RALLYで行く バイクde登山とキャンプツーリング 国見岳・小国見岳・五勇山・烏帽子岳縦走編

2019.04.20(土) 日帰り Miyazaki, Kumamoto
てっちゃん
てっちゃん

活動データ

タイム

05:56

距離

11.8km

上り

1,105m

下り

1,146m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

4月20日(土)は快晴のようでしたので以前から登ってみたかった国見岳へ! せっかくなのでついでに国見岳・小国見岳・五勇山・烏帽子岳の四座を縦走してきました^^ 翌日は続編に続きます。 https://yamap.com/activities/3483150

20日の朝ですが寝過ごしてしまいまして(汗) 予定より一時間程遅れて出発です。
五ヶ瀬までノンストップで来ましたが寒くて防寒対策しまして
酷道445号線で二本杉峠を越え九州最秘境である五家荘へ
シャクナゲの花が綺麗でしたので
つり橋に寄り道したり
林道に迷いこんだりしながら←故意的w
国見岳登山口手前の
五勇谷ゲート手前に
到着です。
いそいそと準備を済ませて
出発ですが、後にも先にも水場はここだけでしたので、今後行かれる方(特に縦走される場合)は飲み水を多めに携帯しておくと良いでしょう。
林道ゲートを
越えて行きますが
バイクなら
行けるんだけどな~
なんて思いながら
登山口へ到着です。
いきなり尾根に取りついての急登となりまして
山災かと思って拾ってみたら花びらのようでしたので
見上げてみると・・木蓮でしょうか?
同じ白でもこれは山災w
帰宅後に調べてみたらタムシバ?モクレン科のようで納得。
この登山道はテープの残骸が多いですね~
立派な巨木
結構な急傾斜でございました(汗)
モンキーチェアに
すずらん(違)
すずらん祭りw
ポツンと一輪の花
徐々に
視界が開けてきまして
大きな空洞のある木があったので
セルフタイマーで撮ってたら・・・ 目の前をムカデが這ってましたw
ゴミは無いけどやはりテープの残骸が多い!
ナンデスカコレハ?
クッキリ!
うわぁ
なんじゃこりゃ~?
帰宅後に調べてみたらバイケイソウという植物なんだそうですね。
ここも黒豆製造機の食害が・・・
視界が開けてきたので
振り向いてみたりしながら
山頂が見えてきまして
本日一座目となる
くまもん県最高峰の
国見岳山頂へ到着です!
青い空とこの祠のコラボが見たかったので感激でした~♪
山頂からは
360度の
展望が
見られ
しばし
ぐるりと
景色を眺めてみまして
本当は椎矢峠までのダートをバイクで走ってからここまで登る事も考えてましたが、縦走できるのを知ったので急遽予定変更したのでした。
絶景を眺めながら美味しくいただいたら
山頂に居合わせた方々の記念撮影をしたりしながら
シャクナゲの群生を
掻き分けながら
次はあの頂へ
向かって
縦走を
開始
しますが
最初の急登で踵に靴擦れができそうな感じでしたので念の為に絆創膏を貼っておきまして
次の頂へ
ふんふんふ~ん黒豆や~♪
本日二座目の小国見岳へ到着
山頂からの景色を眺めたら
再びバイケイソウ祭りの中を通過して行きます。
しじみw
次は五勇山へ
ガサゴソと藪漕ぎしながら
多分ここが
本日三座目となる五勇山の山頂かな?
モノクロなカモフラ
気持ちよく進んで行きたいのですが
相変わらずテープの残骸だらけで中々前に進めません(汗)
そういわれると
登ってみたくなるので
景色を眺めてみますが、これは山からの・・
オ・モ・テ・ナ・シ?
野村
マンサク
もふもふ
ムンクの叫び
シャクナゲの
藪漕ぎ?
本日四座目となる烏帽子岳へ到着です。
しばし景色を
眺めたら下山を開始しますが
久し振りに
山災をゲットしたら
その後も
やっぱり
テープの
残骸が
10歩歩かない内にあちこち散乱しています。
シジミ(違)
その後も
ありえない量の
テープを拾い続けて
限界です。新しいテープの周囲に必ず落ちているので、整備している方々が交換後捨てているのでしょうか?
ゴミは殆ど落ちてないのに
何だか残念な気持ちになりながら
無事に
四座縦走を
終える事が
出来ましたが
まっこてずんばいだれもした~w 続編へ続く

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。