が点在しているような場所なんで 頂上付近にまだ残雪があったのにはしびれましたとさ( ´ ▽ ` )

氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 あまり自撮りはしないんだが、今回はせっかく苦労して登ったんで、という気持ちが勝ったんで記念写真など
あまり自撮りはしないんだが、今回はせっかく苦労して登ったんで、という気持ちが勝ったんで記念写真など
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 スタート地点となる福定親水公園。朝5時過ぎにやって来たときにすでに数台の車がいたぞ。さすがGW・・・
スタート地点となる福定親水公園。朝5時過ぎにやって来たときにすでに数台の車がいたぞ。さすがGW・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 八重桜がちょうど見ごろを迎えていたな( ´ ▽ ` )
八重桜がちょうど見ごろを迎えていたな( ´ ▽ ` )
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 まだ寝ぼけ眼だったが ウダウダしてても仕方ないんで早速スタートじゃ!
まだ寝ぼけ眼だったが ウダウダしてても仕方ないんで早速スタートじゃ!
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 最初のチェックポイント、布滝
最初のチェックポイント、布滝
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 白いイワカガミ~♪
白いイワカガミ~♪
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 ピンクのイワカガミ~♪
ピンクのイワカガミ~♪
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 しばらく歩くと不動滝が
しばらく歩くと不動滝が
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 こっちは木々の間から眺めることになるんだが 実はもう少し進めばちょっと上から眺められるスポットも出てくる。
こっちは木々の間から眺めることになるんだが 実はもう少し進めばちょっと上から眺められるスポットも出てくる。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 こっちは先ほどの布滝を少し上から目線で眺めた図
こっちは先ほどの布滝を少し上から目線で眺めた図
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 ジグザグに登っていくと・・・
ジグザグに登っていくと・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 7種の木が絡み合って一本の木になっている「連樹」。「くんずほぐれず」という言葉が久しぶりに頭の中に涌いてきたぞ
7種の木が絡み合って一本の木になっている「連樹」。「くんずほぐれず」という言葉が久しぶりに頭の中に涌いてきたぞ
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 「地蔵堂」とやらに到着。
ネーミングを聞いたときはもう少しお堂っぽいものを想像していたんだが 作業小屋みたいなトタン張りなんだな・・・
「地蔵堂」とやらに到着。 ネーミングを聞いたときはもう少しお堂っぽいものを想像していたんだが 作業小屋みたいなトタン張りなんだな・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 中には想像以上に立派な木造地蔵が鎮座なされていたぞ
中には想像以上に立派な木造地蔵が鎮座なされていたぞ
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 渓を越えさらに進むと・・・
渓を越えさらに進むと・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 木地屋跡
木地屋跡
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 なかなかの自然林じゃ♪
なかなかの自然林じゃ♪
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 ここからは湧き水ポイントが続く
ここからは湧き水ポイントが続く
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 見上げると「とうろう岩」が見えるそうだが
見上げると「とうろう岩」が見えるそうだが
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 正直、よくわからん・・・
正直、よくわからん・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 弘法の水
弘法の水
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 一の水
一の水
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 ヒーヒー言いながら歩いてきたが ようやく稜線の「氷ノ山越え避難小屋」が見えてきたぞ。
ヒーヒー言いながら歩いてきたが ようやく稜線の「氷ノ山越え避難小屋」が見えてきたぞ。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 これを右に曲がると「ぶん回し」なる縦走コース。わしにはちょっとそのコースを歩くだけの体力はないな・・・
これを右に曲がると「ぶん回し」なる縦走コース。わしにはちょっとそのコースを歩くだけの体力はないな・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 何とも立派な避難小屋。許されるならこーゆーところで一泊しながらゆっくり山行したいものだが・・・
何とも立派な避難小屋。許されるならこーゆーところで一泊しながらゆっくり山行したいものだが・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 ぶな原生林エリアの尾根を歩く
ぶな原生林エリアの尾根を歩く
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 めざす頂上も近くになってきたぞッ!
めざす頂上も近くになってきたぞッ!
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 まだ雪が残っているんだな・・・
まだ雪が残っているんだな・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 頂上すぐ下の仙谷口分岐
頂上すぐ下の仙谷口分岐
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 こしき岩。
これをぐるっと回りこむといよいよ頂上じゃ!!
こしき岩。 これをぐるっと回りこむといよいよ頂上じゃ!!
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 おお~っ( ´ ▽ ` )
おお~っ( ´ ▽ ` )
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 ようやく到着、氷ノ山山頂~♪
ようやく到着、氷ノ山山頂~♪
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 西側にはバイオトイレ付きの展望台がある。さすが登山客も多い山なんで至れり尽くせり、という感じだな。
西側にはバイオトイレ付きの展望台がある。さすが登山客も多い山なんで至れり尽くせり、という感じだな。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 早速 山ラーで昼食など。
コンビニでカップヌードルの令和バージョンを見つけたが、まさに令和最初の山ラーにふさわしい一品だな。
早速 山ラーで昼食など。 コンビニでカップヌードルの令和バージョンを見つけたが、まさに令和最初の山ラーにふさわしい一品だな。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 大休止をした後に 山小屋の裏の祠に手を合わせて 下山開始じゃ。
大休止をした後に 山小屋の裏の祠に手を合わせて 下山開始じゃ。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 この残雪の上を歩いていくわけだが、上は残っていても下のほうは解けて空間になっているところがあるんで 80キロ超のわしが不用意に歩くと 足がズボズボと埋まっていくぞ。
この残雪の上を歩いていくわけだが、上は残っていても下のほうは解けて空間になっているところがあるんで 80キロ超のわしが不用意に歩くと 足がズボズボと埋まっていくぞ。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 みたらしの池。

