雨乞岳ーイブネー御在所(2日間)

2019.04.20(土) 12:26 - 2019.04.21(日) 13:43
鈴鹿セブン制覇まであと雨乞岳のみ。 最後はテン泊しようということになり、ツーリングで使っているテント一式持ち出していざ出発! まあ、大荷物で出発前に重さを量ってもらったら16kgと、普段の倍近くになることが判明したがなんとかなるだろう。 武平峠から出発してまずは東雨乞岳を目指すが、とにかく笹がすごい。 雨乞近傍は笹のパラダイスで、笹薮に埋まりながら進んでいくことになるわけです。 イブネへは若干の登り返しとなるわけですが、ここで荷物の重さが効いてくる。 距離とか標高差は普段とそんなに変わらないけど、とにかく足に来るところでイブネへ向けて最後の登りを超えた先には、一面苔の大地が広がっている。 まあ、珍しい光景にテンション上がりながら時間も遅かったので、速攻でテントを設営。 夕日もきれいに見れて、最高の景観でした。 だんだんと冷えてきて寒くなってきたので、そそくさと食事にしてテントに避難。 シュラフがツーリングで使ってるものだったので、正直寒かった! 翌朝は一面真っ白! 今日の目的は御在所でカレーうどん食べることなので、別にイイけどね・・・ テント撤収してまずはクラシへ。 おっちゃんが「イブネクラシ」というおやじギャグを言いたいだけのために向かったわけだが、クラシ頂上はともかく途中に一面苔の光景が日本庭園的に見えてちょっと感動。 (たまにはおやじギャグに付き合うのもありか・・・) このままマイナールートで御在所を目指すが、昨日の疲れも残っている状態でこの下りがなかなかにきつく沢まで下ったところでフラフラ・・・ 冷たい水で顔洗って気合入れて、ここから御在所まで登り返し!!(ゲンナリ) 途中の岩にテンション上げて自分をごまかしながらなんとか御在所到着。 念願のカレーうどんを食べて無事下山。 かなり疲れたけど、達成感のある山行でした。 鈴鹿セブン制覇! 今回から写真を16:9に変更。

写真

武平峠の駐車場。
12時くらいでしたが、数台の空きでした。

武平峠の駐車場。 12時くらいでしたが、数台の空きでした。

トンネルを渡ると滋賀県です

トンネルを渡ると滋賀県です

登山口に到着。
ここから雨乞岳を目指す。

登山口に到着。 ここから雨乞岳を目指す。

頑張っていきますよ。

頑張っていきますよ。

いい雰囲気です。

いい雰囲気です。

この辺、開けていて道が分かりづらい。

この辺、開けていて道が分かりづらい。

まだまだ傾斜が緩やかなので余裕です(今だけ)

まだまだ傾斜が緩やかなので余裕です(今だけ)

花を愛でる。

花を愛でる。

沢渡りが多い

沢渡りが多い

やっと5番

やっと5番

ここで一服

ここで一服

ついでなので七人山へ向かう

ついでなので七人山へ向かう

すぐに到着

すぐに到着

七人山からの雨乞岳。
もうちょっとだ

七人山からの雨乞岳。 もうちょっとだ

このへんから登りがきつくなっていく。

このへんから登りがきつくなっていく。

さらに笹薮の登場

さらに笹薮の登場

道が見えんがね・・・

道が見えんがね・・・

山頂見えてきた!

山頂見えてきた!

東雨乞岳に到着!

東雨乞岳に到着!

御在所と鎌方面

御在所と鎌方面

景観最高です

景観最高です

雨乞岳への稜線??
いや、笹薮。

雨乞岳への稜線?? いや、笹薮。

イブネ方面

イブネ方面

鎌さんカッコいい!

鎌さんカッコいい!

人が埋まる

人が埋まる

笹薮を抜けて

笹薮を抜けて

雨乞岳到着。
笹薮抜けてきて微妙なテンションで鈴鹿セブン達成(-_-;)

雨乞岳到着。 笹薮抜けてきて微妙なテンションで鈴鹿セブン達成(-_-;)

イブネに向かいますか

イブネに向かいますか

写真を撮るおっちゃん

写真を撮るおっちゃん

気持ちいい稜線

気持ちいい稜線

杉峠。
カッコいい杉でした。

杉峠。 カッコいい杉でした。

さて、最後の登りだ!

さて、最後の登りだ!

ここら辺に来ると足がパンパンです。

ここら辺に来ると足がパンパンです。

杉峠の頭。

杉峠の頭。

こういう雰囲気好きです。

こういう雰囲気好きです。

頑張って上る(疲労困憊)

頑張って上る(疲労困憊)

イブネに着いた~

イブネに着いた~

テントどこに設営しようか・・・

テントどこに設営しようか・・・

設営完了

設営完了

御在所と鎌

御在所と鎌

ビールが旨い!

ビールが旨い!

