日留賀岳 天空回廊

2019.04.13(土) 日帰り

活動データ

タイム

08:23

距離

13.9km

上り

1516m

下り

1504m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 23
休憩時間
1 時間 7
距離
13.9 km
上り / 下り
1516 / 1504 m
5 3
2 52

活動詳細

すべて見る

白毛門撤退以来のNikkoMonkyさんとのコラボ。前日の急なお誘いにも快諾していただいた。小山さん宅に到着したのが6時前で既に2台の県外ナンバーが停まっていた。自分の好きな山が人気になるのは決して悪い気はしない。一台は沢山良い山が有る山梨だし。登山者名簿を確認すると9日以降記載が無く先日の降雪以降、人があまり入っていない模様だが想定はしていた。 スタートから雪は皆無。冬靴を履いてきたのが不安なるが途中からしっかり雪が着いてきて一先ず安心する。とは言え雪の日留の急坂を長い時間歩くのは容易ではないと気を引き締める。 尾根に上がった辺りで先行者を追い抜いたが間もなく雪深くなり我々がノートレースを進むことになる。ツボでは歩き難くここでワカンを装着。暫く浮力と足抜けの恩恵を受けていたが、調整不良なのか靴が前後にズレては修正するを繰り返し、しびれを切らして浮力を犠牲に12本アイゼンに切り替える。その先は我々とソロの方で抜きつ抜かれつで先頭を入れ替わりながらラッセルで進んでいく。元々重い冬靴が更に雪が下駄のように高くまとわりつき、ここでは足かせにしかならない。時間は掛かったが何とかピークハントし最近の撤退癖を払拭できた。冬の日留賀岳は想像通り360°の絶景。バリクソ疲れたが達成感と途中の天空回廊の美しい稜線も歩けて本当に来て良かった。下山後、小山さんの旦那さんとお話しができ、こんな好条件で登れる日はなかなかないとお墨付きをもらい余計に来て良かったと思えた。気を良くした訳ではないが帰りにお礼を兼ねて小山さんのホウレン草を買って帰った。これが新鮮で柔らかくメッチャ旨い。小山家の皆様、毎回嫌な顔一つせず迎え入れて頂き本当に感謝しています。ありがとうございました。 それにしても冬靴は毎回重い(^_^;)

活動の装備

  • オスプレイ(OSPREY)
    ミュータント38
  • その他(Other)
    エアモンテ アルミワカン
  • その他(Other)
    ENPEX(エンペックス)アナログ温度計サーモ・マックス50ブラックFG-5152
  • その他(Other)
    バイスホルン GTX
  • ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)
    アルパインライトパンツ
  • グリベル(GRIVEL)
    エアーテック・オーマチックSP
  • ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)
    オールマウンテンジャケット
  • スント(SUUNTO)
    SUUNTO CORE
  • レキ(LEKI)
    SPD サーモライト AS

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。