石徹白川を囲む山々の大縦走第2弾🏔️丸山・芦倉山・天狗山・大日ヶ岳・鎌ヶ峰・水後山・桧峠登山口・白山中居神社起点✌️2日目

2019.04.06(土) 日帰り
しも
しも

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

🔳ルート 神鳩ノ宮避難小屋~丸山1786m~芦倉山1761.7m~天狗山1658.4m~大日ヶ岳1708.9m~鎌ヶ峰1666m~水後山1558.5m~ゴンドラ山頂駅~桧峠・登山口 🔳アクセス状況 神鳩ノ宮避難小屋からの出発のため無し。 🔳ルート・積雪状況&冬装備使用状況 (大日ヶ岳直下までノートレース・スノーシュー&ピッケル使用) ▲避難小屋~丸山~芦倉山 避難小屋から一旦鞍部に下り前方に見えているP1580へ。Ca1637から急登の尾根になります。丸山山頂手前の小ピークに雪庇の張出しが有り注意が必要。 丸山からは一気に標高1600mまで下り芦倉山へ登り返し。細尾根の急斜面、雪庇のトラバースの連続です。 芦倉山直下の急斜面と上部から雪庇の張出しを回避するためのトラバースと腰付近までの落ち込みが有り核心部です(見るからにヤバい感じです) 芦倉山からは白山の大展望です。 芦倉山からは標高1350mまで激下りです。標高1500m付近から尾根がハッキリとせずに不明瞭です。この辺りは大木ブナ林の森で素晴らしいです。 ▲芦倉山~天狗山~大日ヶ岳 ブナ林の尾根を登り返します。アップダウンを繰り返しながら天狗山へ。天狗山から大日が近くに見えてますがけっこう距離が有ります。 大日からの展望はみなさんのレポ通りで必要ありませんね。 ▲大日ヶ岳~鎌ヶ峰~水後山~桧峠(二人分のトレース有り) 大日から桧峠へは無積雪期は一般ルートですが、積雪が有る場合はかなり厄介なルートになります(水後山まで)。細尾根の雪庇の通過に急斜面の雪のトラバースの連続。鎌ヶ峰付近は悪場が有り注意が必要です。 水後山からは、藪こぎネットの副館長さん・山ともさんとご一緒させてもらいました(トレースも副館長さんパーティーのものでした) また、桧峠登山口から白山中居神社・駐車場まで車で送って頂きました。 🔳出合った方 ▲大日ヶ岳山頂のみで4人。 ▲水後山からは、藪こぎネットの副館長さん・山ともさんとご一緒させて頂きました(当初の計画は水後山から上在所に降りるルートでしたが、ご縁が有りご一緒させて頂きました。楽しいお話し等ありがとうございました😉👍️🎶) 🔳全体的な感想 2日目です。昨日の夕方から低気圧の通過で荒れた天候でかなりの強風が吹き荒れてましたが、避難小屋は快適でグッスリと寝る事が出来ました。 朝、明るくなる前に出発しましたがまだ風が強く周辺は曇りでしたが天候は回復傾向。 雪の状況は、昨日と変わらずスノーシューでも足首上ぐらいの沈み込みです。 丸山山頂手間の小ピークがけっこうな急登と雪庇の張出しが有りヒヤヒヤでした。また芦倉山山頂直下にも同じような箇所が有り、こちらの方が更にヤバい感じで雪庇の張出しを避けるために急斜面のトラバースが有り、昨日の表層雪崩の事が頭をよぎりました😰 刺激を与え無いように慎重に通過して芦倉山に上がりました(ここもかなり危険地帯です) 芦倉山からは1350m付近まで激下りします。今回のルートはかなりのアップダウンの標高差が有り丸山から芦倉山、芦倉山から天狗山の登り返しでかなり体力を消耗します。 天狗山からも、大日も見えてますが疲れも有り遠く感じました。 大日から桧峠方面には二人分のトレースが有りました。細尾根と雪庇のトラバースの連続で思っていたより厄介なルートです。途中で山頂におられた方とご一緒し水後山でお話しをすると、藪こぎネットの副館長さんとわかりビックリです😆(昨年の鈴鹿の上高地のオフ会でご一緒してました)。山ともさんと二人で来ておられ色々と山の話し等で盛り上がり、ご一緒させて頂きありがとうございました🙏 1日目に思わぬ経験をしましたが、2日間とも天候に恵まれて充実した山行が出来ました‼️😀 前回の願教寺山から野伏ヶ岳の周回より、こちらの方の周回ルートの方が体力的にキツイと感じました😥 雪の条件に寄りますが・・・避難小屋泊まりでの山行で正解⭕️でした‼️👍 🔳注意 今回のルートは、標高差のアップダウンが連続し体力を消耗します。雪の条件に寄っては難度が大きく変化しますのて安易な入山は控えるようにして下さい。

白山・別山・銚子ヶ峰 避難小屋から出発しました
避難小屋から出発しました
白山・別山・銚子ヶ峰 丸山が見えてます。天候は回復傾向です。
丸山が見えてます。天候は回復傾向です。
白山・別山・銚子ヶ峰 日の出🌄
日の出🌄
白山・別山・銚子ヶ峰 日の出アップ🌄
日の出アップ🌄
白山・別山・銚子ヶ峰 日の出②
日の出②
白山・別山・銚子ヶ峰 P1580から丸山方面
P1580から丸山方面
白山・別山・銚子ヶ峰 Ca1637へ向かいます
Ca1637へ向かいます
白山・別山・銚子ヶ峰 別山方面、まだ雲が取れません。
別山方面、まだ雲が取れません。
白山・別山・銚子ヶ峰 ちょっと青空が
ちょっと青空が
白山・別山・銚子ヶ峰 丸山直下
丸山直下
白山・別山・銚子ヶ峰 丸山直下の小ビークに上がりました。
丸山直下の小ビークに上がりました。
白山・別山・銚子ヶ峰 芦倉山方面展望
芦倉山方面展望
白山・別山・銚子ヶ峰 丸山山頂から芦倉山方面展望
丸山山頂から芦倉山方面展望
白山・別山・銚子ヶ峰 谷にはべったり雪
谷にはべったり雪
白山・別山・銚子ヶ峰 芦倉山へ一旦下ります。
芦倉山へ一旦下ります。
白山・別山・銚子ヶ峰 丸山から下り、振り返り。
丸山から下り、振り返り。
白山・別山・銚子ヶ峰 登り返し芦倉山へ
登り返し芦倉山へ
白山・別山・銚子ヶ峰 登って来たルートを振り返り。
登って来たルートを振り返り。
白山・別山・銚子ヶ峰 丸山の展望
丸山の展望
白山・別山・銚子ヶ峰 雪庇の小ピークを越えて来ました。
雪庇の小ピークを越えて来ました。
白山・別山・銚子ヶ峰 芦倉山
芦倉山
白山・別山・銚子ヶ峰 天狗山、大日ヶ岳方面展望
天狗山、大日ヶ岳方面展望
白山・別山・銚子ヶ峰 野伏ヶ岳方面展望
野伏ヶ岳方面展望
白山・別山・銚子ヶ峰 白山方面展望
白山方面展望
白山・別山・銚子ヶ峰 白山方面展望②
白山方面展望②
白山・別山・銚子ヶ峰 芦倉山山頂
芦倉山山頂
白山・別山・銚子ヶ峰 芦倉山からの展望
芦倉山からの展望
白山・別山・銚子ヶ峰 天狗山へ縦走路を一旦下ります
天狗山へ縦走路を一旦下ります
白山・別山・銚子ヶ峰 ブナ林が出て来ました。
ブナ林が出て来ました。
白山・別山・銚子ヶ峰 ブナ林の尾根
ブナ林の尾根
白山・別山・銚子ヶ峰 どピーカンで暑いです
どピーカンで暑いです
白山・別山・銚子ヶ峰 天狗山、大日ヶ岳方面
天狗山、大日ヶ岳方面
白山・別山・銚子ヶ峰 天狗山へ
天狗山へ
白山・別山・銚子ヶ峰 歩いて来たルート振り返り。後方、白山方面展望
歩いて来たルート振り返り。後方、白山方面展望
白山・別山・銚子ヶ峰 雪原の斜面を登ります
雪原の斜面を登ります
