雪の天狗岳二泊三日テント泊

2019.04.03

活動詳細

詳しく見る
北八ヶ岳の天狗岳にテント泊に行きました。 渋の湯からピストンでのルートです。 渋の湯駐車場にはトイレがありますので登山前には嬉しいですね。 渋の湯駐車場を利用される方は以下を守ると良いようです ・渋御殿湯さんに受付を行った後に駐車 ・朝6時以降に受付をする ・複数人の場合は1台に乗り合わせる ・前乗りして車中泊しない ・女将さんは優しい人 黒百合ヒュッテがある黒百合平までは雪がありますが、アイゼンやピッケルが必要な場面はありませんでした。 でも下りはアイゼンなどがあったほうが安心できると思います。 距離としては短いのですが、雪道であることと重いテント泊装備のためなかなか進みません。 樹林帯ですので風もきつくありませんので雪を楽しみながら登ります。 一面雪の世界に新鮮さを感じながら白い森を抜けると黒百合ヒュッテに到着します。 テント泊の受付をしてからお昼に名物のビーフシチューを頂きます。 とても美味しいのでオススメです。 黒百合ヒュッテはホスピタリティが大変良く素晴らしい所でした。 トイレも水洗の設備でとてもキレイでした。 食事中に暖房をつけてくださったり、寒いからと窓を締めてくださったり また宿泊者・テント泊向けに水も用意してあったりと 細やかな配慮が心に染みます。 テント設営を行い少し休憩してから夕焼けを見に行きました。 夕日に照らされた天狗岳が綺麗に見え翌日の天狗岳へ登るテンションが高まりました。 翌日天狗岳へ向かいます。 道のりですが中山峠までのルートは樹林帯なので風がなく穏やかですが 中山峠出て稜線に出ると風が強いのと急登が続いてくるので大変でした。 天狗岳に行くにはアイゼンやピッケルが必須となります。 なんとか時間をかけて東天狗岳の山頂に到着しましたが風が強く頂上に留まっていられませんでした。 続いて西天狗岳に登りますがこちらも急登で苦労しましたが、パノラマ感や景色が良いのは西天狗岳だと思いました。 赤岳や阿弥陀岳などが一望でき贅沢な景色を堪能できます。 帰り道になんとカモシカにお会いできました。坂を登って崖から下って行ってしまいました。 こんな雪深い中で見ると生命の美しさを感じずにいられませんでした。 黒百合ヒュッテにて昼食を頂き、ニュウを目指します。 しかしトレースも踏み跡もなく断念。 かわりに中山展望台を目指します。 少し下ったり登ったりを繰りかえしてたどり着けます。 中山展望台からは天狗岳がキレイに見れます。 3日目は下山のみです。 名残惜しいですが撤収作業をして下山します。 基本下りのみですので大変な箇所はありませんが 気温が高くなってきており雪がベタつき歩き難い状態でした。 下山後は温泉にゆっくりと浸かって疲れた体を休めました。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。