近畿自然歩道(熊野古道伊勢路(尾鷲~三木里))

2019.04.27(土) 日帰り Mie
ねむい
ねむい

※概要※ 今回は熊野古道の伊勢路を通る近畿自然歩道の以下のルートを巡りました 「熊野古道八鬼山の町石をたどるみち(JR紀勢線尾鷲駅~名柄バス停(JR紀勢線三木里駅)」 いつも通り交通の便が格段に悪化してくるので素早い移動が求められます(テンプレ)。 交通手段は事前にしっかり把握しておきましょう。 また、三重交通バス熊野古道線が国道42号沿いに並走しています。こちらも 有効活用しましょう(テンプレ)。 終了地点はコミュニティバスの名柄バス停ですが全く役に立たないので 1km以上先にある三木里駅までがんばって進みましょう! ※見所※ 尾鷲市街、尾鷲節歌碑(八鬼山道標歌碑)、石畳の道、ゴットン石 八鬼山三宝荒神、八鬼山頂上広場、三木里海岸/海水浴場 ※ルート案内※ 尾鷲駅スタート -> やのはま道・熊野古道道標 -> 道間違えて向井 -> 尾鷲節歌碑  -> 八鬼山登山口 -> 籠立場 -> 桜茶屋一里塚 -> 烏帽子石・蓮華石  -> 九鬼峠 -> 八鬼山三宝荒神 -> 八鬼山峠 -> 八鬼山頂上 -> 桜の広場  -> 名柄一里塚 -> 三木里海岸/海水浴場  -> 三木里駅ゴール ※感想※ 今回は熊野古道伊勢路の八鬼山(やきやま)を攻略していきました。 当日は天候明朗なれど気温低く風が強かったせいで発刊がかなり抑えられ 同時に体力の消耗も抑えられました。標高差は馬越峠の約2倍と結構あるのですが それを感じさせない道が続いておりさくさく登っていくことができました。 八鬼山頂上から少し下ったところの桜の広場からの熊野灘の眺めは最高です!!! うっかり時間を忘れて滞在したくなるくらいでしたがタイムアタックが続くので ささっと降りて今度は三木里海岸に到着しましたがこちらの眺めも海の水が エメラルドブルーでずっと居たくなるくらいこれまた最高の景色でした! で、発着時刻にぎりぎりで三木里駅にゴールしましたが今回も経費節減で 船津駅からは株主優待拳を使った三重交通バスの移動で松阪に帰りました。 熊野市まではバスが続いているのでまだまだお世話になると思います!

京都から長い旅路を越えて尾鷲駅に…さすがに特急使いました
1/34

京都から長い旅路を越えて尾鷲駅に…さすがに特急使いました

京都から長い旅路を越えて尾鷲駅に…さすがに特急使いました

念入りにストレッチをしてスタートです!!
2/34

念入りにストレッチをしてスタートです!!

念入りにストレッチをしてスタートです!!

少しの間尾鷲市街を走ります。
3/34

少しの間尾鷲市街を走ります。

少しの間尾鷲市街を走ります。

このあたりの熊野古道は「やのはま道」と呼ばれています。
4/34

このあたりの熊野古道は「やのはま道」と呼ばれています。

このあたりの熊野古道は「やのはま道」と呼ばれています。

道間違えた…orz
熊野古道センターの方に行っちゃってたみたいです。
5/34

道間違えた…orz 熊野古道センターの方に行っちゃってたみたいです。

道間違えた…orz 熊野古道センターの方に行っちゃってたみたいです。

地図読みを駆使して尾鷲節歌碑の場所に合流しました。
6/34

地図読みを駆使して尾鷲節歌碑の場所に合流しました。

地図読みを駆使して尾鷲節歌碑の場所に合流しました。

石油プラントを右手にアスファルト道を登っていくと八鬼山登山口が見えます。
7/34

石油プラントを右手にアスファルト道を登っていくと八鬼山登山口が見えます。

石油プラントを右手にアスファルト道を登っていくと八鬼山登山口が見えます。

少しの間開けた場所を登っていきます。
8/34

少しの間開けた場所を登っていきます。

少しの間開けた場所を登っていきます。

林の中に入ると雰囲気が一気に変わってきました!
9/34

林の中に入ると雰囲気が一気に変わってきました!

林の中に入ると雰囲気が一気に変わってきました!

