入馬山 源五郎山 大猿山

2019.03.24(日) 日帰り
なぁ
なぁ

活動データ

タイム

06:35

距離

7.9km

上り

934m

下り

937m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

小枝をパキッと折り ナイフを片手に シュッシュッと 皮を削る短めの音が続く 箸をつくっているのだ ケトルから勢いよく湯気が出始めた 大きな岩を風除けにし バーナーを置き 傍に 自分も椅子を出して腰掛ける 全てが手慣れた動作…なのだろう スムーズで格好良かった ラーメンにお湯を注ぎ蓋をして 離れた場所に置き上から大きめの木の枝を 重石代わりにのせる これで風が吹いても大丈夫なわけだ 向かいに座り おにぎりを食べながら その一連の動きを じっと見ていた 興味津々なのである 笑 コーヒーが飲みたい、とらてさん ん?はいはい と ザックの中を探すがポットが無い 源五郎山で休憩した時に どうやら入れ忘れたらしい ピストンなので帰りに拾えるから 特に気にしていなかった 復路 源五郎山が近づくと グッとスピードをあげた 追うように頂上に辿り着いた時 ポットを手にしたその人が 立っているのが見えた… 道の無い激くだりの斜面 掴まって降りようとした木が 立ち枯れていて 簡単に折れてしまった ほんのわずかなバランスだけで どうにか滑落せず けれども動けずの わたしの足場を その人が作ってくれた この時期だからこそ味わえる 木立の中からの景色 枯葉の絨毯だったり 唐松のふかふかな道だったり 超マイナールートの尾根は 急斜面を除けば 気持ちの余裕と冷たい風のおかげで 素敵な山歩きとなった 面倒見がよく あったかい人柄の その人は やはり山に詳しく かつ ワイルドな人であった😄

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす