霧中de夢中〜冷水岳・長串山〜

2019.04.24(水) 日帰り
mayumi
mayumi

活動データ

タイム

03:42

距離

10.6km

上り

462m

下り

463m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

水曜日 は 太極拳の練習 の 後 たいてい 山歩き 一週間 で いちばん アクティブな日 なのかも しれません あいにく の 霧雨 の 中 比較的 安心して 活動できる 舗装路 を チョイスして みましたよ

北九十九島 冷水岳
の
山頂
駐車場
から
スタート
です
冷水岳 の 山頂 駐車場 から スタート です
北九十九島 久しぶり
に
レインウェア
に
身
を
包み

いざ!
久しぶり に レインウェア に 身 を 包み いざ!
北九十九島 幻想的
霧中風景

外国
の
童話
の
セカイ
みたい

青い鳥?

ヘンゼルとグレーテル?
幻想的 霧中風景 外国 の 童話 の セカイ みたい 青い鳥? ヘンゼルとグレーテル?
北九十九島 青い鳥
も

魔女
も

きっと

自身
の
ココロ
が
映す
モノ
青い鳥 も 魔女 も きっと 自身 の ココロ が 映す モノ
北九十九島 森
の
精霊たち
の
宿り木
の
よう

いつも

かならず

見守っていてくれる
ヒト
が
居て

其れ
に
恥じぬよう

生きねば
と 
誓う
森 の 精霊たち の 宿り木 の よう いつも かならず 見守っていてくれる ヒト が 居て 其れ に 恥じぬよう 生きねば と 誓う
北九十九島 
山歩き
を
始めた頃
は
大観山
迄
しか
行けなかった

まだ

ただ
歩くコト
を
愉しむ
なんて

ピン
と
こなかったんだ
山歩き を 始めた頃 は 大観山 迄 しか 行けなかった まだ ただ 歩くコト を 愉しむ なんて ピン と こなかったんだ
北九十九島 山菜
や
キノコ

野の花
や
若葉
に

目
を
細め

バードコール
に
 
ココロ
洗われる
山菜 や キノコ 野の花 や 若葉 に 目 を 細め バードコール に ココロ 洗われる
北九十九島 眼下
に
広がる

北九十九島
も

霧の中
眼下 に 広がる 北九十九島 も 霧の中
北九十九島 でも

たしか
に

其処
に
ある

強さ
でも たしか に 其処 に ある 強さ
北九十九島 躑躅
の
アーチ

秘密
の
花園
躑躅 の アーチ 秘密 の 花園
北九十九島 長串山
の
山頂
には

金比羅神社
が
長串山 の 山頂 には 金比羅神社 が
北九十九島 晴れた日
も

雨の日
も

変わらず

守り続ける

信じ続ける
晴れた日 も 雨の日 も 変わらず 守り続ける 信じ続ける
北九十九島 今日
も
また

スコーン

フルーツシロップ
たっぷり
今日 も また スコーン フルーツシロップ たっぷり
北九十九島 白い
躑躅
の
花言葉
は

〜初恋〜
白い 躑躅 の 花言葉 は 〜初恋〜
北九十九島 赤い
躑躅
の
花言葉は

〜恋の悦び〜
赤い 躑躅 の 花言葉は 〜恋の悦び〜
北九十九島 躑躅
の
花言葉
は

〜慎み深い〜


ヒト
と
ヒト
に
とって

必要
な
ココロモチ

大切
な
ココロガマエ
躑躅 の 花言葉 は 〜慎み深い〜 ヒト と ヒト に とって 必要 な ココロモチ 大切 な ココロガマエ
北九十九島 少しだけ

明るくなってきた
空

見送る
時
は

はれやか
な
笑顔
で
少しだけ 明るくなってきた 空 見送る 時 は はれやか な 笑顔 で
北九十九島 少しだけ
見えてきたね

まだ
訪れたコト
の
ナイ
島々
少しだけ 見えてきたね まだ 訪れたコト の ナイ 島々
北九十九島 花
が
笑う
と

空
も
笑う

ボクら
似てるね
って

笑い合っている
花 が 笑う と 空 も 笑う ボクら 似てるね って 笑い合っている
北九十九島 つつじ。
の
つ。

旅
は
つづく。
の
つ。
つつじ。 の つ。 旅 は つづく。 の つ。
北九十九島 無事
に
戻った
冷水岳
は

まだ
深い
霧
の
中
で
無事 に 戻った 冷水岳 は まだ 深い 霧 の 中 で
北九十九島 まるで

ココロ
に
映しなさい

そう

諭して
くれた
よう
で
まるで ココロ に 映しなさい そう 諭して くれた よう で
北九十九島 
晴れた日
に
は
羽ばたけばいい

おもいきり

雨の日
に
は
羽を休めればいい

大切
な
場所
で
晴れた日 に は 羽ばたけばいい おもいきり 雨の日 に は 羽を休めればいい 大切 な 場所 で

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす