金剛山周辺をピークハント!(大日岳→坊領山→金剛山→葛城岳→湧出岳→中葛城山→高谷山→東條山)最後はボトボトです…(笑)

2019.04.24(水) 10:34 - 2019.04.24(水) 17:10
Kongosan, Nijozan, Yamatokatsuragisan (Osaka, Nara, Wakayama)
昨日・本日と連休でしたが、昨日は恒例のカイロプラティックと、5月1日のだんじりに向けてカットに行き、頭を丸めてきたため、山に行く時間はありませんでした。 今日は朝からダイトレの続きをするぞー!と思うものの、早朝からバスに乗ると思うとイマイチ乗り気になりません。 また昨日から右目が痛くて白目も真っ赤になっております。 そのうえ天気予報を見てみると…「てんくらC」です。 ワタクシの休み、何故こんなに「てんくらC」なんでしょうか? 朝はAM7:00に起床です。 すると…朝から一大事ですっ!! 右目が目ヤニでくっついております… 「やっぱり眼科行った方がええかなぁ…」 眼科・山・眼科・山…少し悩みます。 で、外を見ると雨が降った跡がありますが、曇り空です。 もう一度、天気予報を見ると…やっぱり「てんくらC」です。 朝から夕方までは曇りマークです。風がかなり強いようです。 「曇りやから行けるやんっ♪」 イヤ…ちょっと待てよ…毎回コレで行ってえらい目に遭ってるしな… 「アカンアカン!こんなんで行ったらどうせ雨に降られてヤマップのネタになってまうわー」 しかし…空を見れば曇りです。 今日、山に行かなければGWまで山へ行けません。 「また雨降るんやろなぁー」…と思いつつ、眼科は諦め、山の準備を始めます(笑) 「まぁダイトレやったら時間も掛かるし、ちょっとだけ金剛山行こー」 車に乗ると登る気マンマンです。 金剛山へ到着。 準備をして登り始めます。今日はシルバールートで登ります。 途中ですれ違った方と一瞬お話をしましたが「雨降らんで良かったなぁー」と話をされておりましたが、ワタクシ、今から登るんですが…(^^;; 右目から涙をタラタラ出しながら登ります。 目から涙が出ると何故か鼻もタラタラ出てきます…(笑) まぁまぁしんどいなぁーなどと思いながらも山頂へ無事到着です。 山頂の看板を見て、まだ行っていない「奥赤坂山」と「坊領山」こちらへ行きたいなぁーなんて思いながら、すぐに出発です。 山頂周辺をウロウロして12時にもう一度山頂へ。 ここでゴハンを食べましたが、そのまま降りてもすぐに終わってしまいますので、ここから坊領山へ向かう事にします。 山頂からしばらく降りて行き、セトへ到着。 さらに少し歩くとその先に坊領山への分岐点があります。 電波管理所が目印です。 その横を抜けるように歩きますが、途中からそこそこ急斜面を下ります。 まぁまぁ下ります! これだけ降りたら登るのんしんどいなぁーと思いますが、坊領山へ行きたいので頑張ります。 坊領ルートですが、ルートは明瞭でした。 途中で鉄塔が出て来て、さらに歩いて行くとベンチがあり、「↑ 坊領山山頂」とあります。 急登ですが一瞬です。登りきったすぐ隣が山頂みたいでした。 山頂感なし、眺望なし。…予想はしておりましたが…(笑) そこから地図を見ますが、そのまま谷へ急降下して登ると奥赤坂山の近くに行くようですが、 ルートが分かりませんでした。 そのまま来た道を戻り、セトまで登り、さらに金剛山山頂、葛城岳、湧出岳を通って、千早園地経由でダイトレから戻ります。 久留野峠まで到着した時点でそこそこな時間になっていました。 …で、隣を見ると恐ろしい角度・長さの階段があります。 これを登ると中葛城山山頂がすぐみたいですので、とりあえず、ここだけ寄ってから久留野峠から降りようと階段を上がります。 …で、すぐに山頂へ。 そこで写真を撮ってヤマップを見ると… 通常のコースタイムでは結構掛かるようですが、下りが多いので千早峠まで行って、そこから下山する事にしました。 ただのんびり歩いていると日没の時間までに間に合わないので、少し急ぎます。 千早峠手前の階段、ひたすら降りて行きますが、まぁまぁ足にきます! 千早峠から林道五條線経由で金剛山の駐車場方面へ戻りますが、ここにもう一つ山頂が… 「東條山」と書かれていたので、ヤマップの地図を見ながら分岐点辺りで道を間違え、ウロウロしましたが、何とか山頂まで到着! …で、ここで右目がかゆくて目をこすったら… なんとっ!コンタクトが落ちてしまいましたっ!! しかし…いつも予備のコンタクトを入れているので安心です♪(^^)v 「コンタクト・コンタクト…」 カバンを探しますがありません。。。 「あれっ??なんでっ???」 コンタクトが見当たりません…(-,-|| 先週の3連休の時に山へ行った時、最後に荷物をまとめて別のカバンに予備のコンタクトを入れたまんまでした… そこから急いで下山しますが、片目の視力がかなり悪いので結構つらいですっ! しかしながら、帰りはルートを間違えず、最短で降りれました。 また林道に戻りますが、この辺りは舗装路になっていたので、ひたすら降り続けます。 もぅ結構ボトボトになっていましたが、レインウェアも暑いのでそのまま雨の中を歩きました。 しばらくして駐車場へ出ましたが、ちょうどババ谷の入口の反対側辺りに出てきました。 そこから道路を歩いて戻りますが、道路へ出たら木もないのでさらにボトボトです! やっぱり「てんくらC」ですねー(^^;; で、駐車場に無事に到着。 何とか日没までに間に合ったので良かったです。 良かったのはここまでで、帰りの道中、コンタクト片目だけで運転するのが結構怖かったですが、何とか無事に家まで辿り着きました。 今回も雨に打たれ、ボトボトになり、奥赤坂山の山頂へも行けませんでしたが、そんな中でも嬉しい事が一つ。 今回、転法輪寺の売店が開いていたので前から欲しかった金剛山バッチ全種類購入出来ました。 今日はこれでスッキリです(^^)b 6種類のバッチを見てニヤニヤ… まぁまぁ気持ちワルいオッサンですねっ!(笑) 雨に打たれ、コンタクトはなくなり…と今日は散々な目に遭いました。 しかし歩き終わってみると何故かスッキリです。 山 最 高 っ ! …という気持ちで本日の活動日記はこれにて終了です。 お疲れ様でしたー また次は奥赤坂山へも行ってみたいと思います。