今日は塩ラーメン(野菜&ウインナー&タマゴ入り)

今日は塩ラーメン(野菜&ウインナー&タマゴ入り)

日が暮れてきました

日が暮れてきました

花を愛でる

花を愛でる

幸せのひと時。

幸せのひと時。

夕日がきれいです。

夕日がきれいです。

暗くなってきたのでそろそろ寝るか。

暗くなってきたのでそろそろ寝るか。

最後に四日市方面。
満月がものすごく明るかった。

最後に四日市方面。 満月がものすごく明るかった。

2日目。真っ白でなんも見えんがね。

2日目。真っ白でなんも見えんがね。

テント撤収して出発。
モチベーション上がらず。

テント撤収して出発。 モチベーション上がらず。

イブネ北端。

イブネ北端。

クラシへ向かう途中の日本庭園的な風景。
写真だと伝わらない系。

クラシへ向かう途中の日本庭園的な風景。 写真だと伝わらない系。

クラシへの道

クラシへの道

後のおやじギャグの聖地である。

後のおやじギャグの聖地である。

気を取り直して出発

気を取り直して出発

ここからの下りはとにかく道が分かりづらい。

ここからの下りはとにかく道が分かりづらい。

小峠。

小峠。

ここ下ります。

ここ下ります。

変な岩発見!
ちょっとテンション上げていく。l

変な岩発見! ちょっとテンション上げていく。l

ここも下ります・・・

ここも下ります・・・

やっと看板出てきた。

やっと看板出てきた。

沢まで下りてきました。
顔を洗って気合を入れる。

沢まで下りてきました。 顔を洗って気合を入れる。

だいぶ下ったので、ここから厳しい登り。

だいぶ下ったので、ここから厳しい登り。

途中のおしゃれな滝(ミニサイズ)

途中のおしゃれな滝(ミニサイズ)

国見峠に向かう

国見峠に向かう

この辺から疲れがピークに。

この辺から疲れがピークに。

何やら物騒な谷だな。

何やら物騒な谷だな。

うーん。登るけどね。

うーん。登るけどね。

何も岩に根を張らなくてもね。

何も岩に根を張らなくてもね。

ただただ上げていく。

ただただ上げていく。

花を愛でる

花を愛でる

ハンバーガー?
こんな顔の魚いなかったけ?

ハンバーガー? こんな顔の魚いなかったけ?

国見峠までもう少し

国見峠までもう少し

到着!
疲労困憊のなか御在所へ向かいます。

到着! 疲労困憊のなか御在所へ向かいます。

やっと登り切った。

やっと登り切った。

御在所ロープウェイ乗り場。 自慢じゃないが始めてきた。

御在所ロープウェイ乗り場。 自慢じゃないが始めてきた。

普段は飲まないコーラ。 疲れた体にしみこむ。

普段は飲まないコーラ。 疲れた体にしみこむ。

念願の御在所名物カレーうどん。 自分へのご褒美に奮発してチーズ入り。 麺は伊勢うどんでした。 おいしかったよ!

念願の御在所名物カレーうどん。 自分へのご褒美に奮発してチーズ入り。 麺は伊勢うどんでした。 おいしかったよ!

満足したので、御在所山頂を目指す。 ガスってるね。
都合により山頂の写真はなし。

満足したので、御在所山頂を目指す。 ガスってるね。 都合により山頂の写真はなし。

なんかね。

なんかね。

長寿池なるところに来てみた。

長寿池なるところに来てみた。

なんかね~

なんかね~

御在所のレストラン。

御在所のレストラン。

鼻の生えたケルン

鼻の生えたケルン

さて、武平峠へ下りますか。

さて、武平峠へ下りますか。

カレーうどんで復活したので、サクサク行くよ!

カレーうどんで復活したので、サクサク行くよ!

鈴鹿らしくなってきた。

鈴鹿らしくなってきた。

なんでしょう。 指ですか。

なんでしょう。 指ですか。

岩が出てきてテンション上がってくる。

岩が出てきてテンション上がってくる。

鎌に向かって叫ぶも雲に隠れる照れ屋さん。

鎌に向かって叫ぶも雲に隠れる照れ屋さん。

写真をとるおっちゃん。

写真をとるおっちゃん。

こっちの道も面白いよ!

こっちの道も面白いよ!

もうちょっと。

もうちょっと。

鎌ヶ岳? いや、今日は行かんし!

鎌ヶ岳? いや、今日は行かんし!

武平トンネルまで下ってきました。

武平トンネルまで下ってきました。

駐車場に到着!
お疲れ山。
今回は初のテント泊で達成感が大きかった。

駐車場に到着! お疲れ山。 今回は初のテント泊で達成感が大きかった。

温泉は希望荘

温泉は希望荘

ケーブルカーで施設まで行きます。

ケーブルカーで施設まで行きます。

わーい!(童心に帰る) いいお湯でした。

わーい!(童心に帰る) いいお湯でした。

参加メンバー

  • 三重県在住。活動場所は四日市競輪場を中心に全国の公営競技場。 不健康を絵に書いた様な人間が何故か登山を初めた。 世も末だ。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。