行き倒れ供養碑があるあたりから石畳道が出てきます。
10/34

行き倒れ供養碑があるあたりから石畳道が出てきます。

行き倒れ供養碑があるあたりから石畳道が出てきます。

手前のこの石は安定が悪く乗るとゴトゴト鳴るのでゴットン石と言われています。
11/34

手前のこの石は安定が悪く乗るとゴトゴト鳴るのでゴットン石と言われています。

手前のこの石は安定が悪く乗るとゴトゴト鳴るのでゴットン石と言われています。

町石がある籠立場です。
12/34

町石がある籠立場です。

町石がある籠立場です。

いい雰囲気の道が続いていきます☆
13/34

いい雰囲気の道が続いていきます☆

いい雰囲気の道が続いていきます☆

一定間隔ごとに仏像や町石がありました。
14/34

一定間隔ごとに仏像や町石がありました。

一定間隔ごとに仏像や町石がありました。

ここから難所の七曲りが始まります。
15/34

ここから難所の七曲りが始まります。

ここから難所の七曲りが始まります。

桜茶屋一里塚です。
16/34

桜茶屋一里塚です。

桜茶屋一里塚です。

蓮華石と烏帽子石です。
17/34

蓮華石と烏帽子石です。

蓮華石と烏帽子石です。

九鬼峠です。
道標が間違えやすい表記ですねこれ☣
18/34

九鬼峠です。 道標が間違えやすい表記ですねこれ☣

九鬼峠です。 道標が間違えやすい表記ですねこれ☣

八鬼山三宝荒神です。
19/34

八鬼山三宝荒神です。

八鬼山三宝荒神です。

八鬼山峠です。
お地蔵さんがたくさんあります。
20/34

八鬼山峠です。 お地蔵さんがたくさんあります。

八鬼山峠です。 お地蔵さんがたくさんあります。

盤座がある八鬼山頂上です。
21/34

盤座がある八鬼山頂上です。

盤座がある八鬼山頂上です。

八鬼山頂上から少し下った桜の広場にて。
熊野灘が良く見える最高の景色です!
22/34

八鬼山頂上から少し下った桜の広場にて。 熊野灘が良く見える最高の景色です!

八鬼山頂上から少し下った桜の広場にて。 熊野灘が良く見える最高の景色です!

時間が無いので急いで下ります。
十五郎茶屋跡です。
23/34

時間が無いので急いで下ります。 十五郎茶屋跡です。

時間が無いので急いで下ります。 十五郎茶屋跡です。

苔むした岩は下りは滑りまくるので要注意です!!
24/34

苔むした岩は下りは滑りまくるので要注意です!!

苔むした岩は下りは滑りまくるので要注意です!!

三木里側の登山口まで降りてきました。あとはほとんど舗装路です。
25/34

三木里側の登山口まで降りてきました。あとはほとんど舗装路です。

三木里側の登山口まで降りてきました。あとはほとんど舗装路です。

名柄一里塚です。
26/34

名柄一里塚です。

名柄一里塚です。

視界が開け、三木里の集落が見えてきました!
27/34

視界が開け、三木里の集落が見えてきました!

視界が開け、三木里の集落が見えてきました!

三木里海水浴場です!
白良浜なみにに綺麗!!!
28/34

三木里海水浴場です! 白良浜なみにに綺麗!!!

三木里海水浴場です! 白良浜なみにに綺麗!!!

しかし感慨にふける時間もなく駅に向かって猛ダッシュ!!
29/34

しかし感慨にふける時間もなく駅に向かって猛ダッシュ!!

しかし感慨にふける時間もなく駅に向かって猛ダッシュ!!

1分前に三木里駅に到着です!!!
今回もギリギリガールズ
30/34

1分前に三木里駅に到着です!!! 今回もギリギリガールズ

1分前に三木里駅に到着です!!! 今回もギリギリガールズ

前回に引き続き先回りするためJRで船津まで行きます。
31/34

前回に引き続き先回りするためJRで船津まで行きます。

前回に引き続き先回りするためJRで船津まで行きます。

船津で三重交通バスに乗り換えます。
32/34

船津で三重交通バスに乗り換えます。

船津で三重交通バスに乗り換えます。

長い長いバス旅行に…
道の駅奥伊勢おおだいで買い物が基本ルーチンになりました。
33/34

長い長いバス旅行に… 道の駅奥伊勢おおだいで買い物が基本ルーチンになりました。

長い長いバス旅行に… 道の駅奥伊勢おおだいで買い物が基本ルーチンになりました。

だいぶ日が落ちるのも遅くなってきました。
日があるうちに松阪駅に到着して牛さんで〆です。
ですが家に帰るまではトレランなので京都まで気が抜けませんよぅ!
34/34

だいぶ日が落ちるのも遅くなってきました。 日があるうちに松阪駅に到着して牛さんで〆です。 ですが家に帰るまではトレランなので京都まで気が抜けませんよぅ!

だいぶ日が落ちるのも遅くなってきました。 日があるうちに松阪駅に到着して牛さんで〆です。 ですが家に帰るまではトレランなので京都まで気が抜けませんよぅ!