写真

槇尾山行きのバス、槇尾山方面も良い天気でキレイです。

槇尾山行きのバス、槇尾山方面も良い天気でキレイです。

金剛山へ到着しました。ロープウェイ側からスタートです。

金剛山へ到着しました。ロープウェイ側からスタートです。

今日はシルバールートで登ります。

今日はシルバールートで登ります。

分岐点、シルバールートは大丈夫ですが、もう一方は立入禁止です。

分岐点、シルバールートは大丈夫ですが、もう一方は立入禁止です。

このルートは歩き易いですね!

このルートは歩き易いですね!

水場もあります。

水場もあります。

途中から枯れた沢を登ります。

途中から枯れた沢を登ります。

またまた水場がありました。

またまた水場がありました。

忘れ物です。

忘れ物です。

ロープウェイのルートへ合流しました。

ロープウェイのルートへ合流しました。

文殊岩方面に向かいます。

文殊岩方面に向かいます。

金剛山山頂到着です。

金剛山山頂到着です。

山頂の看板ですが、まだまだ歩いた事のないルートがあります。

山頂の看板ですが、まだまだ歩いた事のないルートがあります。

奥赤坂山、坊領山…時間もまだあるので前から気になっている坊領山へ行ってみます。

奥赤坂山、坊領山…時間もまだあるので前から気になっている坊領山へ行ってみます。

セト方面に行きたいのですが、山頂のすぐ下は崩落して渡れません。

セト方面に行きたいのですが、山頂のすぐ下は崩落して渡れません。

セトの迂回路へ行く前にそこら辺をウロウロ。カタクリが咲いてました。

セトの迂回路へ行く前にそこら辺をウロウロ。カタクリが咲いてました。

葛城神社の横に出てきました。

葛城神社の横に出てきました。

その横を見ると何かありました。ここは初めて知りました。

その横を見ると何かありました。ここは初めて知りました。

で、今日は転法輪寺横のお店が開いてました!前々から欲しかったあのアイテム購入っ!やっと買えました〰✨

で、今日は転法輪寺横のお店が開いてました!前々から欲しかったあのアイテム購入っ!やっと買えました〰✨

で、ウロウロを続けて大日岳山頂へ。ヤマップに認定される前はほとんど来なかったんですが…(笑)

で、ウロウロを続けて大日岳山頂へ。ヤマップに認定される前はほとんど来なかったんですが…(笑)

大日岳からセトの迂回路を降りて行きます。セトに到着。黒栂谷へ降りる分岐点ですね。

大日岳からセトの迂回路を降りて行きます。セトに到着。黒栂谷へ降りる分岐点ですね。

少し青崩道を進むと、坊領山との分岐点があります。

少し青崩道を進むと、坊領山との分岐点があります。

電波管理所が目印です。その横を通って進みます。

電波管理所が目印です。その横を通って進みます。

フェンスの横を抜けて歩きます。

フェンスの横を抜けて歩きます。

もっと激しいルートかと思っておりましたが、整備された登山道でした。

もっと激しいルートかと思っておりましたが、整備された登山道でした。

看板も何ヵ所もあり迷うことはなさそうです。

看板も何ヵ所もあり迷うことはなさそうです。

道も明瞭です。

道も明瞭です。

うわっ!何かエキスが出てヤバそうな看板です。

うわっ!何かエキスが出てヤバそうな看板です。

歩き易いです。

歩き易いです。

ここで分岐点でどちらに行くか悩みます。

ここで分岐点でどちらに行くか悩みます。

…が、すぐ下で合流しました。倒木にルートの案内がありました。

…が、すぐ下で合流しました。倒木にルートの案内がありました。

ここからも少し獣道感が出てきましたがまだ歩きやすいです。

ここからも少し獣道感が出てきましたがまだ歩きやすいです。

花も咲いてて癒されます。

花も咲いてて癒されます。

そのまま降り続けると鉄塔が出てきました。

そのまま降り続けると鉄塔が出てきました。

広場みたいになっています。

広場みたいになっています。

看板もあります。上松尾という場所です。

看板もあります。上松尾という場所です。

足谷林道…また今度降りてみたいですが、どこに行くでしょうか?

足谷林道…また今度降りてみたいですが、どこに行くでしょうか?

こちらの坊領山方面に向かいます。

こちらの坊領山方面に向かいます。

ルートは明瞭ですが、ここからクモの巣だらけでした💦

ルートは明瞭ですが、ここからクモの巣だらけでした💦

看板とベンチです。ここから登れば坊領山山頂です。

看板とベンチです。ここから登れば坊領山山頂です。

上に向いた看板通りに登ります。

上に向いた看板通りに登ります。

そこそこ急登ですが、距離は短いです。

そこそこ急登ですが、距離は短いです。

山頂ではなかったです。

山頂ではなかったです。

すぐ隣に見えてました。

すぐ隣に見えてました。

坊領山山頂に到着です✨

坊領山山頂に到着です✨

いろいろな看板があります。

いろいろな看板があります。

その隣にもまた看板が…

その隣にもまた看板が…

その先を見ると…谷を降りて登れば奥赤坂山方面に行けそうですが、ルートがありませんでした。もう一度戻ります。

その先を見ると…谷を降りて登れば奥赤坂山方面に行けそうですが、ルートがありませんでした。もう一度戻ります。

セトの先の分岐点からそこそこの距離がありますが、何ヵ所か急登があります。結構足にきます。一瞬の晴れ間でした。

セトの先の分岐点からそこそこの距離がありますが、何ヵ所か急登があります。結構足にきます。一瞬の晴れ間でした。

ルート上にボールのような目印も何個かありました。

ルート上にボールのような目印も何個かありました。

結構しんどいです!

結構しんどいです!

高度感が分かりにくいかと思いますが、結構キツイです。

高度感が分かりにくいかと思いますが、結構キツイです。

無事にセトへ出て、またまた山頂に戻ってきました。ちょっと休憩です。

無事にセトへ出て、またまた山頂に戻ってきました。ちょっと休憩です。

続いて…湧出岳山頂です。

続いて…湧出岳山頂です。

そこから千早園地を越えて、伏見峠まできました。ダイトレ経由で戻ります。

そこから千早園地を越えて、伏見峠まできました。ダイトレ経由で戻ります。

そのまま下山ももったいないなぁ〰と思い、ダイトレを歩きます。

そのまま下山ももったいないなぁ〰と思い、ダイトレを歩きます。

久留野峠に到着!時間もそこそこですが、隣を見れば…

久留野峠に到着!時間もそこそこですが、隣を見れば…

天国への階段が見えます。ちょっと気になったので見に行きます。

天国への階段が見えます。ちょっと気になったので見に行きます。

ダイトレ「久留野峠」

ダイトレ「久留野峠」

かなり角度もありたまりませんっ!

かなり角度もありたまりませんっ!

で、登りきると中葛城山の山頂です。ここから久留野峠に戻ろうかと思いましたが、このペースで歩けると、千早峠経由でも日没までには戻れそうなのでさらに歩いてみました。

で、登りきると中葛城山の山頂です。ここから久留野峠に戻ろうかと思いましたが、このペースで歩けると、千早峠経由でも日没までには戻れそうなのでさらに歩いてみました。

歩きやすいルートでした。
…が雨がそこそこ降ってきました😅

歩きやすいルートでした。 …が雨がそこそこ降ってきました😅

途中、少しだけ眺望があります。雨のおかげかなかなかキレイに見えていました。

途中、少しだけ眺望があります。雨のおかげかなかなかキレイに見えていました。

高谷山到着です。

高谷山到着です。

時間も遅くなってきたのでペースをさらに上げます!

時間も遅くなってきたのでペースをさらに上げます!

ひたすら階段地獄を降りて千早峠に到着!

ひたすら階段地獄を降りて千早峠に到着!

ダイトレ方面と五条北山道がありますが…千早赤坂村方面はどちらに…??

ダイトレ方面と五条北山道がありますが…千早赤坂村方面はどちらに…??