白山・別山・銚子ヶ峰 白山方面のパノラマ大展望
白山方面のパノラマ大展望
白山・別山・銚子ヶ峰 白山方面のパノラマ大展望②
白山方面のパノラマ大展望②
白山・別山・銚子ヶ峰 歩いて来た縦走路
歩いて来た縦走路
白山・別山・銚子ヶ峰 野伏ヶ岳のパノラマ大展望
野伏ヶ岳のパノラマ大展望
白山・別山・銚子ヶ峰 白山方面展望
白山方面展望
白山・別山・銚子ヶ峰 石徹白の展望
石徹白の展望
白山・別山・銚子ヶ峰 白山方面展望
白山方面展望
白山・別山・銚子ヶ峰 大日ヶ岳方面展望
大日ヶ岳方面展望
白山・別山・銚子ヶ峰 大日ヶ岳へ
大日ヶ岳へ
白山・別山・銚子ヶ峰 天狗山方面の展望
天狗山方面の展望
白山・別山・銚子ヶ峰 大日ヶ岳への縦走路
大日ヶ岳への縦走路
白山・別山・銚子ヶ峰 振り返り。
振り返り。
白山・別山・銚子ヶ峰 丸山、芦倉山、別山、白山
丸山、芦倉山、別山、白山
白山・別山・銚子ヶ峰 雪庇の尾根を登ります
雪庇の尾根を登ります
白山・別山・銚子ヶ峰 歩いて来たルート振り返り。
歩いて来たルート振り返り。
白山・別山・銚子ヶ峰 野伏ヶ岳、小白山方面
野伏ヶ岳、小白山方面
白山・別山・銚子ヶ峰 大日ヶ岳山頂より、桧峠へのルート。鎌ヶ峰
大日ヶ岳山頂より、桧峠へのルート。鎌ヶ峰
白山・別山・銚子ヶ峰 大日ヶ岳山頂と白山
大日ヶ岳山頂と白山
白山・別山・銚子ヶ峰 鎌ヶ峰方面展望
鎌ヶ峰方面展望
白山・別山・銚子ヶ峰 大日ヶ岳の仏像です。
大日ヶ岳の仏像です。
白山・別山・銚子ヶ峰 大日ヶ岳で記念写真
大日ヶ岳で記念写真
白山・別山・銚子ヶ峰 鎌ヶ峰への縦走路
鎌ヶ峰への縦走路
白山・別山・銚子ヶ峰 こんなトラバースが連続します。右側は雪庇の張出しで危険地帯
こんなトラバースが連続します。右側は雪庇の張出しで危険地帯
白山・別山・銚子ヶ峰 雪庇のルートが続きます
雪庇のルートが続きます
白山・別山・銚子ヶ峰 振り返り、大日ヶ岳から歩いて来たルート
振り返り、大日ヶ岳から歩いて来たルート
白山・別山・銚子ヶ峰 水後山から鎌ヶ峰と雪庇の尾根
水後山から鎌ヶ峰と雪庇の尾根
白山・別山・銚子ヶ峰 水後山から桧峠方面
水後山から桧峠方面
白山・別山・銚子ヶ峰 ブナ林に変わりました。
ブナ林に変わりました。
白山・別山・銚子ヶ峰 前谷大日国有林標識
前谷大日国有林標識
白山・別山・銚子ヶ峰 スキー場に降りて来ました
スキー場に降りて来ました
白山・別山・銚子ヶ峰 桧峠登山口
桧峠登山口
白山・別山・銚子ヶ峰 桧峠登山口②
桧峠登山口②

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす