開聞岳-百名山九州の旅1

2019.04.27 日帰り Kagoshima

活動データ

タイム

03:19

距離

7.9km

上り

858m

下り

860m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

平成から令和へGW1日目 100名山 九州の山旅 4/26(金)仕事を早めに片付けて大阪南港へ直行 17時55分出港のサンフラワーきりしまで鹿児島(志布志)7時50分着へ 10連休のGWのせいかフェリーは満室でした。 のんびり過ごし到着。 下船後志布志港から垂水港へ直行。 ベストタイミングで垂水フェリーのに乗って薩摩半島から大隅半島へ 錦江湾から見る桜島は壮観、わくわく感が増長しっぱなし。 鹿児島港についたらひたすら南下。 指宿に向かいます。 渋滞もなく、13時すぎにかいもん山麓ふれあい公園に到着。 気温28度湿度30%台、雲ひとつない陽気な天気に今日の観光はやめて「開聞岳」登山へ 円錐の山をぐるりと登る山は初めての経験。 太陽の向きが変化するさまが楽しく感じたところで一気に視界がひらけいい眺め。 桜島も屋久島も種子島も見え、よかったー 開聞岳山頂に昭和63年7月20日の皇太子殿下(現在の今上天皇陛下)登山御立所石碑がありなぜか感動。 ここからは温泉モードへ 下山後、たまてばこ温泉に行き、指宿の旅館へ 夕食後「砂蒸し会館」へ行き砂蒸し初体験。砂を盛られると圧迫感があったが時間とともに慣れて30分ぐらい入っていたかな。 お土産(いも焼酎、ほし芋、芋けんぴ、お茶)も指宿でほとんどGET 翌朝は、開聞岳の眺めがいいと聞いた長崎鼻まで行き、知林が島(渡れなかった)チャレンジをした後、きりしまへ向かいました。

20年ぶり、サンフラワー 金曜日、大阪南港から鹿児島しぶちへ
さあGWが始まりました。 少ない平成時代を楽しみます
まもなく上陸 15時間、ゆったりと過ごせました。
垂水港からまたまたフェリーで 鹿児島港へ向かいます
桜島。登れません🌋
最高の日和になりました
池田湖畔で休憩 南国気分
かいもん山麓ふれあい公園から
いよいよスタート
3合目
4合目
5合目
大隅半島を眺め
風穴
仙人洞っていいます
8号目
9号目 400メートル約800歩でした
絶景 この山に稜線はないけど開かれました。
はしご
到着しました。 思ったより早く2時間かかりませんでした。
平成時代の天皇が皇太子の時らしい 昭和63年に登頂したモニュメント
団体が降りて行きました。 やっと標柱が収められました
のどかすぎる はるか右奥には桜島
帰ります。 山頂に鳥居がありました
平成最後の晴れやか日和でした
屋久島が浮かんで見えます。 天気のいい日に登りたい
あっという間に着きました。 さあ次の目的地へ
たまてばこ温泉♨️に着きました。
今日は指宿に泊まります。 夕食後は砂むし温泉♨️へ
翌日、知林ヶ島へ散策。 干潮時、砂が海面から現れ島に渡れます。
駄目でした。 ねばったが駄目でした。 渡れそうでしたが止めました。
朝風呂♨️入って、長崎鼻へ行って来ました。 昨日登った開聞岳。 さあ、次へ行こう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。