こちらに行くと帰って来れません💦

こちらに行くと帰って来れません💦

あっ!ダイトレ側に小さなルートがありました。

あっ!ダイトレ側に小さなルートがありました。

しばらく降りると軽四が通れそうな道幅の広い所へ出ました。

しばらく降りると軽四が通れそうな道幅の広い所へ出ました。

林道五條線終点とあります。

林道五條線終点とあります。

このまま降りるとすぐに分岐点があり、左に行くと東絛山にも行けるようなので行ってみます。

このまま降りるとすぐに分岐点があり、左に行くと東絛山にも行けるようなので行ってみます。

いかなり道を間違えてすぐに左に曲がりましたが違いました。

いかなり道を間違えてすぐに左に曲がりましたが違いました。

分岐点に戻り、すぐ先にこの看板がありました。

分岐点に戻り、すぐ先にこの看板がありました。

隣を見ると無惨な姿の軽四が…

隣を見ると無惨な姿の軽四が…

この軽四を過ぎてからすぐ左に曲がります。

この軽四を過ぎてからすぐ左に曲がります。

道なりに行くと皆様の活動日記で見たソファーが…

道なりに行くと皆様の活動日記で見たソファーが…

ここからがややこしかったです。ソファーのすぐ左に入ったのですが…

ここからがややこしかったです。ソファーのすぐ左に入ったのですが…

しばらく行くと行き止まりで戻ってきました。

しばらく行くと行き止まりで戻ってきました。

で、ソファーまで戻り、今度は左のルートへ…こちらも行き止まりでしたが、その行き止まりの木にテープがあり、「東絛山↑」と書かれており、無理やり登ると超細尾根に乗り、登れました。

で、ソファーまで戻り、今度は左のルートへ…こちらも行き止まりでしたが、その行き止まりの木にテープがあり、「東絛山↑」と書かれており、無理やり登ると超細尾根に乗り、登れました。

結構細くて、それなりに急な感じも一部ありましたが、テープが所々巻いてあり、ルートも分かり易かったです。やっと山頂到着です!

結構細くて、それなりに急な感じも一部ありましたが、テープが所々巻いてあり、ルートも分かり易かったです。やっと山頂到着です!

東絛山山頂の看板です。かなり控え目な看板でした(笑)

東絛山山頂の看板です。かなり控え目な看板でした(笑)

下山時に正確くなルートを発見!そこから降りるとすぐでした。これをくぐり歩きます。ソファーの所で左右と真ん中の3本ルートがありますが、真ん中が正規のルートだったようです。これを降りるとソファーの分岐点に戻りました。

下山時に正確くなルートを発見!そこから降りるとすぐでした。これをくぐり歩きます。ソファーの所で左右と真ん中の3本ルートがありますが、真ん中が正規のルートだったようです。これを降りるとソファーの分岐点に戻りました。

そこから林道を降り続けます。分岐点が結構あります。

そこから林道を降り続けます。分岐点が結構あります。

隣を見れば台風の爪痕もありますが、林道には倒木もなく歩きやすいです。

隣を見れば台風の爪痕もありますが、林道には倒木もなく歩きやすいです。

どんどん下ります。

どんどん下ります。

建物を見るとホッとします。

建物を見るとホッとします。

で、そろそろ登山口の周辺ですが、ここでルートを間違えて左に歩いて行きました。

で、そろそろ登山口の周辺ですが、ここでルートを間違えて左に歩いて行きました。

この小屋が見えたら間違えです。また戻ります。
この辺りではもうボトボトです!

この小屋が見えたら間違えです。また戻ります。 この辺りではもうボトボトです!

ここで道の下を見たら道路手前にもう一本道があるのが見えて間違いに気付きました。

ここで道の下を見たら道路手前にもう一本道があるのが見えて間違いに気付きました。

とにかく沢づたいに降りていけば良かったようです。ゲートが出てきました。

とにかく沢づたいに降りていけば良かったようです。ゲートが出てきました。

駐車場に出ました。ここから駐車場まで戻りますが木もなくなり、雨に打たれながら駐車場へ戻りました💦日暮れまでに戻れて良かったです。

駐車場に出ました。ここから駐車場まで戻りますが木もなくなり、雨に打たれながら駐車場へ戻りました💦日暮れまでに戻れて良かったです。

今日の活動✨気がつけばかなり歩いてました〰😅

今日の活動✨気がつけばかなり歩いてました〰😅

本日のお買い物、「金剛山転法輪寺バッチ」全6種類買いました〰✨
前にこの存在を知って欲しかったのですが、なかなか開いてなくて今日全部買いました〰(笑)
四季折々のデザインがあり、なかなか素敵です✨

本日のお買い物、「金剛山転法輪寺バッチ」全6種類買いました〰✨ 前にこの存在を知って欲しかったのですが、なかなか開いてなくて今日全部買いました〰(笑) 四季折々のデザインがあり、なかなか素敵です✨

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。