強風の立山歩き

2016.05.03(火) 08:39 - 2016.05.03(火) 14:27
前日の夜、立山駅登山者用駐車場に到着し車中泊。朝7時発のケーブルカーに乗り高原バスを乗り継いで室堂に到着しました 下界は春なのに ここは未だ一面の雪景色。ターミナルを出たところで不意を突かれ突風に、帽子とサングラスを飛ばされてしまった。帽子は風に乗ってあっという間に飛んで行ったが幸いにボーダーの方が拾ってくれました。でも、サングラスが見つかったのは二日後…遺失物センターに届けられていました。どなたが拾ってくださったのか分かりませんがありがとうございました(*^_^*) 気を取り直してスノーシューを履き先ずは室堂山荘に向かいます。山荘に山歩きに不要な荷物を預け雄山山頂を目指します 目の前には雄山・大汝から富士の折立へと続く立山連峰の稜線が広がり、無雪期に縦走した時とは全く違う見事な雪景色です 高度が上がると徐々に風がきつくなり、一ノ越に到着する頃には一段と強くなり立っているのがやっとの状態です。しかし、南には北アルプスの主要な山々(槍ヶ岳~穂高)の絶景が広がっていて、この景色を見ることが出来ただけでも登って来た甲斐があった 雄山からは強風の為、次々に登山者が下ってくる。みんなで話し合って、先に進むのは危険と決断し撤退することにしました 次に、浄土山をトラバースしながら室堂山を目指した。途中、風を避けながら軽い昼食を摂ってひと休みすると、目の前には広大な室堂平が広がっています 室堂山の展望台まで来ると、再び北アルプス(薬師岳~黒部五郎岳・その左に笠ヶ岳・槍ヶ岳穂高岳)が見える素晴らしい眺め!!でも、バリバリと耳をつんざく風の音に悩まされ、雪の粒が顔に突き刺さり痛い!吹き飛ばされそうになりながら(実際に吹き飛ばされてひっくり返った(^_^;)) 何とか写真撮影をし急いで下山しました 明日、晴れたら雄山のリベンジを考えたが、夜になると風はさらに激しくなった。さて明日の天気はどうなるのかな…(夜中建物が揺れるくらいの強風でぐっすり眠れなかった(-_-;))

写真

富山市内の北陸道を走っていると目の前には立山連峰が見えました(呉羽PAからの眺め)

富山市内の北陸道を走っていると目の前には立山連峰が見えました(呉羽PAからの眺め)

スーパー銭湯”湯めごこち”で汗を流す

スーパー銭湯”湯めごこち”で汗を流す

前日の夜立山登山者用駐車場に到着して車中泊

前日の夜立山登山者用駐車場に到着して車中泊

翌朝7:00発ののケーブルカーに乗りこみ高原バスを乗り継いで室堂へ

翌朝7:00発ののケーブルカーに乗りこみ高原バスを乗り継いで室堂へ

称名滝

称名滝

車窓から剱岳が見えた

車窓から剱岳が見えた

室堂山荘を出発

室堂山荘を出発

雄山目指して登り始めてようやく一ノ越が見えてきた

雄山目指して登り始めてようやく一ノ越が見えてきた

一ノ越に到着したけれど風が強すぎてここで撤退

一ノ越に到着したけれど風が強すぎてここで撤退

再び北アルプス(薬師岳~黒部五郎岳・その左に笠ヶ岳・槍ヶ岳穂高岳)が見える素晴らしい眺め!!

再び北アルプス(薬師岳~黒部五郎岳・その左に笠ヶ岳・槍ヶ岳穂高岳)が見える素晴らしい眺め!!

次に室堂山に向かいます

次に室堂山に向かいます

浄土山をトラバースして室堂山の展望地へ

浄土山をトラバースして室堂山の展望地へ

風がきつい 顔をあげると雪の粒が当たって痛い(@_@;)

風がきつい 顔をあげると雪の粒が当たって痛い(@_@;)

絶景だけど風がきつすぎて立っていられない

絶景だけど風がきつすぎて立っていられない

下山開始

下山開始

室堂山荘の夕食

室堂山荘の夕食

室堂山荘からの眺め

室堂山荘からの眺め

動画

参加メンバー

  • rabbit
    rabbit

    Hiroshima, Yamaguchi, Shimane

  • ちーこ
    ちーこ

    Hiroshima

    山仲間さん達や、息子、時々参加の旦那とのんきな山歩きです。 植物や動物などの名前は調べて書いているものの間違っているかも、、、ごめんなさい。

  • 蒼い空と白い雲 夜空に満天の星と流れ星🌠 春は緑豊かな山々へ 夏は涼しい沢や渓谷、アルプスへ 初秋は草刈機を持ち登山道やスキー場へ 冬は真っ白な雪の世界へ

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。