雪でどこがどう池なのかわからん・・・
みたらしの池。 雪でどこがどう池なのかわからん・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 笹エリアに突入。足場は悪いぞ。
笹エリアに突入。足場は悪いぞ。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 なだらかな笹漕ぎエリア。
なだらかな笹漕ぎエリア。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 千本杉
千本杉
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 神大ヒュッテ。ここでも休憩者多数なんで立ち寄れず・・・
神大ヒュッテ。ここでも休憩者多数なんで立ち寄れず・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 神大ヒュッテから方向を変えて下っていく
神大ヒュッテから方向を変えて下っていく
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 人面岩。
そう見えるかと言われれば、、、
ビミョー・・・
人面岩。 そう見えるかと言われれば、、、 ビミョー・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 「ちょっと一息」と書かれた看板ポイントで何度目か判らない大休止。
「ちょっと一息」と書かれた看板ポイントで何度目か判らない大休止。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 ここからの尾根は「ドウダンツツジ群生地」。
今の季節は木々の葉っぱもないんで花は拝めないが 気持ちのいい尾根歩きができる。
ここからの尾根は「ドウダンツツジ群生地」。 今の季節は木々の葉っぱもないんで花は拝めないが 気持ちのいい尾根歩きができる。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 連理・・・
連理・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 む~んヽ(´ー`)ノ
む~んヽ(´ー`)ノ
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 む、小屋が・・・
む、小屋が・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 東尾根休憩小屋
東尾根休憩小屋
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 ここから左に曲がると・・・
ここから左に曲がると・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 植林地帯の急傾斜に延々と木段が付けられている強制的膝笑いコース。

登りで使うとキツイだろうな・・・
植林地帯の急傾斜に延々と木段が付けられている強制的膝笑いコース。 登りで使うとキツイだろうな・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 カタバミの花って割とかっこいいと思うんだが 山野草としてはあまりクローズアップされないような気がするのは わしだけか?
カタバミの花って割とかっこいいと思うんだが 山野草としてはあまりクローズアップされないような気がするのは わしだけか?
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 ヒーコラ言いながら ようやくスキー場横の東尾根登山道へ降りてきたぞ。いやぁ、さすがに疲れた・・・
ヒーコラ言いながら ようやくスキー場横の東尾根登山道へ降りてきたぞ。いやぁ、さすがに疲れた・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 しかしココから登山スタート起点の福定親水公園まで約2キロの舗装道歩きが待っているぞ。

あちこちの道端に人がウロウロしているのは山菜目当ての人らしいな・・・
しかしココから登山スタート起点の福定親水公園まで約2キロの舗装道歩きが待っているぞ。 あちこちの道端に人がウロウロしているのは山菜目当ての人らしいな・・・
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 閑散としたスキー場。
閑散としたスキー場。
氷ノ山(須賀ノ山)・鉢伏山・瀞川山 ようやく駐車場に戻ってきたが、車で溢れかえっているぞΣ(゚Д゚) わしはスタートが早かったからノンビリ歩けたが 本来はこれが当たり前の状態なのかもしれないな・・・
ようやく駐車場に戻ってきたが、車で溢れかえっているぞΣ(゚Д゚) わしはスタートが早かったからノンビリ歩けたが 本来はこれが当たり前の状態なのかもしれないな・・・

活動の装備

  • MERRELL MOAB FST
    メレル(MERRELL)
  • MACPAC AMPRACE25

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす