くたみ岐れで山桜(一番水から)

2019.04.16(火) 2 DAYS Oita, Kumamoto
大分屋3
大分屋3

活動データ

タイム

02:33

距離

5.1km

上り

320m

下り

317m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

 今日は午後に用事(歯医者で定期検診など)があるので、短時間で行って来れる場所をと考えたら、昨年も行った山桜を見に行くことに。  山桜はソメイヨシノと違って、一斉に満開にはならず、種類によって開花時期がずれる。それからすると、ちょうど見頃の時期に出会えた。  ブログはこちらから。記事はまったく同じだけど。 http://blog.livedoor.jp/oitayass3/archives/1978356.html

 七里田温泉近くの定点撮影ポイント。今日はのんびりペースなので、すっかり日が登っている。  晴れているが薄雲。
 レゾネイトクラブの駐車場を使わせてもらう。向こうは祖母・傾山系。
 ここから登山道へ。正面向こうは鳴子山、左に稲星山。
 昨年は工事中だった砂防ダムの工事が終わっている。
 砂防ダムの影響か、登山ルートが変更になっている。結構急登で、黒土がむき出しなので、雨が降ったらやっかい。
 山桜の植林地帯に出て来た。
 ド根性山桜。
 この木は満開。
 花を確認。
 葉が赤茶色。
 これは赤緑。
 山肌もうっすらと新緑。
 しだれ桜。
 葉が薄い緑。
 確かこの辺に展望所があったはず。
 踏み跡がまったく見えず、獣道を辿って露岩展望所へ。  山桜林の上部。向こうに阿蘇根子岳。
 下部。あまり良く見えない。ドローンを飛ばしたいけど、持っていない・・・。
 昨年はピンクのテープを張ってあった場所にコンクリート道。どこまで行っているのか確かめて見よう。
 舗装はここまで。左が登山道。車が通れる幅はすぐ先まで。
 ここ数年は大雨が多いので、土石流が川を深くえぐったらしい。コンクリート道は砂防ダムなどの工事の為かも。
 ここまで足を伸ばした。
 大船山の南西尾根ルートの入口の看板を確認。見える範囲の目印テープが剥がされたのか見当たらず。このルートを登って見たかったが、解禁されるまでおあずけ。
 コンクリート道を降ってくたみ岐れ。立ち木に布を巻いてあるのは工事用の重機で傷を付けたかも。案内標識も工事の影響か折れ曲がっていて、早いとこ修理してほしい。
 まだ撮り足りない。
 さらにコンクリート道を降る。
 またアップ。
 登山道を団体さんが登って来る。
 ここでコンクリート道を外れ、牧道へ。
 林を抜けた。このルートを歩くのは初めて。
 牧草地の向こうに祖母・傾山系。絶景かな。
 阿蘇山に水蒸気が見える。噴火警戒レベルが2に引き上げられたので、当面は登れそうにない。  おまけに今夕、噴火が観測されたと発表。
 牧草地を降る。右は大船山、左は鳴子山。
 車道に出て来た。
 反対側にこのポスター。硫黄山も先日、火山性地震が観測されたので、要注意。
 駐車場は満車。団体さんは中型観光バスで来たらしい。
 時間的に余裕があったので、すぐ近くのくじゅう花公園で花を撮影。  花公園の写真は後日ブログに。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。