馬ノ鞍峰(三乃公谷林道終点~馬ノ鞍峰~村立山~トガサワラ原始林~三乃公川出合)

2019.03.23 2 DAYS Nara

活動データ

タイム

09:54

距離

9.8km

上り

985m

下り

1,027m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

山の会の山行が有ったのに行きそびれていた馬ノ鞍峰に行ってきた。山の会では、三乃公川出合からトガサワラ原始林へと時計回りのコースだったが、カクシ平の下辺に崩落カ所があって危険との情報が有ったので、登る方が危険は少ないだろうと、反時計回りで行くことにした。 しかし、これが結果としてかえって危険なことになった。 明神滝はすばらしく青い滝壺の水は感動的だった。夏であれば、泳ぎたい青さだ。カクシ平らまでのルート状にある崩落カ所は、補助ロープが設置されたカ所もあり、それ程危険ではなかった。馬ノ鞍峰は台高山脈の縦走路上にある峰で、山深い雰囲気を持っている。 下りの村立山までは細尾根や岩稜があり難路。村立山からの下りは尾根探しが難しく、ルートミスしてしまい先が絶壁になってしまい気付いて逆戻りした。三乃公川出合までの下りも岩稜や急傾斜が続き、途中2回シュウリンゲを3個つないで、木に回して補助にした。シュウリンゲを試しに使ったが、ロープの方が使いよいと判った。 8時出発で、下山は5時30分と想定外に時間がかかった。このルートは時計回りが危険も少なく、時間も短かくなると思う。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。