女峰山

2016.05.08(日) 05:26 - 2016.05.08(日) 16:47
昨日の鳴虫山下山後、日光のホテルに宿泊して、西参道バス停から女峰山に登ってきました。復路は、水場の偵察がてら荒沢出合経由で田母沢バス停まで歩きました。 今週末辺り、花盛りになりそうです❗️

写真

行者堂です。この先、行者堂の左側に行きますが、広くなったところで登山道が分かり難かったです。

行者堂です。この先、行者堂の左側に行きますが、広くなったところで登山道が分かり難かったです。

つつじはまだまだ蕾です。来週末あたりは咲いているかも。

つつじはまだまだ蕾です。来週末あたりは咲いているかも。

笹藪越しの景色が美しい。この尾根は長くて辛いけど、良い景色と変化があって登っていて飽きません。

笹藪越しの景色が美しい。この尾根は長くて辛いけど、良い景色と変化があって登っていて飽きません。

唐松林。綺麗です。

唐松林。綺麗です。

白樺金剛、到着。

白樺金剛、到着。

ちょぴり咲いてました。

ちょぴり咲いてました。

黒岩手前です。

黒岩手前です。

ガレ場、パート1。でもここは、怖くないです。

ガレ場、パート1。でもここは、怖くないです。

遥拝石。女峰山山頂もくっきり見えます。

遥拝石。女峰山山頂もくっきり見えます。

そうなんだよねぇ。この辺り、かなりバテてます。

そうなんだよねぇ。この辺り、かなりバテてます。

バテつつ登り、右側に開ける風景。

バテつつ登り、右側に開ける風景。

ようやく唐沢避難小屋が見えました。手前のガレ場が気になります。

ようやく唐沢避難小屋が見えました。手前のガレ場が気になります。

一番怖かったガレ場。ズルズルが嫌らしい。

一番怖かったガレ場。ズルズルが嫌らしい。

唐沢避難小屋到着。

唐沢避難小屋到着。

写真撮影に、指が入ってしまいましたが、唐沢のトラバース路です。ここもズルズルなので要注意。

写真撮影に、指が入ってしまいましたが、唐沢のトラバース路です。ここもズルズルなので要注意。

頂上にて。日光白根山です。

頂上にて。日光白根山です。

頂上にて。

頂上にて。

頂上にて。

頂上にて。

女峰山の。山頂標識

女峰山の。山頂標識

唐沢避難小屋内部。寝場所は二階もあります。

唐沢避難小屋内部。寝場所は二階もあります。

水場の様子。枯れる心配はなさそうですが、唐松避難小屋からは急坂の降り登りが必要。

水場の様子。枯れる心配はなさそうですが、唐松避難小屋からは急坂の降り登りが必要。

荒沢出合。

荒沢出合。

荒沢出合。馬立方向の様子。

荒沢出合。馬立方向の様子。

裏見方面に進みます。

裏見方面に進みます。

途中にあったちょっと悪いところ。

途中にあったちょっと悪いところ。

唐松林は美しい。この辺り笹藪でとても歩き難く、笹藪が長いので辟易します。

唐松林は美しい。この辺り笹藪でとても歩き難く、笹藪が長いので辟易します。

笹藪に辟易してたので、花に癒されます。ピンク、白、朱の3色のツツジに、眼福です。

笹藪に辟易してたので、花に癒されます。ピンク、白、朱の3色のツツジに、眼福です。

おお、白い。

おお、白い。

赤いつつじも標高が下がると満開でした。

赤いつつじも標高が下がると満開でした。

寂光滝。7段あるのだけど、全部を写真に撮るのは大きすぎて難しいです。

寂光滝。7段あるのだけど、全部を写真に撮るのは大きすぎて難しいです。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。