ヤブこぎ前岳から三城岳へ

2016.05.14(土) 11:12 - 2016.05.14(土) 13:44
前回は立花山前衛峰(笑)を甘く見て、地形図だけ持って挑みましたが、登り口さえわからずあえなく敗退。今回は違います。予習しました。 福岡超低山なんとかというガイドブックに載っているそうですが、アマゾンで検索してみると、定価よりはるかに高い。高すぎる。商売柄(古本屋)その値段で買うわけにはいかない。あの本、アマゾン価格の三分の一くらいが適正だと思います(^^;;しょっちゅう変動しますから、安くなるのを待とう。 ということで手っ取り早くグーグルで検索したものの、少ない登山記録はどれも「道が判らない、迷った、ヤブこぎした」とあるだけ。実際まったくその通り、迷ってヤブこぎしました。しかし、元々道がないのなら、迷ったことにはならないかもね。 やぶ蚊すごかったです。500匹はやっつけたと思います。

写真

土曜日なのに、六所神社駐車場空いてました

土曜日なのに、六所神社駐車場空いてました

車道を渡って集落を下ります

車道を渡って集落を下ります

おばあちゃんが「こんにちは」とあいさつしてくれました

おばあちゃんが「こんにちは」とあいさつしてくれました

下の車道渡って左、工場のむこうから右へ

下の車道渡って左、工場のむこうから右へ

木陰や

木陰や

廃屋

廃屋

振り返ると立花山

振り返ると立花山

車道終点を右に入ってみます

車道終点を右に入ってみます

枯れ笹がいっぱい

枯れ笹がいっぱい

なんだかやばくなってきた

なんだかやばくなってきた

道ほとんど消えました

道ほとんど消えました

立花城の砦跡かな?石垣のような?

立花城の砦跡かな?石垣のような?

こんなのも目印に

こんなのも目印に

ズルズルの斜面をよじ登り

ズルズルの斜面をよじ登り

たぶんここが前岳山頂ですね。眺望全くなし。

たぶんここが前岳山頂ですね。眺望全くなし。

道らしきものが三城岳方向へ

道らしきものが三城岳方向へ

すぐにヤブ

すぐにヤブ

これくらいならなんとか

これくらいならなんとか

こんなところに作業用はしごが!

こんなところに作業用はしごが!

踏み跡らしきものを辿ると

踏み跡らしきものを辿ると

草を刈ってある

草を刈ってある

すぐ下に無人のビニールハウス

すぐ下に無人のビニールハウス

車道です

車道です

再び登り直し

再び登り直し

池?沼?向うは前岳

池?沼?向うは前岳

竹林を登って

竹林を登って

峠です。名前はないんだろうな。

峠です。名前はないんだろうな。

前岳側

前岳側

こちら三城岳

こちら三城岳

すぐに行き止まり

すぐに行き止まり

左の斜面をよじ登るとなんとかなりそう

左の斜面をよじ登るとなんとかなりそう

大きな木もある

大きな木もある

うっそうとしている

うっそうとしている

緑のテープって営林署ですか

緑のテープって営林署ですか

三城岳山頂

三城岳山頂

前岳よりは広いけど、やはり眺望はゼロ

前岳よりは広いけど、やはり眺望はゼロ

立花山方向に下ろう

立花山方向に下ろう

こちら方面の竹は荒れてます

こちら方面の竹は荒れてます

う~ん、どこを下るか

う~ん、どこを下るか

密集、通れない

密集、通れない

こんなでかい筍食えないな

こんなでかい筍食えないな

やっと光りが

やっと光りが

ミカン園に出ました

ミカン園に出ました

こんな所から出てきました

こんな所から出てきました

誰もいない

誰もいない

無断で通り抜けさせていただきました。ごめんなさい。

無断で通り抜けさせていただきました。ごめんなさい。

正面に立花山

正面に立花山

この三叉路に下りつきました

この三叉路に下りつきました

左三城岳、右前岳

左三城岳、右前岳

帰り着きました

帰り着きました

ついでに立花山案内図

ついでに立花山案内図

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。