国内最美麗のカメムシと隠れ磨崖仏を見ました。

2013.11.04(月) 10:06 - 2013.11.04(月) 14:58
秋晴れの中、山友のケロちゃんと古処山に行ってきました。 本覚寺→古処山→八丁越→だんご庵ルートです。 本覚寺の入り口に入り、少し行くと登山者用の駐車場があります。 常緑樹とツゲの原生林の山なので、紅葉する木が少ないですが、黄色の落ち葉を楽しむことができました。 水の豊富なので、登山口から沢蟹さんが出迎えてくれました。 前日が雨だったので、露を含んだ苔の色が一層映えていました。 山頂では人気の山らしく、たくさんの人で賑わっていました。 そこへ自然保護監視員(レンジャー)の方がそっと近づいて来られ、「あそこから50メートル入った所に磨崖仏がありますよ。」と教えてくれました。 みみちゃんもケロちゃんも興味津々で、とても狭い崖っぷちの細い道を慎重に進んで行くと、不動明王の大きな磨崖仏が。 あまり知られてないようで、しんと静まりかえった山中に鎮座されていました。 ケロちゃんととても感動してしまいました。 ここへの入り口は、山頂の祠(大理石の玉が祭られている)の右に「古処大神」と書かれた岩があります。その岩の右に細い道があります(写真参照)。急な岩場を下りたりと慎重に行かなくては危険な道なので、十分注意してください。 帰りは八丁越ルートを通りました。 この道大好きです。 落ち葉を踏みしめながら、静かに山を後にできます。 途中のツゲの葉っぱに、国内最美麗のカメムシで、絶滅危惧種の「ニシキキンカメムシ」の終齢幼虫がいました。(写真) このニシキキンカメムシはツゲに寄生し、6月にはもっと綺麗な成虫になるそうです。 古処山はツゲの原生林が有名なんですね。 来年、またこのカメムシに会いに行きたいです。 下山すると県道に出ます。そのまま少し下ると右手に「八丁越旧道」という大きな木の看板があるので、その道を通ります(この道の入り口にはクルマが進入できないようにチェーンが張ってあります)。この看板を見過ごす人が結構いるようで、そのまま県道を下りると時間が相当かかります。 みみちゃんは、旧道でやっと大好きなキノコとツーショットが2回もできてご機嫌でした。 帰りは古処山のふもと、秋月の城下町をケロちゃんと散策しました。

    写真

    キノコさんに出会ってご機嫌のみみちゃん。

    キノコさんに出会ってご機嫌のみみちゃん。

    沢蟹さんがお出迎え

    沢蟹さんがお出迎え

    紅一点

    紅一点

    秘仏の不動明王

    秘仏の不動明王

    磨崖仏への入り口です。十分気をつけて!

    磨崖仏への入り口です。十分気をつけて!

    国内最美麗のカメムシで、絶滅危惧種の「ニシキキンカメムシ」です。

    国内最美麗のカメムシで、絶滅危惧種の「ニシキキンカメムシ」です。

    またまたキノコさんでご機嫌みみちゃん

    またまたキノコさんでご機嫌みみちゃん

    秋月の夕暮れ

    秋月の夕暮れ

    コメント

    読み込み中...

    もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

    登山ほけん

    1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

    週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。